「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ12週|喜美子と八郎が共同作業?こっそり常治があやしい動き!

スカーレット第12週テーマ
「幸せの大きな一歩」

『スカーレット』ネタバレ12あらすじ予告|12月16日~12月21日

スポンサーリンク

ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

スカーレット・ネタバレ第12週のあらすじ予告

昭和35年(1960年)正月

結婚することを誓った喜美子と、陶芸家を夢見る八郎。

二人の結婚を唯一、大反対していた父・常治から、結婚を認める条件が出ました。

それは、八郎が『陶芸展』で入賞することでした。

八郎は、年末年始の休暇を返上して、陶芸展に出品する『大鉢』づくりに没頭します。

実は、年末に一旦は出来上がったものの、社長・敏春の評価は厳しいもので、一から作り直していたのです。

一方で、大野雑貨店が喫茶店に転換するにあたり、コーヒーカップを15セットの製作依頼も引き受けていました。

喫茶店の開店日は1月15日頃で、『陶芸展』の締切は1月末。

あまり時間が無い中で、八郎はひたすら作品づくりに邁進します。

その八郎の脇で、喜美子は寄り添うように見守るのでした・・・

喜美子の作ったカップ・・・

そんな中、喜美子は、見よう見まねでコーヒーカップを作りました。

初めて作ったとは思えない素晴らしい出来栄えで、八郎は目を丸くします。

八郎は、喜美子に陶芸の才能があるのではないかと、期待するのでした・・・

陶芸展が迫る中・・・

川原家では、常治が、秘密裏に家の増築を計画しています。

常治は、口とは逆に内心では八郎のことを評価していました。

八郎が陶芸展で入賞する事を信じて疑わず、秘密裏に二人の結婚の準備を進めるのでした・・・

 

スカーレットネタバレ12週あらすじ予告・まとめ

時間がありません!

あの頑固だった常治父さんから、条件付きながら結婚を認められた喜美ちゃんと八郎さん。

何としてもこの陶芸展で入賞して、結婚を認めてもらいたですよね。

常治父さんの性格を考えると、二度目のチャンスは無いように思えますよね。

年末年始休暇中の誰も居ない会社で、黙々と作品作りに没頭する二人ですが、さぞかし幸せなひと時ではないでしょうか。

そんな中で、お手伝いのつもりだった喜美ちゃんの作陶が、八郎さんを驚かせます。

八郎さんが嫉妬するような出来栄えなのかもしれませんね。

喜美ちゃんの陶芸家への道が近づいたのかもしれませんね。

そして、何より驚きは常治父さんが、こっそり怪しい動きです!

「どうせ無理やろ」と、たかをくくっていると思っていたのに・・・

常治父さんへの評価が、大きく変わりそうな週になるのかもしれませんね♪

ではでは

◀11週13週▶

各話ネタバレはこちら

スポンサーリンク