「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレ11週65話|常治の心配と喜美子の夢?八郎よお前も腹をくくれ!

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年12月13
日(金)放送
スカーレット第11週テーマ
「夢は一緒に」

【スカーレットネタバレ11週65話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

川原家にて・・・ 

八郎に、夢を追うのは諦めてほしいと必死に願う父・常治。

「分かりました、約束します!」

八郎は常治の申し出を受け入れると、『丸熊陶業』で働きながら、その合間で陶芸をやると口にします。

常治は八郎の言葉を聞いて、安心するのでした。

しかし、喜美子は納得できませんでした。

「もう遅いわ、うち、もう一緒に見てるで!・・・十代田さんと、夢」

喜美子は八郎と二人で、陶芸家として独り立ちできるように勉強や準備をしていると明かします。

そんな喜美子に、八郎は常治の言っているとおり趣味でやろうと言います。

「ええことないよ!」あっさりと夢を諦める八郎に、喜美子は怒りをぶつけました。

そして、ものづくりは片手間でできる甘いものではないと言い、仕事帰りに酒を飲むのと一緒にするなと常治に言い放ちます。

さらに喜美子は、八郎は優しいから、常治が言えば「分かりました」と言うに決まっていると涙を流します。

すると呆れたように、常治は、会社を辞めて陶芸家の夢を見たらいいとさじを投げます。

そして、仕事帰りに酒を飲むくらいしかできない自分にはわからないと言い、勝手にしろと席を立つのでした。

喜美子も、「陶芸家になるまで、うちが支えます!」と、常治に喰ってかかるのでした。

マツの思い・・・ 

母・マツが常治の心を落ち着けるように、駆け落ちした時はワクワクしたと明かすと「あんたとの人生、失敗や思たことないで・・・」と、嬉しそうに話します。

「もうええ、この話はもう終わった!」と、常治は結婚話を打ち切ろうとします。

八郎の思い・・・ 

「僕は終わってません!聞いてください」

八郎は改めて順序だてて話を始めるのでした。

八郎は、大学の先輩で山田龍之介という陶芸家の作る湯呑茶碗は、大学出の初任給の2~3倍の5万円で売れると明かします。

常治は値段を聞いて目を泳がせました。

八郎は人の心を動かす作品には高い値が付くと言うと、自分もそういう作品が作りたいと訴えました。

そして、先ほどの約束を見合わせてほしいと願い出ます。

「僕は、陶芸展に出品して賞を取ります。陶芸家になります!」

そう宣言した八郎は、「一緒に夢を見させてださい、お願いします」と、頭を床につけるのでした。

常治の思い・・・ 

困惑した常治は、十代田の姓はどうするのかとたずねます。

「川原八郎にならせて下さい。喜美子さんと結婚させて下さい!」

八郎が必死の形相で訴えると、隣で喜美子も頭を下げます。

二人の訴えに心が動いた常治。

「陶芸展で賞を取ったら受賞祝と結婚祝、一緒にしたる。取れるもんやら、取ってみぃ!」と告げます。

「ありがとう」喜美子は嬉し涙を流すのでした・・・

翌朝の商品開発室にて 

陶芸展へ出品する作品に集中すると意気込む八郎。

喜美子は、そばで見守り、同じ夢を追います。

喜美子と八郎の二人三脚の挑戦が始まったのでした・・・つづく

 

スポンサーリンク

【スカーレットネタバレ11週65話|感想を最終話まで!

◀64話 |66話▶

八郎さんの中の人も、まんまでした♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

松下洸平(@kouheimatsushita_official)がシェアした投稿


『スカーレット』直後の『あさイチ』に出演した、八郎役の松下洸平さん。

天然でどんくさい八郎さんそのもので、見ていてホッコリしました。

#八郎沼』にどっぷりはまった人が続出したことでしょうね♪

それにしても、65話は『スカーレット』全150話の中で最重要回の一つになりそうな、見ごたえのある濃密な回でした。

自分の歩んできた道を反省し、娘には苦労させたくないと必死でお願いする常治父さん。

常治父さんに譲歩する八郎さんに、を入れちゃう喜美ちゃん。

一度は常治父さんに同意したものの、「陶芸家を目指します宣言」をした八郎さん。

そういえば、八郎さんには3つの夢がありました。

◆八郎の3つの夢
【1】誰かの大事な陶芸作品を作る
【2】陶芸展で入賞し、認められる
【3】好きな人と結婚する

八郎さんが常治父さんに逆提案した条件は、結果的に、2をクリアすることで、1と2も叶える作戦となりました。

話の勢いでしょうが、常治父さんが受け入れたことが不思議でしたね。

とにかく、結婚に向けて文字通り二人三脚がスタートした、喜美ちゃんと八郎さん。

陶芸展に入選できる良い作品づくりを期待したいです♪

それにしても、八郎さんが本気でお願いするシーンも心打たれましたが、やっぱり常治父さんが心に残りました。

これから息子になるかもしれない男に、恥をしのんで頭を下げる・・・。

本音でぶつかったから、八郎さんと喜美ちゃんの心に火をつけて本心を引き出したのでしょうね。

そんな常治父さんを見て、マツ母さんが本音を明かしました。

なんだかんだ言っても、常治・マツ夫妻は幸せそうでしたね♪

ではでは

◀64話 |66話▶

スポンサーリンク