「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ14週82話|川原家に泥棒!不器用な信作のやきもちの相手とは?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年1月9
日(木)放送
スカーレット第14週テーマ
「新しい風が吹いて」

【スカーレットネタバレ14週82話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

川原家の離れにて 

その夜、川原家に現れた不審者は、辞めさせた八郎の弟子たちでした。

雑用しかやらされていない事を逆恨みし、二人は喜美子と八郎の部屋に忍び込び込んだのです。

目的は、八郎が『釉薬の調合』を記録したノートを盗むことでした。

犯行を目にした弟子入り志願の松永三津は、大声を上げ二人を追いかけるのでした・・・

母屋にて・・・ 

警察騒ぎのため、『カフェ・サニー』に一時避難していた母・マツと息子・武志が帰宅。

二人を送り届けた信作に、三女・百合子が感謝します。

マツは、つい先ほど、大野夫妻に打ち明けられた言葉を思い出していました。

「百合ちゃんやったら大歓迎や!信作、結構その気やと思うんやわ」

マツは、信作と百合子の関係を、初めて意識し出すのでした・・・

信作と百合子 

武志を寝かしつけた、信作と百合子。

信作は、泥棒騒ぎを聞きつけて『あかまつ』で飲んでいた百合子を呼びに行った際に、百合子が『丸熊陶業』の津山や藤永と手の平を合わせて、親しそうに話していたことをとがめます。

百合子は、手の大きさを比べていただけだと笑いながら話します。

「ほかの男に触らせんなや・・・」

思いつめた表情の信作に、百合子は動揺するのでした・・・

工房にて・・・ 

八郎は辞めさせた弟子たちのことを考え、警察に被害届は出しませんでした。

喜美子は八郎の考えに理解を示しながらも「ほやけど、あのノートもう戻ってこうへんな・・・」と、肩を落とすのでした。

盗まれたのは、結婚前から夫婦の将来設計を書き溜めた『めおとノート』でした。

盗んだ弟子たちも「何やこのノート!」と、当てが外れたことだろうと八郎が笑います。

そこへ息を切らした三津が駆け込んで来ました。

「何やこのノート!」と、喜美子と八郎にノートを差し出しました。

三津も、八郎の『釉薬の調合記録』と思い、身を賭して奪い返してきたといいます。

ところがノートの中は、わけの分からない日記のようなものだったと落胆するのでした。

「このノートなほんま大事なノートやってん。ありがとう」

喜美子は三津に心から感謝するのでした・・・

八郎と三津・・・ 

「面白いですね」

喜美子がおにぎりを作るからと母屋に行っている間、三津は喜美子の作品を見とれていました。

新設の『次世代展』に応募しようとしていたが、喜美子は、新作で挑戦しようとしていると八郎は話します。

それを聞いた三津は、別れた恋人のヒロシの話をし出しました。

現在、『益子焼』を学んでいる元カレ・ヒロシは一年前の陶芸展で『奨励賞』を取っていて、ヒラメキ型の天才肌で喜美子と同じタイプだと言い出します。

いいものが出来ても執着せず「どんどん新しい作品を作っていきやがるんです!」と、憎しみと心残りの複雑な乙女心で熱弁するのでした。

しかし、八郎は「喜美子はちゃうで」と、言います。

八郎の横で新作を作ることで、行き詰っている八朗を励まそうとしているのだと喜美子の気づかいを語るのでした。

それを聞き三津が夫婦の絆に感心すると、八郎は「そら好きやからな」と、のろけます。

三津は、元カレ・ヒロシも励ましてくれたが、自分は八郎のような考えは持てなかったと言い、才能ある人との思いの差に耐え切れず別れたと明かします。

八郎は、あけすけに話す三津につられ、つい饒舌になるのでした・・・

つづく

◆2月登場!武志役の伊藤健太郎さんのプロフはコチラ▶

 

スポンサーリンク

【スカーレットネタバレ14週82話|感想を最終話まで!

◀81話 |83話▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

ヒロシです・・・

三津の元カレ・ヒロシのイメージ

三津さんの元カレ・ヒロシが気になりますよね♪

二人のことを整理するために、箇条書きにしてみますね。

◆ヒロシとは
・大阪出身、さそり座
・三津と同じ美術大学出身
・三津の影響で彫刻から陶芸に転身
・1年前に陶芸展で『奨励賞』受賞
・今は『益子焼』師匠の元で修行中
・ひらめき型の天才肌
・あっという間に技術を習得
・完成作品に執着しない
・次々に、軽々と新作を作る

◆三津のヒロシへの感情
・ヒロシとの才能の差に落ち込む
・できない自分に腹が立つ
・頑張れと言われて腹が立つ
・耐え切れなくなって別れた
・でも、会いたくて震えている
・陶芸と恋愛は別感情

三津さんが言う通り、ヒロシは喜美ちゃんと似たタイプのようですね。

そして、三津さんの感情は、八郎さんの胸の内を示しているようでした。

『スカーレット』の制作発表時の際のドラマ概要によれば、喜美ちゃんの作る作品や人柄に惹かれて、若い弟子たちが集ってくるとのことです。

喜美ちゃんは、その弟子たちを我が子同様に可愛がり、育てていきます。

一方で、彼らにも助けられていくようですよ。

今後、弟子入りする若者たちが、ドラマの鍵を握ると思われますので要チェックですね♪

ハチとミツが打ち解ける?

ハチとミツは近づけたらいけない気がします~♪

三津さんの「才能ある人は無意識に人を傷つけます」の一言にドキリとしました。

八郎さんも薄々と感じていたことを、三津さんがズバリと表現したような顔をしているように見えましたよね。

八郎さんも三津さんも間違いなく才能があるように感じますが、天才肌のクリエイターを前にすると、自信を失ってしまうのかもしれません。

喜美ちゃんも、ヒロシも、そんなことは少しも意識していないと思いますが、ハチミツコンビの嫉妬妄想がパワーを増しそうで心配です~(><)

そして、信様と百合子ちゃんの関係が進展です!

あの百合子ちゃんと信様が・・・現実味を帯びてくると感慨もひとしおですね。

両家の親も巻き込んで、新たなカップル誕生のカウントダウンが一気に進みそうな気配でワクワクします~♪

ではでは

◆加山番頭役のプリンプリン田中さんとは?▶

◀81話 |83話▶

スポンサーリンク