「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ9週54話|喜美子初作品完成で歓喜!でも恋心は未完のまま次週へ?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月30
日(土)放送
スカーレット第9週テーマ
「未定」

【スカーレットネタバレ9週54話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

火まつりの夜・・・

喜美子と商品開発室の八郎は、松明を手にして山頂を目指します。

黙々と歩き、山頂の神社に着いた頃には2人だけになっていました。

師匠の深野は帰ってしまったのかもしれないと、2人は笑い合います。

そして、神社で手を合わせ、信楽の火、土、窯、そしてこの里に、感謝の思いを込めるのでした。

喜美子は、真剣な表情で手を合わせる八郎の横顔を、まるで初めて見る人のように見つめるのでした・・・

翌日の事・・・

深野は長崎へと旅立ち、兄弟子の池ノ内と磯貝も、それぞれの新天地へと旅立ちます。

『丸熊陶業』では、これまで主力商品だった火鉢よりも、植木鉢の生産が増えていました。

そして、裏山の穴窯に加えて、作業場に電気窯が設置されたのでした・・・

秋が深まり・・・

喜美子がデザインした火鉢の、初の試作品が出来上がりました。

「どんな人が買うてくれるんやろ?いとしいわあ・・・」

喜美子は感極まりました。

喜美子の試作品を見ようと、社長の敏春や陶工達、そしてお腹の大きくなった照子も来てくれました。

火鉢の包みを取ると、皆から歓声が上がります。

敏春が良い出来だと言うと、照子も拍手で喜ぶのでした。

皆が戻った後、喜美子は八郎にも見てもらおうと、『商品開発室』へと向かいます。

部屋を覗くと、八郎は真剣な様子で粘土を叩き、ろくろを回し始めます。

その姿を見た喜美子は、火まつりの夜の八郎の横顔を思い出すのでした・・・

【スカーレットネタバレ9週54話|感想を最終話まで!

今日の出演者
戸田恵梨香、北村一輝、富田靖子、大島優子、林遣都、桜庭ななみ、住田萌乃、本田大輔、松下洸平、イッセー尾形、ほか

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

◀53話 |55話▶

スポンサーリンク