「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ17週18週[史実編]|喜美子が離婚?!いったい何があったの?

『スカーレット』
17週18週・史実ネタバレ予測
(2020年1月27日~2月8日放送分)

【スカーレット】ネタバレ17週18週|モデル神山清子さんの史実から大予測!

スポンサーリンク

高視聴率を記録する朝ドラ『スカーレット』ですが、17週以降の展開は明らかになっていません(2019年12月現在)

【追記】2020年1月24日【スカーレット18週】公開しました!

\ 最新情報はコチラ /

スカーレットネタバレ18週はコチラ▶

本作は、神山清子(こうやまきよこ)さんという、女性陶芸家の半生からヒントを得たオリジナルストーリーとして、NHKより発表されています。

 

実際に、神山清子さんの実際のエピソードがたくさん反映されています。

ここでは、2020年1月27日から放送予定の【スカーレット17週-18週】を、神山清子さんの史実やNHK発表をベースに、ネタバレ予測してみます♪

サクラです

史実を探ることで17週18週の予測ネタバレを楽しんでいきましょう~♬

【スカーレット】16週までのストーリー展開

和暦 西暦 ストーリー
昭和31年 1956年 大阪から帰郷して『丸熊陶業』入社・深野心仙のもとで絵付け修業開始
昭和34年 1959年 22歳・絵付師に昇格・オリジナルデザインが商品化
昭和35年 1960年 陶工・十代田八郎と結婚
長男の武志誕生・『かわはら工房』立ち上げ
昭和40年 1965年 喜美子が家計を支える・常治が逝去
昭和44年 1969年 八郎がスランプ・八郎のためにと松永三津を弟子にする
夫婦で陶芸活動に励む中、八郎と三津が急接近

という展開で進んでいます。

※【スカーレット】ネタバレ16週まではこちらで復習▶

サクラです

この後、史実では驚きの人生が・・・

スポンサーリンク

【スカーレット】ネタバレ17週18週あらすじ予測【史実編】

『スカーレット』ネタバレ17週18週の予測の基は、ヒロイン・喜美子のモデルと言われる神山清子さんの史実です。

神山清子さんの履歴
  • 昭和32年(1957年)陶芸家・神山易久さんと結婚(21歳)
  • 長女・久美子さん、長男・賢一さん誕生
  • 昭和38年(1963年)自宅に陶芸工房を開く
  • 古代式半地上式穴窯『寸越窯』を開窯、古信楽再現に邁進
  • 夫婦で陶芸家活動を始める
  • 弟子を取り始める
  • 【17週以降の展開予測】
  • 夫と弟子の不倫に悩み、自殺未遂
  • 昭和49年(1974年)長男の勧めで離婚成立(38歳)
  • 昭和50年(1975年)古信楽の再現に成功
  • 昭和55年(1980年)賢一さんと作陶を開始
  • 平成2年(1990年)29歳の賢一さん『慢性骨髄性白血病』発症
  • 賢一さんの闘病生活を支えながら『骨髄バンク』設立に奔走
  • 平成4年(1992年)31歳の賢一さん死去
  • 令和元年現在、現役の陶芸家、骨髄バンク活動も継続中

本格的に陶芸活動をスタートさせた神山清子さんは、手びねりや自然釉など、独自の技法を追求します。

さらに、古代式半地上式穴窯『寸越窯(ずんごえがま)』まで開き、古信楽の再現に情熱を注ぎました。

夫・神山易久(こうやまやすひさ)さんと、夫婦陶芸家として名を轟かせていきます。

しかし、クローズアップされるのは、清子さんばかり。

易久さんは、清子さんの才能に嫉妬するようになり、夫婦間に溝が深まっていきました。

やがて、易久さんは、住み込みの女性の弟子と深い関係になります。

さらに、清子さんに対して執拗に嫌がらせまでするようになりました。

清子さんは、精神的に追い込まれ自殺を考えるまでになります。

しかし、息子の賢一さんの勧めで、昭和49年(1974年)に離婚

その後、賢一さんと親子で陶芸活動をはじめた清子さんは、とても充実した穏やかな日々を過ごしていました。

しかし、ある日の事、賢一さんが突然倒れてしまいます。

診断結果は『慢性骨髄性白血病』それは、当時治療が困難とされる難病でした。

そして、余命二年半と宣告されたのでした。

そこから、清子さんの戦いの日々が始まります。

賢一さんの闘病生活を支える一方で、ドナーを捜すための『骨髄バンク』の設立に奔走するのでした・・・

サクラです

ドラマには、モデル・神山清子さんの史実がふんだんに盛り込まれています。17週以降も反映されるのか、気になるところです・・・

スポンサーリンク

【スカーレット】ネタバレ17週18週の展開|史実を基に予測!

17週は2020年1月27日より、18週は2月3日より放送予定です。

大人に成長した武志は、18週に登場すると発表されています。

◆息子・武志(NHK発表)
2月上旬より、大人の武志が登場
・キャストは伊藤健太郎さん
・母親を尊敬し性格は明るく優しい
・陶芸は好きだが仕事とするか悩む

そんな状況から考慮すると・・・

17週18週で予想される3つのポイント

 

『決着』・・・喜美子、八郎、三津の三角関係の決着

 

『挑戦』・・・穴窯完成、古信楽の再現へ挑む

 

『武志』・・・成長した武志の進路

17週は、壮絶な展開になるのかもしれません。

ドロドロの三角関係に、決着が着くと予測します(離婚、八郎退場か!?)

そして18週は、一転して希望に満ち溢れた展開です。

大人の武志が登場し、喜美子は気持ち新たに創作活動に取り組む(古信楽、親子陶芸)

時代背景は昭和50年前後、ヒロイン喜美子は40歳前後ではないかと予測します。

史実ネタバレ17週18週予測あらすじ

三角関係・・・

喜美子は、陶芸家として着々と実績を重ねています。

しかし、夫・八郎は、喜美子の才能にますます嫉妬するようになりました。

さらに、弟子・三津との関係を深め、喜美子に辛く当たります。

喜美子は、三角関係に悩み、精神的に追い込まれていきます。

創作活動もままなりません。

そんな喜美子を心配し支えるのは、息子・武志をはじめとした家族でした・・・

決着・・・

喜美子は、武志から勇気をもらうと、離婚を決意しました。

本音をぶつけ合った末、喜美子と八郎は別れることを決めたのでした・・・

穴窯が完成・・・

中学生の頃に拾った、室町時代の焼き物の『かけら』の色を再現しようとしていた喜美子。

それを可能にする、古代式の穴窯がやっと完成しました。

喜美子は八郎との日々を忘れるために、自らの信楽焼を創り出すことに命を注ぐのでした・・・

数年後・・・

中学卒業を控える武志は、進路をどうするか悩んでいました。

幼い頃から陶芸に親しんでいますが、将来の仕事にすることには迷っていました。

しかし、母・喜美子の陶芸に向き合う姿を見ているうちに心を動かされます。

武志も、陶芸の道を目指すことにするのでした・・・

 

スポンサーリンク

【スカーレット】ネタバレ17週18週|史実ネタバレ予測まとめ

史実をもとに予想した、ネタバレ17週18週の予告編でした。

あくまで予想ですので、本編ではもっと劇的な展開になることは間違いないでしょう。

しかし、本当に不倫から離婚という流れになるのでしょうか?いささか懐疑的です。

Landスタッフ一同は、もっと別の展開が待っていることを期待してやみません。

『スカーレット』の脚本を担当する水橋文美江さんのインタビュー記事によれば、「不快な人間はひとりも出てこない」、「あり得ないようなあざといシーンも無い」と断言しています。

そのため、史実を基にした『ドロドロ不倫離婚』という可能性は低いのかもしれませんね。

とは言え、17週18週は大きな展開となることは間違いないようですね。

そして、最終150話まで、ずっと目が離せそうにありませんね♪

サクラです

【スカーレット】喜美子と八郎はどうなる?・・・
史実から予測した17週18週ネタバレ予測でした~♬

正式な17週18週ネタバレは、情報入手次第公開させていただきます。

【追記】◆【スカーレット】ネタバレ17週はコチラ▶

◆夫・八郎のモデル・易久さんの驚愕プロフはコチラ▶

◆息子・武志のモデル・賢一さんの壮絶プロフはコチラ▶

◀16週
各話ネタバレはこちら

スポンサーリンク