「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ13週|喜美子の結婚と出産!5年後の川原家に大きな変化が!

スカーレット第13週テーマ
「愛いっぱいの器」

『スカーレット』ネタバレ13あらすじ予告|12月23日~12月28日

スポンサーリンク


週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

スカーレット・ネタバレ第13週のあらすじ予告

陶芸展に入賞・・・

八郎が作り上げた大鉢は、陶芸展で入賞!

限られた時間とプレッシャーに打ち勝った八郎は、支えてくれた喜美子に感謝しました。

そして、喜美子の父・常治との約束を果たしたことに、胸を撫でおろします。

常治は、八郎を称えると、喜美子との結婚を認めました。

皆に祝福されて結婚した喜美子と八郎は、川原家で同居をはじめたのでした・・・

それから数年・・・

27歳になった喜美子は、4歳の長男・武志(たけし)を抱え、忙しい日々を送っています。

夫・八郎は、陶芸家として活動していました。

喜美子に支えられながら、陶芸展に出品する作品づくりに没頭する毎日です。

しかし、八郎の収入はわずかばかり。

喜美子は、食器などを作って必死に家計を支えます。

暮らしは貧しいものの、幸せな日々が過ぎていくのでした・・・

常治が倒れる

そんな中、川原家を揺るがす一大事が起きました。

家長の常治が体を壊して、倒れてしまったのです。

元気を失った常治を励ますために、喜美子は、家族たちと一緒に皿を作り始めるのでした・・・

 

スカーレットネタバレ13週あらすじ予告・まとめ

第13週は、2019年の最後の放送週です。

入賞の報告にやって来た八郎さんに、常治父さんは、何と声を掛けるのか興味深いですね。

手放しで喜ぶのかな?

「しゃーない」とツンデレなのかな?

実際の放送が待ち遠しいところです♪

そして、ドラマの設定、一気に5年ほどスキップ!

喜美ちゃん夫婦には、男の子・武志くんが誕生していました。

この武志くんが、スカーレット終盤で重要な役どころとなると思われます。

陶芸家の夢を追い続ける八郎さんですが、まだ、作品に高値がつくような陶芸家にはなっていないようですね。

夢を追う八郎さんを、喜美ちゃんが健気に支えているのかと思うと、胸が熱くなります。

八郎さんは、結婚の許しをお願いしている時に、湯呑み茶碗が数万円にもなると、常治父さんに言っていましたよね。

常治父さんも、かなり期待していたはずです。

絶対に気長な性格ではない常治さんと、八郎さんの関係が気になるところですね。

そんな矢先に、常治さんが倒れるなんて・・・

不安なまま、年を越すことがないことを祈りたいものです♪

ではでは

◀12週14週15週史実編▶

各話ネタバレはこちら

スポンサーリンク