「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ6週34話|すべては借金のため!夢を捨て信楽に帰る喜美子の決意

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月7
日(木)放送
スカーレット第6週テーマ
「自分で決めた道」

【スカーレットネタバレ6週34話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

喜美子は今後のことを考えながら、『荒木荘』に戻ってきました 。

『荒木荘』にて・・・ 

喜美子は、さだとのぶ子、そして雄太郎を前に、実家の事情を包み隠さず話しました。

「ほんで決めました!」

喜美子の決断は、美術学校に行く夢はあきらめ、そのお金は実家の借金返済に充て、信楽に帰るというものでした。

そして、のぶ子には認めてもらってないが、我ながら結構やってきたのではないかと振り返ります。

のぶ子は、喜美子を見つめ「認めるかいな、家の仕事に終わりはあらへんで」と言います。

しかし、実際は、喜美子が『荒木荘』に初めて来た日に「大久保さんの作ったごはんは、大久保さんにしかできんちゃう?」と言われた時に、もう認めていたと明かすのでした。

のぶ子の言葉を聞き、喜美子は嬉しくなります。

さだとのぶ子は、信楽で一生懸命やれとエールを贈るのでした・・・

『喫茶さえずり』にて・・・ 

翌日、喜美子は、『さえずり』のマスターに挨拶をします。

そして、途中『デイリー大阪』によって、ずっと会っていなかったちや子に挨拶をしてから帰るといいます。

すると、ちや子の近況を知るマスターと雄太郎が、話し出すのでした。

ちや子は新聞社を辞めて、自暴自棄になってるとのことでした。

上司・平田編集長が、ちや子に告げずに他社に移っていたというのです。

ショックを受けたちや子は、しばらく実家に帰っているそうです。

雄太郎は、そのうち戻って来るだろうから、喜美子のことを伝えておくと言うのでした。

すると喜美子は、会えずじまいのちや子宛てに一通の手紙を書きます。

そして、名残惜しそうに大阪を後にするのでした・・・

『荒木荘』にて・・・ 

しばらくして、ちや子が戻ってきました。

空室になった喜美子の部屋をぼんやり眺めていると、雄太郎が喜美子からの手紙を渡します。

〈ちや子に宛てた手紙〉

ちや子さん、ほんまのところ、これが正しいかどうかわかりません。

うちの前には二つの道があって、一つは『荒木荘』で働きながら学校に通う道。

想像するだけで楽しくてワクワクする道です。

もう一つの道は信楽に帰る道。

働くところはあっても、自分がどうなっていくか想像つかへん・・・。

ようわからん道を選んで歩き出すのは、えらい勇気がいります。

勇気を出して、うちは信楽に帰る道を選びました。

自分で決めたんです。

そやから、最後にちや子さんに会いたかった・・・。

新聞社辞をめたと聞きました。

心配やけど、きっとちや子さんなら、うちにいろんなこと教えてくれたちや子さんなら・・・そう思ってうちは行きます。

いつかまた、ちや子さんにお茶漬け作ってあげたい。おしゃべりしたいです。

そして、いつかこの道選んでよかったと笑って会える日が来ますように。

今日にて、『荒木荘』卒業させて頂きます。

お世話になりました。

ほんまに、ありがとうございました!

ちや子は、喜美子との日々を振り返りながら、その思いを受け取るのでした・・・

信楽にて・・・

川原家に戻った喜美子。

『荒木荘』での経験を生かして、早速、家事に精を出すのでした・・・つづく

◇荒木荘の住人のプロフはこちら▶

【スカーレットネタバレ6週34話|感想を最終話まで!

◀33話 | 35話▶

『荒木荘』を卒業した喜美ちゃん。


名残惜しいですが、大阪編は今日で最期になりました。

涙もろいさださんの励ましの言葉、厳しくも愛のある激励の大久保さん、雄太郎さんの歌も胸にしみました。

さえずりのマスターにも会えなくなってしまいますね。

そして、泣きながら喜美ちゃん秘伝のお茶漬けを流し込むちや子さんにも、喜美ちゃんへと強い信頼で結ばれていると感じました。

ちや子さんへ宛てた手紙の中に、喜美ちゃんの思いがすべて詰まっていましたよね。

ちや子さんは、3年前に、喜美ちゃんに新聞社への引き抜き話を持ってきた時に、「自分の人生は自分で決めろ」とアドバイスしてくれました。

その時、喜美ちゃんが、転職ではなく『荒木荘』を選んだ時に、ちや子さんは「いつか荒木荘を卒業したら自分のやりた道に進め」と言っていましたよね。

本当ワクワクする道に進みたかったはずの喜美ちゃんですが、「自分で決めたんです」とちや子さんに言い切ったところは、言い訳がましくなく潔さを感じました。

こんなにも早く実現してしまうとは、当のちや子さんも思っていなかったのではないでしょうか。

いずれにしても、『荒木荘』での3年は、喜美ちゃんの一生の宝物になりそうです。

いつかまた、『荒木荘』を訪れるシーンを期待したいですね。

ところで、喜美ちゃんが命名した雄太郎さんの芸名の『信楽太郎』。

ギター漫談芸人にならないかな~♪

さて、明日からは信楽大人編のスタートです。

喜美ちゃんの新しい人生を見守りましょう♪

ではでは

◀33話 | 35話▶

スポンサーリンク