「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ11週65話|常治の心配と喜美子の夢?八郎よお前も腹をくくれ!

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年12月13
日(金)放送
スカーレット第11週テーマ
「夢は一緒に」

【スカーレットネタバレ11週65話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

娘を思う親心・・・

喜美子と結婚を誓った八郎と、父・常治が対面。

常治は、夢を持って結婚したが事業に失敗してしまい、妻・マツの夢も叶えてやれなかったと八郎に打ち明けます。

少しずつ八郎のことを見直していた常治ですが、気がかりなことを口にしました。

「いつか陶芸家になりたい夢を持ってる・・・そんな夢、必要ですか?」

喜美子との結婚を考えているのなら、将来が分からないような夢を追いかけるのは、諦めて欲しいと訴えます。

そして、『丸熊陶業』の社員として働き続けることが、喜美子との結婚を認める条件だと告げました。

常治は、自分のように経済的なことで、喜美子に苦労させたくなかったのです。

八郎は、娘を思う親心を知って気持ちを大きく揺らすと、常治の条件を飲みました。

八郎の宣言・・・

一方で、喜美子は納得がいきません。

「うち、もう一緒に見てるで? 十代田さんと、夢」

そして、八郎が陶芸家として成功するまで、自分が支えていくと意気込みます。

喜美子が常治に反論したことで、家族を巻き込んだ言い争いに発展してしまいました。

すると、八郎が、学校の先輩で、陶芸展で入選し活躍している人物の話を始めました。

人の心を動かす作品には高い値がつき、食べていくこともできると言います。

「陶芸展に出品して、賞を取ります」

陶芸家になると宣言した八郎は、改めて喜美子と結婚させて欲しいと常治に頭を下げました。

常治は、賞を取れるものなら取ってみろと言うと、受賞祝いと結婚祝いを同時にしてやると叫ぶのでした・・・

二人三脚が始まる・・・

陶芸展での受賞が結婚の条件となった八郎。

早速、陶芸展に出品する大鉢を作り始め、喜美子は、そばで見守り、同じ夢を追います。

喜美子と八郎の二人三脚の挑戦が始まったのでした・・・

 

【スカーレットネタバレ11週65話|感想を最終話まで!

◀64話 |66話▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

65話は、『スカーレット』全150話の中の、最重要回の一つになりそうですよ♪

自分の歩んできた道を反省し、娘には苦労させたくない親心を見せる常治父さん。

これは涙しそうな展開です。

一方で、反論する喜美ちゃん。

八郎さんは、陶芸家になる夢を追いたいが、愛する人とも一緒になりたい葛藤する・・・。

そういえば、八郎さんには3つの夢がありました。

◆八郎の3つの夢
【1】誰かの大事な陶芸作品を作る
【2】陶芸展入賞で、認められる
【3】好きな人と結婚する

八郎さんが常治父さんに逆提案した条件は、結果的に、2をクリアすることで、1と2も叶える作戦となりました。

喜美ちゃんと八郎さんは、結婚に向けて文字通り二人三脚がスタートしました。

濃密な展開を期待して、テレビの前で待ちたいと思います♪

◀64話 |66話▶

スポンサーリンク