「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ16週93話|喜美子の心に炎を灯した富士川の言葉とは?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年1月22
日(水)放送
スカーレット第16週テーマ
「熱くなる瞬間」

【スカーレットネタバレ16週93話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

個展の下見を終えた八郎が、信楽に帰ってきました。

『サニー』にて・・・ 

途中『サニー』に立ち寄ると、そこである人物に遭遇します。

八郎は興奮しながら喜美子に電話をすると、すぐに来るように伝えるのでした。

喜美子が到着すると、なんと、そこには世界的芸術家のジョージ富士川がいたのでした。

ジョージは、『窯業研究所』所長の柴田と、打ち合わせのために信楽の来ていたのです。

喜美子も、ジョージとの再開に感激するのでした。

やがて創作論議を始めたジョージは、作品を作り終えるたびに全精力を使い果し、これで終わりにしたくなると明かします。

しかし、完成した瞬間に次の思いが湧いてくると言い胸を叩くと、「誰にでもあんねん、熱くなる瞬間!」と、熱弁をふるいます。

「あります!」喜美子も大きな声で同意しました。

するとジョージは思い出したように、以前工房で見た『古い焼き物のかけら』のことを口にするのでした・・・

工房にて・・・ 

「何や心ひかれるなあ、この色合い…」

ジョージは室町時代の『信楽焼のかけら』を手にすると、「芸術がここにも宿る!」と感激します。

柴田は、薪を焼いて出た灰によってこういう色合いを出すと言い、信楽の土に含まれる鉄分が影響していると解説します。

「信楽の土ならではの色合いや」と、ジョージが感動している横で、喜美子は、改めて『信楽焼のかけら』を見つめるのでした・・・

ジョージが帰ると・・・ 

「お帰りなさいませ!」弟子の三津が嬉しそうに八郎に声を掛けます。

八郎は銀座の様子を話し、三津みたいな子が歩いていたと報告します。

自分のことを東京でも思い出してくれたと思った三津は、再び嬉しそうに「お帰りなさいませ」と言ってはしゃぐのでした・・・

その夜・・・ 

喜美子は、八郎の居ない間に書き込んだ『めおとノート』を見せました。

「喜美子金賞受賞」や「結婚10年目の祝い」などを見た八郎は「ええなあ」と目を細めます。

八郎は、個展では、これまでの作品と和食器セットを並べるというプランを明かします。

そして、「やりたいようにやらしてもらう」と、リラックスした表情で言うのでした。

そんな八郎に、喜美子は昔の八郎の姿を重ね、笑みを浮かべるのでした。

東京と大阪で団地を見てきた八郎は、「あの明かりの向こうに、僕の作った和食器セットがあったら嬉しいなあ思て・・・」と思いを語ると「熱い瞬間や!」と口にしました。

そして、八郎は、芸術を極めるのは喜美子に任せたと告げるのでした。

その言葉に、喜美子はうつむきます。

八郎は喜美子に、今は何を思い描いているかと聞きます。

喜美子は、15歳の春にきれいな夕日の見える山中で見つけた『かけら』に頑張れと言われているようだと明かします。

そして、この色を出して「誰かのことを励ましてあげたい、頑張りぃ言うてあげたい・・・いつか叶えたいうちの夢や」と、微笑むのでした・・・

 

翌日のこと・・・ 

思わぬトラブルが起こりました。

工房の電気窯が壊れてしまったのでした・・・つづく

◆弟子と魅力的な師匠たちはコチラ▶

 

スポンサーリンク

【スカーレットネタバレ16週93話|感想を最終話まで!

◀92話 |94話▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

あります!熱くなる瞬間!

再びジョージさんから名言をいただきました♪

登場回数こそ少ないものの、毎回爪痕を残していくインパクト抜群のジョージさん。

「自由は不自由」「不自由の先に自由がある」に続いて「熱くなる瞬間」も、喜美ちゃんや八郎さんの心を揺さぶりました。

ドラマが折り返して後半になってから存在感を増す、滋賀県出身の西川貴教さん演じるジョージさん

次のどんな形で登場するのか楽しみです。

それにしても、『室町時代の信楽焼のかけら』の存在感も拡大中ですね。

『かけら』見たちや子さんは感心し、交際前の八郎さんがうっとり見とれるなど、これまで芸術に心がある人を魅了してきました。

喜美ちゃんが『かけら』に励ましてもらったように、今度は喜美ちゃんが作品を通して誰かを励ますとは素敵な夢ですよね♪

リサーチを終えた八郎さんも、晴れ晴れとした顔つきが印象的でした。

憑き物が落ちたようで、今までの暗い表情が何だったのかというほどの落差でしたよね。

この分でいくと、何か良い作品が出来上がりそうですね!

「やったるで~」とヤル気の炎を灯す二人に冷や水をかけるような『電気窯の終了のお知らせ』が、悲しいかぎりです・・・。

電気窯と武志くんのテレビ&グローブのために、クラウドファウンディングを立ち上げたくなります~♪

そうそう、ニンジン嫌いの武志くんですが、『多数決』によってニンジンでないことが確認させられましたね。

彼の試練は続きそうです♪

一方で、八郎さんが帰ってきて、ウキウキが止まらない様子の三津ちゃん。

昨日の92話をなぞるように「お帰りなさいませ」3回コースでした!

恐らく百合子ちゃんから「あんなあミッちゃん、幸せなことは3回言うんやで』と言われたのかも♪

そして明日は、懐かしの顔にお目にかかれそうです。

喜美ちゃんが、20数年ぶりに再会するのは誰でしょう・・・

ではでは

◀92話 |94話▶