「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ9週51話|師匠・深野心仙の決意とは?その思いに喜美子も感動!

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月27
日(水)放送
スカーレット第9週テーマ
「未定」

【スカーレットネタバレ9週51話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

突然の知らせ・・・

喜美子が絵付け場で筆を洗っていると、『商品開発室』の八郎がやって来ました。

八郎はいきなり、喜美子に絵付師の深野は、信楽をいつ去るのかとたずねます。

深野が信楽を去るという話を、喜美子も知っているものだと思っていた八郎は、火まつりの時までいるなら、思い出作りに一緒に松明を担いで歩きたいと話しました。

事情を知らない喜美子は、言葉を失います。

八郎は、深野が新しい挑戦をするために長崎へ行くとことを、喜美子に明かすのでした・・・

深野の新たな道・・・

深野が長崎へ行く事を決めたのは、先代の社長・秀男が亡くなってから1か月程が経った頃です。

世代が代わり、いずれは絵付け師はいらなくなると考えての判断でした。

しかし、深野は絵の世界を退く考えは無く、新たな道を探しました。

そして、長崎の窯元で絵付けの研究をしているという、30代の森田隼人という男の弟子になろうとしていました。

喜美子は、自分よりはるかに若い師から学ぼうとする深野のことを、あらためて尊敬するのでした・・・

【スカーレットネタバレ9週51話|感想を最終話まで!

今日の出演者
戸田恵梨香、北村一輝、富田靖子、桜庭ななみ、住田萌乃、松下洸平、イッセー尾形、ほか

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

◀50話 |52話▶

スポンサーリンク