「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレ9週53話|フカ先生はクビじゃない!反論する喜美子に常治の一言!

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月29
日(金)放送
スカーレット第9週テーマ
「火まつりの誓い」

【スカーレットネタバレ9週53話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

『あかまつ』の帰り道 

絵付係の四人の事実上のお別れ会は、楽しい宴となりました。

「残りの日々、旅立たはる時まで、よろしゅうお願いします」

 

喜美子は、立ったまま眠るほど酔った師匠・深野と、兄弟子たちに感謝を込めて挨拶するのでした・・・

川原家にて・・・ 

喜美子が夜遅くに帰宅すると、父・常治と母・マツが待ち構えていました。

酒に酔っていない常治が、喜美子を座らせます。

思いつめた表情のマツが「フカ先生、辞めはるんやろ?」と切り出しました。

 

「クビになったんやろ、先生が」常治も口を開きます。

『丸熊陶業』は社長が変わり、絵付け職人が全員クビになったという噂を聞いたマツは、町の人が喜美子のことを心配していると不安な顔を浮かべました。

喜美子は、いい加減な世間話だと言い腹を立てます。

 

しかし常治は、「お前が分かってへんだけやろ」と、頭ごなしに言い放ちます。

「クビやない!新しいことに挑戦するんや!」喜美子は訴えました。

そして、いくつになっても学ぼうとしている深野は「世間がなんと言おうと素晴らしい人間や!」と叫ぶと、常治をにらみつけるのでした。

 

一瞬、家の中が静まりました。

父・常治の思い・・・ 

すると、常治が静かに語り始めるのでした。

夏の暑さの中、滝のような汗にまみれ、汗疹で体が辛くとも、それでも仕事だからやらなければならないと話しだします。

そして、「おまえは、世間の何を分かっとんねん・・・」と、顔をゆがめるのでした。

 

やりたいことをやって、それで食える人間がどれだけいるのかと常治は問います。

仕事は生きるための義務で、その仕事を好きになったことなどは、一度もないといいます。

そのうえ、一生懸命に働いても、進学したい娘の願いを聞いてやることもできず情けないと、辛い胸の内をさらけ出します。

そして、小さく一呼吸すると、深野先生のような人間だけが素晴らしいと思うなら「・・・出てってくれ」と、力なく喜美子に告げるのでした。

 

目に涙を浮かべて聞いていた喜美子は、何も言うことが出来ません。

隣室でこっそりと聞いていた百合子も、常治の思いを知り一人涙ぐんでいました。

喜美子は、夜風にあたりながら、常治の言葉を噛みしめるのでした・・・

火まつりの日・・・ 

火まつりは、陶芸の町ならではの夏祭りです。

町の真ん中の神社から山の上の小さな社まで、陶工たちが松明(たいまつ)を担いで登り、火の神様に感謝を捧げます。

神社に続々と人が集まってきました。

 

役場に勤める信作は、広報担当としてカメラのシャッターを切っています。

喜美子は、信作に、『信楽初の女性絵付師』として深野と一緒に参加すると胸を張るのでした・・・

夜が更け・・・ 

喜美子は、深野、池ノ内、磯貝、八郎たちと一緒に山頂を目指して歩き出しました。

 

しかし深野は、途中でさっさと引き返してしまいます。

山の上に着いた喜美子は、社で手を合わせます。

喜美子はこの時、あることを心に決めていたのでした・・・つづく

 

スポンサーリンク

【スカーレットネタバレ9週53話|感想を最終話まで!

◀52話 |54話▶

信楽太郎のオンステージは叶わず・・・


雄太郎さんが歌いに来くるのでは!?と、密かに期待していたのですが・・・残念でした。

さて、信様は、八郎さんに何を言っていいのか固まり焦った挙句に「演歌歌手呼べんかったー!」 と謎の発言でしたね。

やはり、キャラ変したとはいえ、素は人見知りのおとない性格はそのままなのかも・・・

そして、演歌歌手が来るような盆踊りナイトを想像していたところ、かなり勇壮なお祭りでした。

ところで、今日の親子対決は、胸を締め付けられました。

マツ母さんの深刻な表情もそうですが、お酒を飲まず待っていた常治父さんは、とてもシリアスでした。

常治父さんもマツ母さんも、喜美ちゃんを心配するが故の行動でした。

確かに噂通り、現実は、会社の路線変更によるリストラです。

「クビ」という表現は間違ってはいないですよね。

しかし、喜美ちゃんは、『深野組』の解散の高揚感が強かったのか、クビではないと言い張った上、言ってはいけないことを口にしてしまったような気がします。

喜美ちゃんを諫めるような常治父さんの一つ一つの言葉に、歳を重ねた常治父さんの思いが込められていました。

百合子ちゃんの進学のことも、想像以上に気にしていましたものね。

本当は、娘達のしたいことを応援したい常治父さん。

本当は喜美ちゃんの時も、高校へ行かせたかったのでしょう。

さて、火まつりでの喜美ちゃんは、一皮むけたように凛々しかったですね。

火まつりでどんな誓いを立てたのか、明日が待ちきれませ~ん♪

ではでは

◀52話 |54話▶