「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレ8週43話|喜美子デザインに挑戦!1番2番が辞退するそのわけとは?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月18
日(月)放送
スカーレット第8週テーマ
「心ゆれる夏」

【スカーレットネタバレ8週43話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

昭和33年(1958年)冬 

絵付師・深野の九番弟子、『キュウちゃん』になった喜美子。

修行に近道はないと言う師匠・深野の教えを守り、寝る間も惜しんで、ひたすら技術の習得に明け暮れました。

その成果もあり、ついに深野から認められ、絵付けで給料をもらえるようなります。

絵付師のスタート地点に立つことを、父・常治も自分の事の様に喜んだのでした・・・

昭和34年(1959年)夏 

21歳になった喜美子。

深野の弟子になって3年経ち、運命が大きく変わる夏がやって来ました。

『丸熊陶業』では深野心仙デザインの絵付け火鉢が、年々右肩上がりの売れ行きを見せ、忙しい日々を過ごしていました。

社長の秀男も自ら『絵付係』の作業場に顔を出し、増産の相談をするのでした。

絵付係作業場にて・・・ 

喜美子は、深野に、今年の新しいデザインについてたずねました。

そして、深野が描いたデザインを見た喜美子と、兄弟子・池ノ内と磯貝は、その出来栄えに目を輝かせるのでした。

すると深野が、思わぬことを言い出しました。

「キュウちゃんもひとつ、やってみるか?」

絵付けは兄弟子達に追いついてきたので、残りはデザインだと深野は勧めます。

池ノ内と磯貝は、今年はデザインを出さないといいます。

社長の秀男は、深野のデザインにこそ価値があると考えていました。

そして、弟子のデザインは採用する予定はないと、通告していたのです。

喜美子もそれを知っていたため、「採用・・・していただけますかね・・・」と、自信がありません。

すると深野は「打たぬ鐘は鳴らぬ」と、喜美子の背中を押すのでした。

フカ先生の教え・・・ 

深野は、この先、絵付けを一生の仕事としてやっていくつもりかとかと、喜美子に聞きます。

喜美子は、きっぱりと「はい」とうなずきます。

「ほなやってみたらええ」

深野は、ものづくりは一生修行だから、デザインが採用されるまで何回でも取り組めばよいと、喜美子を励まします。

「分かりました、挑戦してみます!」

すると深野は、デザインは一点ものの芸術品を作るのではないと言います。

そして、絵がうまいか下手かではなく、大量生産に向いていて、みんなに「ええなぁ」と言って求められる、それがデザインだと助言するのでした・・・

その後・・・ 

喜美子は、仕事中も家でも、デザインのことを考え続けます。

誰からも買ってもらえるようなデザインを考えることは、なかなか難しいことでした。

「どんなデザインやったら、買うてくれるやろか・・・」

喜美子は、身近な人が火鉢を使ってくれることを想像します。

ふと思いついたのは、大阪で過ごした日々でした。

『荒木荘』の面々の笑顔を思い浮かべると、自然とペンが走り出すのでした・・・つづく

 

スポンサーリンク

【スカーレットネタバレ8週43話|感想を最終話まで!

◀42話 | 44話▶

さて、月日は3年スキップ

フカ先生の9番目のお弟子さん『キュウちゃん』は、努力の甲斐あって、絵付師の卵として認められました。

食堂の仕事を続けながら、休憩時も、自宅でもひたすら筆を走らせる日々。

紙ではなく焼き物ですから、練習台となる材料集めも重労働でした。

遊び盛りの年ごろなのに、よくぞ頑張りましたよね。

フカ先生はもちろんですが、一番さんも二番さんも穏やかな人たちで、喜美ちゃんを温かく見守り、ノビノビ育てたくれましたよね。

仮に、以前『丸熊陶業』に居た絵付師チームに喜美ちゃんが弟子入りすることができたとしても、ブラック修行時代を送ったかもしれませんね・・・。

そして、絵付師・川原喜美子にチャンス到来です。

喜美ちゃんに課せられた条件は、大衆に支持され、量産に向いているデザインです。

美術学校主席や、大臣賞の絵の腕前でも通用しない・・・プロの世界の厳しさをあらためて感じますね。

滋賀県で金賞」は井の中の蛙だと知った喜美ちゃんが、どんなデザインを用意するのか期待したいと思います。

ところで、デザインに頭を悩ます喜美ちゃんのアイデアの基となったのが、『荒木荘』の面々

回想シーンでしたが、さださん、大久保さん、ちや子さん、圭介さん、雄太郎さんが久々に登場してくれました。

『荒木荘』での日々は、喜美ちゃんの人生にとってかけがえのない大切な思い出ですから、今後も、定期的に登場してくれることを期待しましょう。

そして、今話より、三女の百合子ちゃん役として、福田麻由子(ふくだまゆこ)さんが登場しました。

恐らく中学生と思われる百合子ちゃんは、今や喜美ちゃんより料理の腕は上のようですね。

ますます忙しくなる喜美ちゃんを、しっかり支えてくれることでしょう♪

ではでは

◀42話 | 44話▶

スポンサーリンク