「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ8週46話|婿・敏春の発案で会社が変わる!精鋭部隊の八郎とは何者?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月21
日(木)放送
スカーレット第8週テーマ
「心ゆれる夏」

【スカーレットネタバレ8週46話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

『丸熊陶業』にて・・・ 

業績好調で事業拡大を図る『丸熊陶業』。

照子の夫・敏春が主導して出来た『商品開発室』に、3人の新入社員が入りました。

藤永一徹(ふくながいってつ)、津山秋安(つやまあきやす)、十代田八郎(そよだはちろう)の3名でした。

敏春は、主力商品の火鉢とは全く別のものを考えることを求めています。

一方、古い陶工達は、人員整理されるのではないかと心配するのでした・・・

絵付係作業場にて 

敏春に連れられた新入社員の3人が、絵付係に挨拶にやって来ました。

十代田八郎は、絵付師・深野を見るなり、なぜか固まってしまいます。

スカーレット そよだ 十代田八郎 松下

そして、自己紹介もおぼつかなくなるほど、うろたえるのでした。

食堂にて・・・ 

町役場・観光課の信作が、『火まつり』のポスターを貼らせてほしいとやってきました。

そこに、喜美子がやってきます。

すると、食堂係の八重子と緑が、新入社員の噂をします。

スカーレット 46話 喜美子 きみこ

八重子は感じがいい人たちだから、食堂でおしゃべりでもしろと喜美子にお節介を焼きながら帰ってゆくのでした。

やがて、ポスターを貼る信作を喜美子は手伝います。

そして、母・マツの『へそくり』が原因で起きた、大野家の夫婦喧嘩のことを謝るのでした。

スカーレット 46話 信作 喜美子 きみこ

新入社員八郎とのこと 

そこに、新入社員の十代田八郎が、やかんを持って入って来ました。

勝手のわからない八郎に、喜美子は取り扱いを教えます。

「新しい人?」

信作が馴れ馴れしく八郎に声を掛けますが、八郎が2歳年上だと知ると、急にトーンが下がってしまいます。

スカーレット 46話 喜美子 きみこ

八郎が『火まつり』に興味を示すので、喜美子は、焼きものづくりに欠かせない火の神様に感謝する信楽ならではの夏祭りだと教えます。

そして、八郎と喜美子は、信楽の素朴な土が好きだと大いに盛り上がるのでした。

一気に打ち解けた喜美子は、八郎のシャツのいかにも自分で縫ったであろう雑な繕いが、気になってしょうがありませんでした。

スカーレット 十代田八郎 そよだ 松下

「これ、こんど直してもいいですかぁ?」と喜美子が言うと、八郎は照れながらも「ほな、お願いしようかなぁ」と答えるのでした。

喜美子は、いつでも絵付係に来るようにと言い残すと、仕事に戻るのでした。

事務所にて・・・ 

「世代交代や!若い世代に譲りなはれ!」

スカーレット 46話 社長室

照子の母・和歌子は、夫・秀男に会社を婿の敏春に任せて隠居するようにと言います。

そして、苦虫を噛み潰したような秀男の顔を後に、事務所を出てゆくのでした。

「ほんま腹たつわ」と、機嫌を損ねる秀男。

そこに、照子は、敏春を戦死した兄の代わりにするのはもう止めてと訴えます。

スカーレット 照子 てるこ 大島優子

そして、敏春が気に入った新しいデザインを採用してほしいと迫るのでした。

すると秀男は、「それ誰が描いたか知ってて言うてんのか?」と、照子にたずねます。

「えっ?」照子は、その作者が誰かは知らなかったのでした。

絵付係作業場にて 

照子が思わせぶりな顔で喜美子のところへやってきました。

そして、「採用されたで!新しい絵付け火鉢のデザインや!」と言って、喜美子のデザイン画を広げます。

スカーレット 照子 てるこ 大島優子

しかし、喜美子にはまったく意味が理解できないのでした・・・つづく

 

【スカーレットネタバレ8週46話|感想を最終話まで!

◀45話 | 47話▶

喜美ちゃんの肩、柔らかああああ~

手のひらが背中にくっついてる~

戸田恵梨香さんの肩関節は、一体どうなっているのでしょう!

いやぁビックリしましたね♪

さて、『丸熊陶業』を日本一の会社にするために情熱を燃やす敏春さん。

チーム敏春ともいうべき若手社員が入って来ました。

敏春さん右腕となって、驚くような新商品を開発してくれるか気になるところですね。

3人の中で、注目は八郎さんですね!

絵付係でのあいさつの際に、八郎さんは固まってしまいました。

いずれ明かされますが、フカ先生の日本画と縁があり、思い入れがあるとのことですよ。

そんな八郎さんを、食堂の八重子さんが見初め、お節介魂を燃やしました!

恐らく「緑さん、あの子見た?なかなかええやん!喜美ちゃんにどないやろか?喜美ちゃんもう21歳やもんなあ~」と盛り上がっていたのカモ♪

一方で、信作くん。

酔いつぶれた忠信父さんを背負ったことで、自分が大人になったと感慨深く語っているそばから、八郎さんに対して人見知り癖が出てしまいました。

友達ができない理由がなんとなくわかります。

信作くんと八郎さんがお友達になれるといいですね!

そして、敏春さんを応援する若妻・照ちゃんが、動き始めました。

どちらかといえば会社のことにあまり興味を示さなかった照ちゃんですが、お母さんを巻き込んで、お父さんに世代交代を訴えました。

敏春さんは、会社だけでなく、照ちゃんに意識変化をもたらしていますね。

若手社員が入り、喜美ちゃんのデザインが採用されたことで、『丸熊陶業』に変化が起き始めました。

明日は、喜美ちゃんが別人・ミッコーに変身ですよ♪

ではでは

◀45話 | 47話▶

スポンサーリンク