「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ7週37話|深野心仙(イッセー尾形)登場!ええよぉ~って言ったのに?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月11
日(月)放送
スカーレット第7週テーマ
「弟子にしてください!」

【スカーレットネタバレ7週37話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

絵付係・作業場にて 

喜美子は、食堂の仕事の前に絵付けの作業場に行きました。

そこには見慣れない一人の男がいました。

その男は、何も話すことなく、喜美子を作業場から追い出すのでした・・・

喜美子は、社長の秀男に、絵付け作業場から追い出されたことを伝えました。

秀男は、その人は新しい絵付師で日本画を描いていた深野心仙(ふかのしんせん)という画家だと説明します。

番頭の加山に深野の絵付けをした試し焼きの火鉢を持たせ、深野の所へ行くところでした。

そこに、喜美子も同行します。

そして、「立派でも鼻にかけん、いいお人や」と、深野を評価するのでした・・・

絵付係作業場にて 

秀男は、喜美子は絵付け志望の子だと、深野に紹介しました。

深野は「あっ、君がそうなん、そやったかあ」と忘れていた様子です。

秀男が改めて、喜美子が絵付けをしたいことをお願いすると、深野は「ええよぉ~」と、簡単に喜美子を受け入れます。

「ほんまにええんですか?ほんまに!?」

目をキラキラさせる喜美子に、深野は再び「ええよぉ~」と言います。

深野の一番弟子で「1番」と呼ばれる池ノ内と、二番弟子で「2番」と呼ばれる磯貝も、喜美子を快く歓迎すると、早速、喜美子の絵付け作業の準備をしてしてくれました。

喜美子は、見よう見まねで絵付けの筆を走らせます。

池ノ内と磯貝は、喜美子の作業を見て、初めてにしてはよく描けている、女の子では珍しいと手放しで褒めてくれるのでした。

嬉しくなった喜美子は「楽しい!」とますます目をキラつかせます。

弟子たちから「フカ先生」と呼ばれている深野は、何を聞かれても「ええよぉ~」と答えるだけで、喜美子の作業には関心がなさそうです。

全部絵を描いていいのかと喜美子が聞くと、池ノ内は「これ一つだけやで、ほかは触ったらあかんで」と優しく言うのでした・・・

大野雑貨店にて・・・ 

母・マツが、陽子に貯金箱を預かってほしいと頼みました。

その貯金箱は、絵の学校を諦めて、入学金を川原家の借金返済に充ててくれた喜美子に、再び学校へ行く資金をためるためのものだと明かします。

家に置いておけば、常治が見つけて酒に変わってしまうことを懸念して、陽子にお願いしたのです。

そんなマツの思いを、陽子は快く引き受けるのでした・・・

『あかまつ』にて・・・ 

一方、父・常治は喜美子の結婚を考えていました。

馴染みの酒場『あかまつ』で、店主と、大野雑貨店の忠信に、婿養子の候補を相談しています。

忠信が喜美子には早いと進言すると、常治は「早ないわ」と聞く耳を持ちません。

そして、忠信にもう一人子どもが居たら、信作をもらいたかったと嘆きます。

「どっかにおらんかのう、婿に来てくれるええ男・・・」

常治は常治なりに、喜美子のことを考えているのでした・・・

夜になり・・・ 

誰も居なくなった作業場で、夢中で絵付けをしていた喜美子。

外はすっかり暗くなっていたのでした・・・

【スカーレットネタバレ7週37話|感想を最終話まで!

◀36話 | 38話▶

「ええよぉ~」


ええよぉ~」が耳から離れません♪

喜美ちゃんのフカ先生の第一印象は「変なおっさん」でした。

弟子の名前を覚えなかったり、居眠りしたり、つかみどころがなくて、とぼけた感じがたまりませんね。

照ちゃんパパのおかげもあって、喜美ちゃんは良い雰囲気で絵付けができました。

お弟子さん二人は、喜美ちゃんを喜ばすようなことばっかり言うので、喜美ちゃんの舞い上がりようはすごかったですね。

ですが、修行の入口というより、一日体験教室という雰囲気・・・

一番弟子さんが「これだけね」と言ったり、フカ先生は喜美ちゃんに全く興味を示さない。

照ちゃんパパも、娘の幼なじみが絵付けに興味があるので、「ちょっと教えてやって」と軽い口ぶりでした。

どうやら、真剣に絵付けをやりたい喜美ちゃんの本意が伝わっていません。

新しい道を見つけテンションの高い喜美ちゃんですが、そう簡単に進まない雲行きです。

喜美ちゃんが新しい道を見つけたと同時に、マツ母さんと常治父さんも、喜美ちゃんのために、大野夫妻を巻き込んでこそこそ動き出しました。

マツ母さんは、喜美ちゃんに申し訳ない気持ちがいっぱいで、くすねる危険がある常治父さん対策も万全です。

一方で、常治父さんの意図が気になります。

◆婿を探す常治父さんの意図は?
①早く幸せにしたい
②跡取りの孫が欲しい
③女性だらけの家庭に男が欲しい
④常治の仕事を手伝う男手が欲しい
⑤家計の収入を増やしたい
⑥家に縛り付けたい

「いつか絵を学ばせたい」マツ母さんと、「結婚すれば信楽から出ていかない」と企む常治父さんという構図かもしれません・・・

喜美ちゃんの絵付け修行の行方と同時に、両親の動きにも目が離せない週になりそうですね♪

ではでは

◀36話 | 38話▶

スポンサーリンク