「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ9週53話|追い詰められた喜美子の決意!敏春の意外な答えとは?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月29
日(金)放送
スカーレット第9週テーマ
「未定」

【スカーレットネタバレ9週53話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

会社の事務室にて・・・

喜美子の師匠の深野や、深野の弟子・池ノ内と磯貝は、『丸熊陶業』を辞めることになりました。

喜美子だけが、何も決まっていない状態です。

意を決した喜美子は、自分は1人残って絵付けの仕事を続けたいと願い出ました。

そして、弟子ではなく一人前の絵付師に見合った給料を要求したのです。

事務局長の加山は、女で中学しか出ていないくせにと言います。

家族の生活がかかっていると訴える喜美子に対して、社長の敏春は、養ってくれる相手を探した方が良いと涼しい表情で言うのでした。

その言葉を聞いて、喜美子の中の何かに火が点きます。

喜美子の思い・・・

「うちは、職業婦人として生きていくつもりです!」

検討して欲しいと喜美子が食い下がると、その真剣さに、敏春の気持ちが動きます。

敏春は、絵付け係を解散させて、下請けの会社に発注するつもりでした。

しかし、その計画を中止して、喜美子に絵付けの全てを任せると言います。

さらに、一人前の絵付師に相応しい給料を払う事も約束してくれました。

これによって、百合子の高校進学も叶うことになるのでした・・・

年に1度の火まつりの日・・・

喜美子は、深野や兄弟子の池ノ内や磯貝、そして『商品開発室』の八郎と一緒に、松明を手に山頂を目指して歩き出します。

しかし深野は、途中で休憩すると言うと、さっさと引き返してしまうのでした・・・

【スカーレットネタバレ9週53話|感想を最終話まで!

今日の出演者
戸田恵梨香、北村一輝、富田靖子、桜庭ななみ、住田萌乃、本田大輔、松下洸平、イッセー尾形、ほか

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

◀52話 |54話▶

スポンサーリンク