「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ8週43話|ほぉ~と師匠・心仙は言うが秀男社長は全く無視?喜美子どうする!

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月18
日(月)放送
スカーレット第8週テーマ
「心ゆれる夏」

【スカーレットネタバレ8週43話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

昭和34年(1959年)

21歳になった喜美子。

絵付師・深野の弟子になって3年が経ち、下っ端ながらも絵付師として認められていました。

修行に近道はないと言う深野の教えを守り、ひたすら練習を続ける忙しい毎日です。

明らかに上達した喜美子を、深野はしっかり見守っていたのでした・・・

『丸熊陶業』は業績好調・・・

この頃、絵付け火鉢の人気もあって『丸熊陶業』の業績は好調でした。

火鉢の絵付けは手作業のため、生産が追い付かないほどです。

そこで喜美子は、社長の秀男に、自分にも絵付けができるかやらせて欲しいと願い出ました。

しかし、秀男は黙ったまま作業場から出て行ってしまいます。

なぜならば、秀男は、深野の絵にこそ価値があると信じて疑わず、深野以外のデザインは興味がなかったのです。

それでも深野は、秀男に見せるデザインを描くよう喜美子に勧めます。

そして、火鉢を使う人のことを考えるように助言するでした・・・

デザインする・・・

帰宅した喜美子は、妹の直子と百合子に家事を手伝ってもらうと、デザイン案に取り掛かります。

火鉢を使ってくれる人を想像している時に、思いついたのは大阪で過ごした日々です。

『荒木荘』の面々の笑顔を思い浮かべると、喜美子も自然と笑みがこぼれるのでした・・・

深野から合格が出た・・・

喜美子は朝方まで夢中になって描いたデザインを、深野に見せました。

深野は「ほぉ~」と3回繰り返すと、秀男に見せに行けと合図するのでした・・・

 

【スカーレットネタバレ8週43話|感想を最終話まで!

◀42話 | 44話▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

3年の月日がスキップ!

フカ先生の9番目のお弟子さん『キュウちゃん』こと喜美ちゃんは、目安とされる3年の修行を終えました。

線を何万本も描き、フカ先生の絵もたくさん模写。

食堂の仕事を続けながら、休憩時も、自宅でもひたすら繰り返したのでしょう。

文字通り、寝る間も惜しんで続けた修行生活

フカ先生に認められたようですね。

絵付師・川原喜美子の奮闘を期待したいですね♪

さて、今話より、三女の百合子ちゃん役として、福田麻由子(ふくだまゆこ)さんが登場ですよ。

中学生になった百合子ちゃんは、マツ母さんや喜美ちゃんをしっかり支えているのではないでしょうか。

そして、久々に『荒木荘』の面々が登場するようです。

ちや子さん、圭介さん、雄太郎さん、さださん、大久保さん・・・大阪での楽しいひと時のプレイバックを楽しめそうですね♪

◀42話 | 44話▶

スポンサーリンク