「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ11週63話|八郎がスーツ姿で訪問!いよいよ常治も許すのか?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年12月11
日(水)放送
スカーレット第11週テーマ
「夢は一緒に」

【スカーレットネタバレ11週63話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

父と八郎の対面・・・

結婚を誓った喜美子と八郎。

八郎が常治に殴られたあの日から数日が経ちました。

突然、常治が八郎の川原家への訪問を許します。

喜んだ八郎は、一張羅の背広を着て川原家を訪ねました。

常治は、八郎の訪問を許したはずでしたが、不機嫌そうな表情で迎えます。

そして、突然八郎に対して頭を下げると、殴った事を謝ります。

しかし、一方的に「以上!」と言うと、娘はやらんと言い残して出て行ってしまうのでした。

それ以降、八郎は毎日、川原家を訪ねました。

しかし、常治は、八郎の申し出をまともに取り合おうとしません。

八郎は諦めずに通い続けますが、常治は約束してもすっぽかす始末です。

居留守を使ったり、『あかまつ』に行ったりと、八郎と会う事を避け続けます。

それでも温厚な八郎は、めげずに前向きです。

困難が続けば続くほど、喜美子と八郎はより一層と絆を深めていきました。

母・マツと、三女・百合子は喜美子を応援する一方で、常治の態度に怒り出してしまうのでした・・・

照子の陣痛・・・

喜美子が絵付けの仕事を終えたところに、社長の敏春と照子夫妻がやって来ます。

幼なじみの照子は、もう臨月を迎えていました。

敏春は、『商品開発室』の八郎から、喜美子との事を報告されたと言い微笑みます。

喜美子は、まだ父・常治からの許しを得ていない事を2人に話します。

それを聞いた敏春は、八郎には陶芸家としてのセンスがあり、将来も有望だと言います。

そして、前回の陶芸展では惜しかったが、次は受賞できるかも知れないと話すのでした・・・

「あ・・・痛っ!」

そんな中、突然、照子の陣痛が始まるのでした・・・

 

【スカーレットネタバレ11週63話|感想を最終話まで!

◀62話 |64話▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

愛娘の結婚を、素直に祝えない常治父さん。

結婚を誓った喜美ちゃんと八郎さんの前に、大きく立ちはだかりますよ。

恐らく、日本中の視聴者がヤキモキして、憎まれ口をたたかれる事態かもしれませんね。

役と言えばそれまでですが、常治父さんを演じる北村一輝さんも、たまったものじゃないですね♪

とはいえ、毎日のように通い続ける八郎さんに、常治父さんも情が沸くことでしょう。

それでも、許可できない理由が何かあるのでしょうね。

常治父さん自身も、妻のマツさんとは、周囲の反対を押し切っての駆け落ち婚でした。

それが大きく影響しているのかもしれませんね。

八郎さんと常治父さんの、我慢比べの成り行きはいかに??

そして、照ちゃんがついにママになりそうです。

63話も、気になる展開となりそうです~♪

◀62話 |64話▶

スポンサーリンク