「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレ9週51話|百合子が短大に?すんません!父・常治のやるせなさに涙

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月27
日(水)放送
スカーレット第9週テーマ
「火まつりの誓い」

【スカーレットネタバレ9週51話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

川原家にて・・・ 

三女・百合子の進路相談に同席することになった喜美子。

「おお~!なかなかやん!」

担任の寺岡先生が差し出した通知表を、喜美子と母・マツは興味深そうに見ました。

寺岡は、百合子が県立短期大学に新設された家政科に進みたい希望を持っていると明かします。

「大学行きたいの?」

家族は、初耳でした。

百合子は、短大で教員免許を取得して家庭科の先生になりたいと口にすると、喜美子みたいに得意なことを見つけたいと目を輝かせます。

「県短行きたいなあ思てんねん!」

百合子は、しかめっ面で黙る父・常治に訴えます。

寺岡は、短大を目指すなら『甲賀一高』をと勧めました。

すると常治が口を開き「短期でも何でも行ったらええよ、せやけど高校はあかん!」と、言い出します。

そして、高校へは行く必要がない「女に学問は必要ない!」と、またしても持論を持ち出すのでした。

喜美子は、常治の説得を試みます。

しかし、『丸熊陶業』新社長の改革に伴い、喜美子と常治の仕事も、先行きが見えないと口にします。

喜美子は、会社の体制が変わっても、絵付係は残るから大丈夫だと言い張ります。

しかし、常治は、喜美子はまだ弟子で一人前の給金ではないと明かします。

そして、「すんまへん。」と、やるせない表情で常治は言うと、厳しい家計事情を理解してほしいと、寺岡に頭を下げるのでした。

その姿に、喜美子も反論できないまま、唇をかむのでした・・・

その夜・・・ 

百合子は、寺岡先生が、喜美子を自慢の教え子だと言ってたと嬉しそうに話します。

そして、急に神妙な顔つきになりました。

「ごめんなさい・・・アホやな、うち・・・」

家計に余裕があると思っていて、恥をかかせてしまったと頭を下げます。

喜美子は「稼ぐでぇこれから、県短も行かしたる。家庭科の先生になったらええ」と、百合子を励まします。

しかし、百合子は「もうええよ・・・。うちも中学出たら働く」と、精一杯の笑顔を浮かべます。

百合子のその気づかいに、喜美子の心が痛むのでした・・・

絵付係作業場にて 

喜美子が出社すると、『商品開発室』の八郎が深野を待っていました。

「寂しいですよね」

八郎はそう嘆くと、深野がいつまで居られるのか、本人に聞きに来たと言います。

喜美子は八郎の話す意味がまったく理解できません。

さらに八郎は、深野が『火まつり』の時までいるなら、思い出作りに一緒に松明を担いで歩きたいと口にします。

八郎は、深野が信楽を去ることを、喜美子も知っているものだと思っていたのでした。

「えっ?先生が・・・信楽を去る・・・?教えてください、どういうこと?」

衝撃を受けた喜美子が八郎に迫ると、バツが悪そうに八郎は出直そうとします。

喜美子は、八郎を壁に抑え込むと言い放ちました。

「教えてえや!ずるいわ!」…つづく

 

スポンサーリンク

【スカーレットネタバレ9週51話|感想を最終話まで!

◀50話 |52話▶

寺岡先生は、朝ドラスぺシャリスト!


かつては、喜美ちゃんの担任でもあった寺岡先生。

ドラマ設定上で、約6年ぶりの再登場したもの、まるで再放送を見ているように常治父さんから断られました。

先生は、川原家の事情や、常治父さんの気質をよ~くわかっているはずです。

しかし、今回ばかりは喜美ちゃんも居るので、期待していた様子でしたよね。

それだけに、寺岡先生は「トボトボ」と聞こえるように、肩を落として帰っていったことでしょう。

寺岡先生を演じたのは、俳優・湯浅崇(ゆあさ たかし)さんです。

1975年(昭和50年)生まれで大阪出身の湯浅さんは、朝ドラの常連さん。

今まで、NHK大阪制作作品を中心に多数出演中なんですよ。

『カーネーション』、『純と愛』、『ごちそうさん』、『あさが来た』、『べっぴんさん( スピンオフ編)』、『わろてんか』、『まんぷく』、そして『スカーレット』で8作品目の出演となります。

朝ドラに欠かせない役者さんだと言えるのではないでしょうか。

さて、優秀で進学を希望する百合子ちゃんの前に、立ちはだかったのは常治父さん。

「女に学問はいらない」が口癖の常治父さんですが、今回は少しそれに加えて、改革の真っ只中の『丸熊陶業』のことが大きく影響しているようです。

喜美ちゃんが働いているだけでなく、常治父さんも、丸熊から出荷される商品の運送の仕事を請け負っています。

社員の立場から大丈夫だと信じる喜美ちゃんとは違い、会社の外から冷静に分析する常治さん。

今後の見通しが不透明だと、仲間の情報などをもとに危機感を募らせているのでしょうね。

百合子ちゃんの将来とともに、『丸熊陶業』の先行きが気がかりです。

そして、八郎さんからフカ先生が辞めることを知った喜美ちゃん。

「寝耳に水」の知らせに、喜美ちゃんは、我を忘れるほど大混乱でした。

タジタジになる八郎さんを壁ドンして、恫喝まがいに迫る喜美ちゃんが怖すぎる~(><)

どうなっちゃうのか心配です~♪

ではでは

◀50話 |52話▶

スポンサーリンク