「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】キャスト信作とは|林遣都さんの家族や恋人・役どころを探ってみた!

『スカーレット』のヒロイン・川原喜美子の幼なじみ・信作。

演じるキャストは、ドラマの舞台・滋賀県出身の林遣都(はやしけんと)さんです。

結婚相手などの気になる役どころと、林遣都さんについてご紹介します。

スポンサーリンク

【スカーレット】キャスト信作の役どころとは!?

大野信作の役どころ
信作(しんさく)は、川原家と深い関わりを持つ大野家の一人息子。

ヒロイン喜美子の幼なじみ。

子どもの頃は気が弱く、引っ込み思案な性格でしたが、祖母の死をきっかけに死生観が変わり、外交的な性格に変わるよう意識するようになりました。

照子と共に喜美子のよき理解者であり、八郎とも親友です。

信楽町役場に勤務。

(第2週・中学時代から登場)

幼なじみで同級生の喜美子と照子とは、唯一気を許せる関係の信作。

幼少期を演じたのは中村謙心(なかむらけんしん)くん

お互いの父親同士の関係で、川原家の家族とも交流は深く、何かあるたびに川原家のために動きます。

また、喜美子と八郎の両方に、苦言を呈することのできる存在でもあります。

高校生の時に、大好きだった母方の祖母の死に立ち会い『死生観』が大きく変わります。

人は簡単に亡くなるのでせっかく生きてんのやったら、上も見たろと思ってから生き方をチェンジ。

それまでは、地面を横切るアリの行列をじっと見つめるおとなしい性格でしたが一変しました。

その後、女学生たちから「信様~」と、モテはやされるようになるのでした・・・

高校卒業後は信楽町役場に就職し、『火まつり』や『お見合い大作戦』を企画したりしています。

結婚願望が強いにも関わらず、優柔不断な性格が災いして、なかなか結婚に踏み切れません。

その容姿からか女性にはモテるため通算で10数人以上と交際しますが、前述の性格が影響し、最終的にはいつもフラれてばかりいます。

喜美子の末妹・百合子から「信にい」と慕われ、交流を深めていきます。

結婚相手は百合子だと確信した信作は、あの手この手でアプローチ。

その思いが通じ、二人は結婚を前提に交際がスタートします。

信作と百合子は、川原家に結婚の挨拶に行こうとしますが、そのたびに不運が重なり川原家に挨拶に行けない状態が続きます・・・(15週時点)

スポンサーリンク

【スカーレット】キャスト信作役|林遣都さんプロフ紹介

林遣都(はやしけんと)さんは、1990年(平成2年)12月6日生まれの29歳。

『スカーレット』の舞台・滋賀県出身で、大手芸能プロダクション『スターダストプロモーション』に所属。

所属事務所には、朝ドラ前作『なつぞら』でヒロイン・なつの兄・奥原咲太郎役の岡田将生(おかだまさき)さんや、次回作『エール』の古山裕一役で主演を務める窪田正孝(くぼたまさたか)さんなど、著名な方々が多数在籍しています。

林さんの芸能界入りのきっかけは、中学3年生時の修学旅行で立ち寄った渋谷駅のホームでのスカウトでした。

確かに、こんな風貌の中学生がいたら、どこにいても目立ちますよね。♬~

ティーン向け雑誌『ラブベリー』でのモデルを経て、2007年に、あさのあつこ作のベストセラー小説『バッテリー』の映画版(監督・滝田洋二郎)の主演で俳優デビュー。

デビュー作ながらその演技を絶賛され、数々の新人賞を獲得しました。

◆『バッテリー』での評価
・第31回 日本アカデミー賞 新人俳優賞
・第81回 キネマ旬報ベストテン 日本映画新人男優賞
・第22回 高崎映画祭 最優秀新人賞
・第17回 日本映画批評家大賞 最優秀新人賞

▼初々しいデビュー作


可愛い系のイケメンであるだけではなく、男優としても実力派で鳴らしていますよね。

几帳面なサラリーマン役や、気むずかしい警察官役、朝ドラ『べっぴんさん』(2016年下期)にもドラマー役で出演するなど、様々な役柄にチャレンジしています。

2018年には、話題の作品『おっさんずラブ』(テレビ朝日)の演技が評価され、第22回日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演男優賞を受賞しています。

記憶に新しいところでは、2019年放送のNHK大河ドラマ『いだてん』では、オリンピック選手の大横田勉役で活躍していますね。

これだけ色々な役を演じることができるのは、演技に対して非常にストイックで努力家であるがゆえのようです。

ご本人は、俳優として生き残るためには命を削りながら役に向き合う人」でなければならないと、語っています。

シリアスな役からコメディまで、どんな役にもなりきる変幻自在の林遣都さんは、ホントに観る人を魅了します。

今を時めく有望な若手俳優の一人として、今後も注目の的といえますね♪

▼人気バンドのMVでも活躍
Mr.Children『Your Song』


林遣都さんのプライベートは?家族は?恋人は?

林遣都さんプライベートなどに迫ってみましょう。

林遣都さんの家族は?学生時代は?

滋賀県大津市で生まれ育った林さんの家族構成は、ご両親と兄、妹の3人兄妹です。

ご両親が名付けた『遣都』という名前の由来は「遠い都へ出て何か大きいことを成し遂げるような立派な人物になってほしい」という思いが込められているとのことですよ。

お母さんは美人でハーフと間違われるほどだそうで、それは林さんのイケメン風貌にも表れているようですね。

小中学校時代は、泥まみれで白球を追う野球少年だったそうです。

新人賞を総なめにしたデビュー作『バッテリー』は、まさに、林さんのための作品に思えてきますね。

また、『大津市立打出中学校』では、英語で学年1位を取るほどの秀才

中学後半からはバンドを組み、私立『比叡山高校』の時は、軽音楽部でバンド活動にのめりこんだとのことです。

当時は地元の学校に通いながら、東京での芸能活動を行う生活にストレスがたまり、お母さんに辛くあたったこともあったそうですよ。

高校卒業時は、『バッテリー』からの付き合いのある滝田洋二郎監督に進路を相談し、役者に専念することにしたとのことです。

スポンサーリンク

◆林遣都さんの恋人の噂は?

今をときめく人気俳優だけに、相当にモテるようです。

噂になっただけでも、

朝ドラ前作『なつぞら』に出演した女優・北乃きいさん。

映画やテレビでひっぱりだこの人気女優・仲里依紗さん

朝ドラ『ウェルかめ』(2009年下期)ヒロインの女優・倉科カナさん。

朝ドラ『あさが来た』(2015年)ヒロインの女優・波瑠さん

『花子とアン』(2014年上期)など朝ドラ4作に出演した女優・中村ゆりさん。

朝ドラ『ひよっこ』(2017年上期)に出演した元AKB48・ぱるること島崎遥香さん。

など、名の知れた豪華な名前が並びます。

当然、ドラマプロモーションの一環とのお話もありますが、中には「本当では?」と噂になった方もいらっしゃいますね。

2020年1月現在は『フリー』のようですが・・・。

林遣都さんは、メディアのインタビューで「年上好き」「守ってあげたくなるような女性」「おてんばな女性に振り回されたい」など、様々な語録を残しています。

その時に応じて、理想のタイプが違うのかもしてませんね。

一方で噂によると、そのイケメンっぷりに対してちょっと残念な一面の報告が。

林さんは、掃除や整理整頓が苦手で、部屋に関してはズボラ男子全開なんだとか。

そんな話を聞くと、「お掃除手伝いましょうか」なんてつい女心をくすぐられてしまいますが、この風貌で、信作が時折見せる、あの『あまえ素振り』をやられたら、年上女子はもう『イチコロ』ですよね。

いずれにせよ、どんな方が林さんのハートを射止めるのか気になります~♡

◆林遣都さん似に賛否両論?

朝ドラ送りで人気の、NHK・高瀬耕造アナウンサーが、林さんに似ていると評判になっています。

林さんが出演したNHKの番組で、高瀬アナに似ていると言われると「年上の方に似てると言って頂けるのはうれしい」と、答えています。

高瀬アナも『おはよう日本』での朝ドラ送りで、林遣都さんが演じている信作の名を出して「親近感がわくんですよね」とコメントしていましたね。高瀬アナは、林さん似の噂に結構ご満悦のようでしたよ。

▼高瀬アナのコメントは下記で

林遣都さんの最近の出演経歴

NHK朝ドラは、『べっぴんさん』(2017年)河合二郎役、『スカーレット』(2019年)大野信作役で、2度目の出演です。

NHK大河ドラマは、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)大横田勉役で出演。

NHKドラマでは、『京都人の密かな愉しみ Blue 修業中』(2017-19年・BSプレミアム)若林ケント幸太郎 役。
『昔話法廷』(2018年・Eテレ)鎌田寛役、『家康、江戸を建てる後編』(2019年)中越与一郎役。
『マンゴーの樹の下で〜ルソン島、戦火の約束〜』(2019年)門井慎司役で出演。

TVドラマは、フジテレビ開局60周年特別企画『教場』(2020年・フジテレビ)平田和道役で出演。

映画は、『チェリーボーイズ』(2018年)主演・国森信一役、『野球部員、演劇の舞台に立つ!』(2018年)田川柾智役、『コーヒーが冷めないうちに』(2018年)賀田多五郎役、『ギャングース』(2018年)高田役、『劇場版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜』(2019年)牧凌太役で出演。

▼話題作で好演


スポンサーリンク

【スカーレット】キャスト信作役の林遣都さん|まとめ

映画、テレビ、舞台、CMなど幅広く活躍する林遣都(はやしけんと)さん。

抜群のルックスと、確かな演技力を兼ね備えた上、妥協のない役作りで評価を高めています。

どんな役でも見事になりきってしまう、実力派カメレオン俳優として、今後の飛躍がますます期待されそうですね♪

ではでは

◆信作の結婚相手?「百合子役・福田さん」のプロフはコチラ▶