「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ16週94話|どないしよ!ピンチの喜美子を救うのは誰?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年1月23
日(木)放送
スカーレット第16週テーマ
「熱くなる瞬間」

【スカーレットネタバレ16週94話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

ピンチが訪れる・・・

「どないしよ!」喜美子が焦ります。

修理しながら何とか使い続けていた『電気窯』が、遂に故障してしまったのです。

橘ひろ恵から依頼されている、引き出物用の小皿200枚の納品期日が迫っています。

喜美子はピンチを迎えるのでした・・・

『丸熊陶業』にて・・・

喜美子はどうやって小皿を焼き上げるか、あれこれ考えを巡らせます。

幼なじみの照子と敏春夫妻の好意により、喜美子のかつての勤務先『丸熊陶業』の窯で小皿を焼いてもらえることになるのでした・・・

喜美子の新たな夢・・・

ジョージ富士川に再会したことで、喜美子は新たな夢を抱いていました。

それは、15歳の春に見つけた、室町時代『信楽焼きのかけら』の色を再現です。

八郎は、電気窯では再現できないと喜美子に告げます。

そして、火で焼き上げる、昔ながらの『穴窯』を開設することを勧めました。

穴窯に興味を持った喜美子は『窯業研究所』の所長・柴田にすぐさま相談。

すると、喜美子と縁のある人物を紹介されたので喜美子はとても驚きます。

その人物とは、小学生だった喜美子に、信楽の土を教えてくれた『丸熊陶業』の元陶工の慶乃川善(よしのかわぜん)だったのでした・・・

信作と百合子・・・

川原家に結婚の挨拶をする計画を練る三女・百合子と信作。

しかし、電気窯の故障による混乱などが重なり、なかなか良い機会がありません。

そんな中で二人は、電話越しに双方の思いを確かめ合うのでした・・・

◆慶乃川善役・村上ショージさんのプロフはコチラ▶ 

◆弟子と師匠の一覧はコチラ▶

 

【スカーレットネタバレ16週94話|感想を最終話まで!

◀93話 |95話▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

慶乃川さんが再び登場!

慶乃川善役のスベリ芸人・村上ショージさん

信楽に越してきたばかりの喜美ちゃんが、タヌキを追いかけて迷い込んだ山中で出会ったのは、土を掘っていた慶乃川さんでした。

陶芸の里である信楽の土の価値や、陶芸作品を喜美ちゃんに教えたのは慶乃川さんでしたよね。

慶乃川さんは、陶芸家はお金にならないから陶芸家になってはダメだと喜美ちゃんに教え、喜美ちゃんもしっかりと約束していました。

陶芸家になった喜美ちゃんに、慶乃川さんは何と言うのか楽しみですね♪

それと電気窯の故障で、『丸熊陶業』に助けてもらう喜美ちゃん!

久々に、番頭・加山ちゃんの嫌味が聞きたいので、登場を願わずにはいられません~♪

◆番頭の加山役・田中章さんのプロフはコチラ▶

◀93話 |95話▶

週間ネタバレ18週まで公開中!

スポンサーリンク