「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ11週61話|何しとんじゃあ!MAX激高する常治の馬の骨発言とは?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年12月9
日(月)放送
スカーレット第11週テーマ
「夢は一緒に」

【スカーレットネタバレ11週61話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

父の怒り・・・

「何しとんじゃあ!」

喜美子と八郎が抱き合っているところを目撃した父・常治は、八郎を殴り飛ばします。

そして、喜美子の腕を掴んで連れ帰りました。

「どこの馬の骨ともわからん奴と!」

激高する常治に、母・マツは何事かと驚きます。

喜美子は、八郎は誠実な男で、陶芸家になる夢を持っていると常治に訴えました。

そして、結婚を考えていると真剣に伝えます。

しかし常治は、まともに話を聞かず、許さないと言って背を向けてしまうのでした。

そこに、三女・百合子が帰宅。

百合子は、信作からの伝言を、喜美子にそっと耳打ちします。

それを聞いた喜美子は、急いで飛び出していくのでした・・・

八郎のアパートにて・・・

喜美子を追いかけた際に転んだ八郎は、足を挫いていました。

心配した信作が、八郎をアパートまで送り届けます。

信作は、八郎を寝かせると、喜美子のことや子供の頃のことを明かします。

そこへ、喜美子がやって来ました。

喜美子の姿を見た八郎が、帰れと言うので、言い争いが始まります。

真面目な性格の八郎は、喜美子のことを真剣に考えるがゆえに帰そうとしたのです。

二人を仲裁した信作が、常治は突然の事で驚いてしまっただけだろうと思いやります。

そして、もし結婚という事になれば、喜んでくれるはずだろうと2人を励ましました。

その言葉を聞いて、喜美子と八郎に明るい表情が戻ります。

やがて信作は、『お見合い大作戦』に行ってしまいました。

二人きりになった喜美子と八郎は、照れくさくなるのでした・・・

 

【スカーレットネタバレ11週61話|感想を最終話まで!

 

◀60話 |62話▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

週はじめから、常治父さんの怒鳴り声が響き渡ります。

しかも、過去最高の怒りは間違いなく、まさにMAX激高モード!

手が付けられない事態になりそうなことは、容易に想像できそうですね。

いきなり引き裂かれた、喜美ちゃんと八郎さんですが、常治父さんの壁を超えないことには、何も始まりませんから、壮絶な戦いの幕開けです・・・

引き裂かれた二人をくっつける役回りを、信様と百合子ちゃんが連携するとは、嬉しい驚きです!

信様が常治父さんを説得することは、残念ながら期待できませんが、影で活躍してくれること期待したいです。

ハードルが高くなればなるほど、燃える喜美ちゃん。

きっと乗り越えてくれるはずです。

さて、第11週のテーマは『夢は一緒に』。

八郎さんの夢は喜美ちゃんの夢であり、喜美ちゃんの夢は八郎さんの夢となるのか?

常治父さんの子離れも見どころかもしれませんね♪

◀60話 |62話▶

スポンサーリンク