「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ10週59話|直子のモウアカンのわけ?草間の言葉が喜美子に響く!

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年12月6
日(金)放送
スカーレット第10週テーマ
「好きという気持ち」

【スカーレットネタバレ10週59話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

川原家にて・・・ 

川原家の居候だった草間に連れられて、帰郷した次女・直子。

スカーレット 10週59話 直子 なおこ

喜美子の作ったお茶漬けを一気に流し込み心が落ち着くと、飲みに出た父・常治と草間が帰ってくる前に話を聞いてくれと言い出しました。

しかし、三女・百合子には子どもだから席を外せと言います。

さらに、喜美子にも「男と女の痴情のもつれや」といら立ち、喜美子にも「分からんやろ?」と、席を外すように言います。

スカーレット 10週59話 百合子 ゆりこ 

喜美子と百合子は仕方なく、隣の部屋で聞き耳を立てるのでした・・・

直子の事情・・・ 

母・マツに、直子は真相を打ち明け始めます。

直子は、職場の新人指導係・牛田(うしだ)という上司との恋愛で悩んでいたのでした。

直子は、牛田とのやりとりを赤裸々に明かしました。

スカーレット 10週59話 直子なおこ

隣室で聞く喜美子と百合子も、想像して目を丸くします。

直子は、牛田には彼女が居て、自分のことは妹としか見ていないと言うと「ほやけど、うち・・・好きになってしもてん・・・」と、マツに打ち明けるのでした。

話を聞いたマツは、穏やかな笑みを浮かべながら直子に寄り添います。

スカーレット 10週59話 マツ 富田靖子

そして、好きな人ができることは自然なことだと言い、直子は正直者で、自分のことをよく分かっていると口にします。

「好きという気持ちを大切にしたんやな」マツはそう言って、直子を愛おしむのでした。

すると、「はあ!話してすっきりした。もうええ、東京戻るわ!」と、ケロリと言う直子。

晴れ晴れとした表情に戻った直子は、クスクスと笑い出します。

スカーレット 10週59話 直子 なおこ

隣室で聞き耳を立てていた喜美子と百合子にも、安心の笑顔が広がるのでした・・・

『あかまつ』の帰り道 

楽しい宴を終えた常治と草間。

上機嫌で千鳥足の常治に、草間は貿易の仕事で台湾に行くと言うと、日本を発つ前にもう一度信楽に来たかったと胸の内を明かします。

驚いて酔いが覚めた常治は、帰る前に、喜美子の絵付け火鉢を見て欲しいと頼むのでした・・・

『丸熊陶業』にて・・・ 

喜美子が初めてデザインした火鉢を見た草間は、想像していた絵と違うと驚きます。

スカーレット 10週59話 草間 くさま

すると喜美子は、今は陶芸にも興味があると明かし、もっと世界を広げたいと話します。

草間は、その喜美子の思いに感心します。

そして、「覚えてるかな?一緒に行ったあの時の事」と、草間が問いかけました。

それは、大阪で草間の妻に会いに行った時の事でした。

二人の関係はうまくいかなかったが、後悔はないと草間は言います。

スカーレット 10週59話 草間くさま

そして、心から好きな人と出会えたことは、本当の良かったと思っていると話します。

「好きな人ができると、世界が広がるよ」

草間はそう言い残すと、直子と一緒に東京へと戻っていくのでした・・・

商品開発室にて 

いつものように、八郎の陶芸を見学に来た喜美子。

スカーレット 10週59話 八朗 喜美子 きみこ

喜美子は、草間の言葉が胸をざわつかせていました。

そして、「好きな人ができると、世界が広がるよ」と言った、草間の幸せそうな顔を思い浮かべながら、作業をする八郎の顔を覗き込みます。

すると八郎が、「川原さんもやってみます?」と、作陶を勧めました。

躊躇した喜美子ですが、八郎に指導を受けて器づくりに挑戦するのでした・・・

スカーレット 10週59話 喜美子 きみこ 八朗 

つづく

【スカーレットネタバレ10週59話|感想を最終話まで!

◀58話 |60話▶

やっぱり草間さんや~♪

11年ぶりに信楽に帰って来て、懐かしき面々に会った草間さん。

喜美ちゃんと草間さんは4年ぶりの再会ですね。

4年前は、喜美ちゃんが『荒木荘』に居た頃で、ジョージ富士川のサインイベントで偶然の再会でした。

そして、草間さんの妻・里子さんの営む食堂へ行き、草間夫婦の再会とお別れを、つぶさに見届けた喜美ちゃんでしたよね。

そんな、デリケートなひとときを共有した草間さんと喜美ちゃん。

さらに、喜美ちゃんが幼い頃に、慶乃川さんの件で諫めたことや『草間流柔道』を通して、人の道を説いてきた草間さんだからこそ、喜美ちゃんは深い信頼感を寄せていますよね。

そんな草間さんから、喜美ちゃんのモヤっとする気持ちを整理する2つの言葉がありました。

1つ目は「自分の手で何かを生み出す作業が好き」だと、的を得た表現でまとめることで、喜美ちゃんの創作意欲に火が点けました。

そして2つ目は、「心から好きな人は自分の世界を広げる」です。

妹にまで男と女のことが分からない烙印を押された喜美ちゃんも、ようやく八郎さんを男性として意識する展開になりました。

草間さんはやっぱり素敵で、喜美ちゃんの人生の師ですね!

今後も、喜美ちゃんの人生の節目に現れて、道標となる助言してくれるはずでしょう♪

一方で、常治父さんとマツ母さんの、娘を思う親心が垣間見えましたよね。

草間さんに見てもらえば、喜美ちゃんが喜ぶと考えて、そっと頼む常治父さん。

普段は頼りないマツ母さんも、今日みたいにじっくりと話を聞いてほしい時には、とても頼りになる存在だと改めて思いました。

そして、恋に悩む直子ちゃんは、姉や妹に比べると幼そうに見えてましたが、今まさに成長しようとしていると嬉しくなります。

それにしても、家族の恋愛偏差値を見極める直子ちゃんの目は確かですね♪

往年の恋愛映画を彷彿♪

恋愛映画の名作『ゴースト/ニューヨークの幻』(1990年・米国)の様な雰囲気で、陶芸を習い始めた喜美ちゃん。

陶芸家・川原喜美子の第一歩!

そして、明日はお待ちかねの・・・♪

ではでは

◀58話 |60話▶

スポンサーリンク