「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレ14週80話|信作の鋭いツッコミに喜美子と八郎は?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年1月7
日(火)放送
スカーレット第14週テーマ
「新しい風が吹いて」

【スカーレットネタバレ14週80話|あらすじを最終話までお届け!

かわはら工房にて・・・ 

役場に勤める信作が、八郎をたずねてきました。

八郎には先客がいました。

問題の弟子を紹介した『窯業研究所』の所長・柴田です。

八郎からの話で、弟子を辞めさせることに理解を示した柴田は、銀座で開催する個展に集中しろと八郎を激励します。

そして、『目玉になる新作』は出来たかと問うと、イメージを一新するような芸術作品が欲しいと美術商の佐久間氏も言っていたと告げます。

さらに、他の陶芸家たちの妻の立ち居振る舞いを引き合いに出すと、喜美子に「川原八郎の奥さんやいう自覚、忘れんといてや」と、改めて忠告するのでした。

奥で待っていた信作が、その言葉に苦い表情を浮かべます。

柴田が帰った後・・・ 

柴田を見送ると、八郎は『目玉になる新作』や『イメージを一新するような芸術作品』のプレッシャーに顔を引きつらせうつむくのでした。

重い空気の中、奥にいた信作は八郎の前に立つと、今年の『火まつり』に参加してほしいと相談に来たのでした。

今や、信楽の名士となった八郎のスケジュールを確保するために、役場も必死です。

そして、信作は、近頃八郎が一緒に飲みにいかない不満を口にし、以前は『あかまつ』でよく飲んだことを持ち出しました。

「あっ」

すると喜美子が、『あかまつ』の言葉に反応します。

「何か言いたくて来たんやろ?」

喜美子は、信作と三女・百合子が『あかまつ』で親密にしていると聞いていたため、信作を問い詰めます。

それを知った八郎も、『いい報告』ではないかと胸を膨らませます。

 信作の苦言・・・ 

しかし、信作が口にしたことは違いました。

喜美子と八郎をずっと見てきた信作は、八郎が金賞を受賞して有名になってから、八郎の支援に徹する喜美子に不満を抱いていました。

「もうここは『かわはら工房』やない、『八郎工房』になってもうてるわ!」

信作の言葉を、「もうええねん、うちはかまへんねん」と喜美子が遮ります。

信作は、そのうち喜美子が爆発すると予告すると「今の喜美子は、喜美子やないねん!」と言い放ちました。

喜美子は、信作の的を得た発言を打ち消すように、烈火のごとく反論します。

すると信作が、「無理してたらあかんちゅう話を、百合子と心配してた」と明かしました。

信作と百合子が交際していないとわかった喜美子は、恥ずかしさを隠すように信作を追い返すのでした・・・

夜の工房にて・・・ 

八郎が、喜美子の作品を『次世代展』に応募しようと提案しました。

新しい賞のため、女性陶芸家でも受け入れてくれると期待を込めます。

「金賞を取ってから喜美子は僕のことばっかり優先している」もっと自分の世界を広げて、やりたいことをやったらいいと助言しました。

そして、釉薬の調合のことももっと勉強したはずだと言います。

すると、喜美子は釉薬の複雑な調合割合をスラスラと口にすると、「ハチさんに追いつきたかったから」と、密かに猛勉強していたことを明かしました。

「驚いた・・・すごいな・・・さすがや、大したもんや」

八郎は感心すると同時に、複雑な表情を浮かべるのでした・・・つづく

◆信作役・林遣都さんのプロフ▶

◆ネタバレ注意!主要キャストのモデル達▶

 

スポンサーリンク

【スカーレットネタバレ14週80話|感想を最終話まで!

◀79話 |81話▶

信様のツッコミにタジタジ・・・

幼なじみで親友だからこそ、耳の痛い話も言える素敵な関係ですね。

そういえば、喜美ちゃんが信楽に帰郷するきっかけとなった川原家の困窮を打ち明けてくれたのは信様でした。

絵付けを始めるきっかけも、八郎さんと距離を縮めるきっかけも、常治父さんと最後のひと時も、常に信様が絡んでいますよね。

信様は照ちゃん同様に、喜美ちゃんの進むべき道に導くような存在だと、改めて実感させてもらいました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿

ここ最近の喜美ちゃんは、八郎さんを支える健気な妻でしたが、ちょっと違和感を感じます。

柴田所長や美術商の佐久間さんは、喜美ちゃんを『川原八郎の妻』としか見ていなさそうで、プレッシャーも相当なものかもしれません。

八郎さんだけでなく喜美ちゃんも、がんじがらめです。

そんな厳しい環境の中でも、自分の好きな事を見失わない喜美ちゃんの強さに感動です。

八郎さんは、知らないとところで努力している喜美ちゃんのことを嬉しく感じる一方で、怖いものを見るような目で見つめていました。

天才肌の喜美ちゃんの才能に、恐怖を感じたのかもしれません。

夫婦関係に変化が起きるのかも・・・

喜美子のモデル・陶芸家 神山清子さん

ところで、今日のオープニングのクレジットに中に『喜美子陶芸作品・神山清子』とありました。

八郎さんが提案した『次世代展』に出そうとした作品は、喜美ちゃんのモデルとなった神山清子さんの作品だったのですね。

そういえば、13週78話で喜美ちゃんが緑色の皿を作りましたが、その際にも『陶芸指導・神山清子』とありましたね。

さて、いよいよ明日は、黒島結菜さんが演じる、ヒッピーファッションの松永三津が、1番さんと2番さんに連れられて登場です。

波乱含みの展開になりそうですよ♪

ではでは

◆スカーレットキャストはコチラ▶

◀79話 |81話▶

スポンサーリンク