「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ11週62話|これからは僕がおる!盛り上がる二人に明日はあるのか?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年12月10
日(火)放送
スカーレット第11週テーマ
「夢は一緒に」

【スカーレットネタバレ11週62話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

八郎のアパートにて 

「帰りたくない、帰さんといて…」

八郎の部屋を訪ねた喜美子が、寂しそうに見つめるので八郎は焦ります。

やがて二人は互いの気持ちを確かめるように、今後のことを話し合います。

八郎は、日を改めて父・常治に挨拶に行くと言います。

しかし、喜美子は、父へは自分が許しを得るので、それまで待って欲しいと伝えるのでした。

すると八郎は、「あほ」と言い喜美子を見つめます。

「これからは僕がおる、一緒に頭下げよ」と、優しく言うのでした。

そして、好きな人のためなら殴られてもかまわないといいます。

みるみる笑顔になった喜美子は「もっと好きになった」と、八郎を見つめます。

「結婚しよな」

八郎の言葉に、喜美子は大きくうなずくのでした・・・

『あかまつ』にて・・・ 

一方、その日に開催された『お見合い大作戦』は大失敗に終わっていました。

参加した女性たちは、ほとんどが冷やかしで、男性陣の思惑がことごとく裏切られる散々な結果でした。

そんな中でただ一人、真剣な気持ちで参加したよし子が、信作を気に入ったようです。

しかし、この会を企画した信作は、自分だけうまくいくわけにはいかないと困惑するのでした・・・

翌朝の川原家にて 

起き抜けの常治に、喜美子は、八郎に会って欲しいと頭を下げました。

すると常治は、いつでも構わないとあっさりと承諾するのでした。

「ほんま!」喜美子は嬉しそうに、早速今日連れて来ると言います。

「・・・せやけど、結婚はあかんで、あいつはあかん」

常治の言葉を聞き、喜美子は愕然とするのでした・・・

商品開発室にて 

「何であかんのやろ・・・」

出社した喜美子は、八郎に父のことを嘆きました。

八郎は、会ってくれるだけでもありがたいと口にすると、許しを得るまで100回でも200回でも会いに行くと言います。

「一緒に乗り越えよな・・・」

八郎の言葉に、喜美子はうなずくのでした。

絵付係作業室にて 

喜美子が作業をしていると、照子と、夫で社長の敏春がやってきました。

敏春は深刻そうな顔で、喜美子と八郎のことが噂になっていると切り出します。

「すみません、陶芸を教わっています」と、喜美子は慌てて弁解します。

重苦しい雰囲気が広がります。

すると、照子が「ええのん捕まえたの~!」と、嬉しそうに言います。

照子は信作から、敏春は八郎から報告を受けていると明かすのでした。

照子と敏春は、他の社員の手前もあるので、早く所帯を持てと結婚を勧めます。

しかし、喜美子のうれしい表情も一瞬に曇ってしまいます。

喜美子は、父・常治の許しをもらえていないと二人に明かすのでした。

敏春は、八郎は陶芸家として将来有望で、次の陶芸展で賞を取れるかもしれないと言います。

照子は、八郎が認められたら『マスコットボーイ・ハッチー』の誕生だと茶化すと、「ほんまええのん、つかまえたのう!」と、嬉しそうに言うのでした・・・

その夜の川原家にて 

「なにが夢じゃ、ふわふわしたこと言いやがって・・・」

常治がひとり言をつぶやいていると、喜美子と一緒に八郎がやって来ました。

常治は、険しい顔で八郎をにらみつけるのでした・・・

つづく

 

【スカーレットネタバレ11週62話|感想を最終話まで!

◀61話 |63話▶

愛を誓った二人は、お花畑♪

結婚を誓った二人は世界の中心♪

「好きの大安売り」を経て、ついに「結婚」のワードが出ました!

正式にプロポーズしたということでよいでしょう。

よくよく考えると、交際もしていないのに結婚とはビックリですが、そのあたりのツッコミはやめておきましょうね。

二人の関係を見ていると、主導権は喜美ちゃんで、このままいけば『かかあ天下』になりそうです。

ド真面目な上、蟻を見つめる性格の八郎さんは、喜美ちゃんだけでなく、常治父さんにも振り回されそうで、とても心配なところです~♪

そして、信様にも恋の予感です!

信様をタジタジにさせるよし子さんを演じたのは、大阪出身で舞台やTVドラマで活躍する女優・辻本みず希(つじもとみずき)さん30歳です。

『カーネーション』(2011年)や『純と愛』(2012年)など、朝ドラでは顔なじみのお方です。

信様と恋に発展するのか、楽しみな話題がまた加わりましたね♪

よし子役の辻本みず希さん

そして、喜美ちゃんの恋バナを自分の事の様にように喜ぶ照ちゃん!

早く結婚しろと迫り、『ミッコー&ハチロー』で新たな商機を伺うあたりは、跡取り娘の貫禄がたっぷり。

一方で、敏春さんの目じりが緩みっぱなしで、見ているこちらも幸せ気分になりますね。

八郎さんの才能を買う敏春さんの言葉は、喜美ちゃんにとって頼もしいことでしょう。

それにしても、照ちゃんこそ「ほんまええのん、つかまえたのう!」と言われそうですね♪

さて、いよいよ、八郎さんと常治父さんのご対面です!

夢を追うことを面白く思わない常治父さん。

第9週53話で、フカ先生の新しい挑戦を賞賛した喜美ちゃんに、常治父さんは「やりたいことをやって食べられる人がどれだけいるのか」と苦言を呈しました。

つまり、夢を追いかけるような奴に娘はやれん!という事なのでしょうね。

もしかすると、常治父さんの過去には『夢』にまつわる、悲しい出来事があるのかもしれませんね・・・・

明日は『常治 vs 八郎・喜美子』・・・ドキドキしてしまいます~♪

ではでは

◀61話 |63話▶

スポンサーリンク