「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ8週47話|マスコットガール・ミッコーで喜美子デビューって何よ?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月22
日(金)放送
スカーレット第8週テーマ
「心ゆれる夏」

【スカーレットネタバレ8週47話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

絵付係作業場にて・・・ 

喜美子のデザインが採用されました。

師匠の深野と兄弟子たちに報告すると、皆、自分のことのように喜んでくれます。

次期社長の敏春は、いいものであればどんどん採用していくと言います。

そのことを喜美子が伝えると、兄弟子たちも希望に満ちあふれるのでした。

事務室にて・・・ 

「信楽初の女性絵付師?・・・」

喜美子は、地方紙・滋賀毎報の取材を受けることを、敏春や社長の秀男から伝えられます。

それは『丸熊陶業』の新しい一面を出すために、敏春が仕掛けたものでした。

喜美子は困惑する一方で、一人前として認められたようで嬉しくも思うのでした。

取材当日・・・ 

喜美子の取材が始まりました。

ところが記者は、喜美子の師匠であり日本画の巨匠・深野心仙のことを知りません。

社長の秀男は、自慢の『深野心仙』を知らない記者をいぶかしそうに見るのでした。

しかし、敏春はその話題には触れず、『信楽初の女性絵付師』の話に絞り、深野のことに触れなくてよいと言います。

そして、『丸熊陶業』のマスコットガール風な記事にしてほしいと、記者にリクエストするのでした。

皇太子妃のミッチーブームに乗って、愛称を『ミッコー』と決められ、実際の喜美子とは全く違う人物像で話が進みます。

しかし、ついに我慢できなくなった喜美子は爆発します。

「そんなんやったらやりません!やりたくないです!」

照子の説得・・・ 

やがて、喜美子の説得にと照子が送り込まれました。

照子と二人だけになった喜美子。

照子は、やりたいとが出来る喜美子を羨ましいと言います。

そして、説得を頼まれた照子が、あまりにも困った顔で話すので喜美子はついに根負けします。

喜美子は、改めて社長たちの前で「最後までしっかりしっかりやらせていただきます」と、頭を下げるのでした。

すると敏春は、喜美子にマスコットガールに相応しい格好にするようにと、指示するのでした・・・

川原家にて・・・ 

慌てて帰宅した喜美子は、大野雑貨店の陽子やご近所さんたちの協力で、見違えるほどかわいくしてもらいました。

口紅を塗り、着飾った喜美子の姿を見て感極まったマツは、「ほんま・・・ありがと・・・」と泣きながら皆に感謝します。

そして、絵付けばかりで成人式にも出ないため、ずっと心配していたと明かします。

「写真、飛びっきりええ顔して写るんやで」という母の声を背に、喜美子は会社へと向かうのでした。

撮影にて・・・ 

撮影中はとんちんかんなことばかりさせられ、喜美子は不本意な思いでいっぱいです。

しかし、照子や母を思い出し、絵付けの仕事だと言い聞かせ、作り笑いでポーズを決めるのでした・・・

新聞が発行・・・ 

掲載された新聞には、喜美子の笑顔の写真と『丸熊陶業のマスコットガール』などの見出しが目立ちます。

絵付けのことはほとんど触れられず、さらに、師・深野のことも一切ありません。

その新聞を、若手社員・八郎は険しい顔で見るのでした・・・つづく

 

スポンサーリンク

【スカーレットネタバレ8週47話|感想を最終話まで!

◀46話 | 48話▶

マスコットガール・ミッコー♪


アイドルを売り出すために躍起になる、怖い大人たち~(><)

取材を受けたの時期は、昭和34年(1959年)です。

ドラマ内で話題に出たように、現在の上皇と上皇后の美智子さまの成婚で沸いた『ミッチー・ブーム』の年なんですね。

日本中を虜に社会現象を巻き起こし、景気を押し上げました。

ブームにあやかった『ミッコー商法』の反響が気になるところですね。

ミッコー火鉢はもちろん、ミッコーたぬきまで出たりして・・・。

お化粧して、髪にリボンまで付けて、見違えるほど大変身した喜美ちゃん。

朝ドラ前作『なつぞら』ヒロインの奥原なつの、独身時代の派手なファッションを思い出しました。

なっちゃんが『風車』に住み、亜矢美さん仕込みで着飾っていたのは、昭和31年(1956年)から約10年間です。

今日の取材の時期もこの頃ですね。

なっちゃんと喜美ちゃんは生まれ年が同じですが、ずっとおしゃれさんだったなっちゃんと違って、喜美ちゃんがここまで着飾るのは最初で最後かもしれませんね。

ある意味でお宝ショットになるでしょう♪

そして、日本画の巨匠・フカ先生を知らなかった記者さんに、ブン屋の誇りはありませんでした。

ちや子姉さんが取材してくてたらどんなに良かったか・・・と思わずにはいられませんね。

一方で、照ちゃんと敏春さん夫婦はなかなかのクセモノかもしれません。

夫のために、瞳をウルウルさせて大芝居を打つ照ちゃん。

義理の両親に気遣いながら、新しい風を吹かそうと奮闘していた敏春さんを応援してたのですが、この取材を取り仕切る姿は、手段を選ばないやり手プロデューサーそのものでした。

メディアを使って上手にプロモーションする敏腕経営者と言えるのですが、喜美ちゃんの気持ちを考えるとモヤモヤしますね。

ところで照ちゃんが、お腹が痛くて病院に行くと言っていましたよね。

これって・・・あれですよね、あれ♪

ところで、ほのぼの可愛らしかった末っ子の百合子ちゃん、が急にたくましくなりました。

必要とあれば、迷うことなく常治父さんに嘘を付けるなんて、喜美ちゃんよりたくましいかもしれません。

そして、今何かと百合子ちゃんを助ける信様

これは・・・もしや・・・?

また興味深い見どころが生まれました♪

ではでは

◀46話 | 48話▶

スポンサーリンク