「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ8週44話|心仙の絵はもう古い?照子の夫・敏春が吠えるわけとは!?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月19
日(火)放送
スカーレット第8週テーマ
「心ゆれる夏」

【スカーレットネタバレ8週44話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

社長にデザインを提出・・・

喜美子が徹夜して仕上げた、新しいデザイン案。

師匠の深野から合格をもらった喜美子は、社長にプレゼンするために事務所に向かいました。

途中で、役場観光課に勤務する、幼なじみの信作に出くわします。

信作は、『丸熊陶業』も毎年参加する、夏の『火まつり』の企画書を持って来たのでした。

喜美子と信作は二人で事務所に入ると、社長の秀男と、熊谷敏春(くまがいとしはる)がいました。

敏春は、幼馴染みの照子が結婚した相手で、『丸熊陶業』の婿養子です。

いずれ社長になる敏春は、どこか冷たい雰囲気があり、喜美子は苦手意識がありました。

喜美子がプレゼンする前に、信作が『火まつり』の企画を話し始めると、事務所内はまつりの話で盛り上がります。

そこに、照子も入って来ました。

かいがいしく敏春に尽くす照子の変貌ぶりを見て、喜美子と信作は笑いをこらえるのに必死です。

喜美子は、デザイン案を、番頭の加山に手渡しました。

しかし、加山はそれを面倒くさそうに受け取ると、そのまま机の上に雑に放ります。

言葉を失った喜美子ですが、今回がダメでも来年、それがダメなら再来年も考えると切り返すのでした・・・

敏春が秀男に提言・・・

喜美子たちが出て行くと、事務所は張りつめた雰囲気になりました。

敏春は、世の中の流れが変わり今までのやり方ではダメだと口にすると、深野の絵ももう古いのではないかと意見するのでした。

戦後15年が経ち、日本は高度経済成長期に突入して、復興も進んでいました。

敏春は、『丸熊陶業』も新しい事を取り入れる時だと感じていたのでした。

しかし、婿養子の言葉に納得がいかない秀男は、そのまま事務所を出て行き、加山もそれを追いかけます。

1人になった敏春は、机に雑に置かれた喜美子の絵に目を止めるのでした・・・

 

【スカーレットネタバレ8週44話|感想を最終話まで!

◀43話 | 45話▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

フカ先生に認められた喜美ちゃん!

しかし、照ちゃんパパにデザイン案をプレゼンするものの、結果はほろ苦いものになりそうです。

今話の注目は、新婚の照ちゃん夫妻です。

『丸熊陶業』の跡取り娘として育った照ちゃんが、お婿さんをもらいました。

照ちゃんの若奥様ぶりに注目ですね。

そして、照ちゃんの夫・敏春さんが初登場です。

演じるのは、存在感ある演技で数多くの映画やドラマで活躍する本田大輔(ほんだだいすけ)さん

本田さんは、日本を代表する名バイプレーヤーの1人に本田博太郎さんの息子さんとのことですよ。

敏春さんは、『丸熊陶業』の改革に着手する『やり手』で、喜美ちゃんの才能を見出す重要なキャラクターとの情報です。

修行を終えて、新米絵付師になった喜美ちゃんの活躍に期待ですね♪

◀43話 | 45話▶

スポンサーリンク