「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ8週46話|婿・敏春の発案で会社が変わる!精鋭部隊の八郎とは何者?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月21
日(木)放送
スカーレット第8週テーマ
「心ゆれる夏」

【スカーレットネタバレ8週46話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

3人の新しい若手社員・・・

業績好調の中、事業拡大を目論む『丸熊陶業』。

照子の夫・敏春の考えから、若手社員3人が入社しました。

火鉢以外の目玉商品を新たに作り出そうという考えから、企画開発を任せられた人材です。

3人は、それぞれ京都や大阪の大学を出ていました。

ベテランの陶工達は、『丸熊陶業』も変わっていくのかも知れないと噂するのでした・・・

深野と対面・・・

敏春に連れられた若手社員の3人が、喜美子たちの居る絵付係に挨拶にやって来ました。

若手社員のうちの一人・十代田八郎は、絵付師・深野と対面するやいなや、感激のあまり固まってしまうのでした・・・

火まつり・・・

『丸熊陶業』の食堂で、喜美子と役場の観光課に勤める信作が、『火まつり』のポスターを貼っていました。

通りがかった八郎が『火まつり』に興味を示したため、喜美子は、火の神様に感謝する信楽ならではの夏祭りだと説明します。

八郎は、信楽の素朴な土の感じが好きだと言って笑顔になるので、喜美子も嬉しくなります。

喜美子は、八郎のその素朴な人柄に何かを感じるのでした。

事務所にて・・・

喜美子の幼なじみで『丸熊陶業』の跡取り娘・照子が、父・秀男と母・和歌子と、真剣な話し合いをしています。

世代交代を訴えると共に、夫の敏春を、戦死した兄の代わりにするような事は、もう止めるようにと迫りました。

そして、敏春が気に入った新しいデザインを採用してほしいと懇願するのでした・・・

デザイン採用・・・

喜美子のもとへ照子が駆け寄ってきました。

喜美子のデザインを掲げて「新しい絵付け火鉢のデザインや!」と、ほほ笑みます。

驚くと同時に、嬉しさがこみあげてくる喜美子なのでした・・・

 

【スカーレットネタバレ8週46話|感想を最終話まで!

今日の出演者
戸田恵梨香、林遣都、大島優子、松下洸平、マギー、阪田マサノブ、未知やすえ、夙川アトム、三谷昌登、本田大輔、遠藤雄弥、久保山知洋、イッセー尾形、ほか

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

◀45話 | 47話▶

スポンサーリンク