「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ17週97話|三津が遂に!そして喜美子が震える衝撃とは?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年1月27
日(月)放送
スカーレット第17週テーマ
「涙のち晴れ」

【スカーレットネタバレ17週97話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

窯場にて・・・ 

寄り添って眠る八郎と三津を見て動揺した喜美子。

怒りと不安をぶつけるように窯に薪を入れ続けます。

しかし、初めての穴窯での作品作りは難航を極めていました。

3日で目標温度の1200度に達する見立てが、5日目になっても温度が上がりません。

なぜ温度が上がらないのかと考えを巡らせた喜美子。

ふと、幼い頃の『風呂焚き』を思い出します。そして、薪を細く割って窯に入れ始めました。

すると窯の温度は目標温度まで上がり、喜美子は安堵するのでした・・・

工房にて・・・ 

八郎への思いが募った三津が、寝ている八郎の顔に近づけた時に八郎が目覚めました。

バツが悪そうにしていた三津が八郎に謝ろうとすると、八郎は遮ります。

そして、大学生時代の卒業制作で仲間と雑魚寝をした思い出話をして、三津とは何事もなかったようにふる舞うのでした・・・

窯場にて・・・ 

確認に出てきた八郎に、喜美子は嬉しそうに「1200度いったで!」と報告しました。

喜美子は何事もなかったように、三津にも礼を言います。

そして『古い信楽焼のかけら』を手に取り「こういう色が出るはずや!」と、期待を込めると、窯が冷える4日後を楽しみにするのでした・・・

庭にて・・・ 

次女・直子の恋人・鮫島が『缶ぽっくり』の練習をしていました。

直子にプロポーズをしたものの、「缶ぽっくりもでない男が幸せにできるわけない!」と、断られたと言います。

その条件をクリアするために、早朝から川原家に助けを求めにやって来ていました。

武志の指導のおかげか、やがて鮫島は、缶ぽっくりにうまく乗れるようになったのでした・・・

朝食にて・・・ 

朝食を食べてからにしろと家族が忠告しますが、鮫島は「先言うてから」と皆を制します。

そして、電話の向こうの直子に「結婚しよう、幸せにするから」と口にすると、直子の理想とする喜美子と八郎のような夫婦になろうとプロポーズをするのでした。

皆が息をひそめて返事を見守ります。

「よっしゃ~」

鮫島の喜びの雄叫びが響くと、家族みんなが安堵し幸せな空気が食卓に広がりました。

一緒に喜ぶ三津ですが、なぜか複雑な思いに駆られるのでした・・・

三津の告白・・・ 

八郎への思いが募った三津は耐えきれなくなり、ついに決意を固めました。

そして、喜美子と八郎を前に、修行を辞めたいと申し出たのでした。

穴窯は時代に逆行していてついていけないと言うと、いずれ当たり前になる『食器洗い機』で洗える陶器を作りたいと、精一杯の言い訳をしました。

やがて、旅仕度をし出ていく三津に、八郎は餞別として『釉薬の配合』を記録した喜美子のノートを手渡します。

全部頭に入っているから「持っていき」と口にした喜美子は、大したことを教えられなかったことを詫び、陶芸を続けろとエールを送りました。

深々と頭を下げた三津は、初めて「男だったらよかった…」と、悩んだ末の思いを打ち明けると、涙をこらえながら『かわはら工房』を去っていくのでした・・・

窯場にて・・・ 

いよいよ穴窯から作品を取り出す日になりました。

柴田や美術商の佐久間が期待して見守る中、喜美子は緊張しながら窯の中に入りました。

しかし・・・

陶器は焼きが甘く、望んでいた色が出ていません。

初めての窯焚きは失敗に終わったのでした・・・

つづく

◆2月登場!大物女優「アンリ役」はあの人!▶

 

スポンサーリンク

【スカーレット】ネタバレ17週97話|感想を最終話まで!

◀96話 |98話▶

潔く身を引いた三津ちゃん・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿

天真爛漫で人懐こい性格の三津ちゃんが『かわはら工房』に弟子入りして以来、皆を魅了していました。

その一方で、八郎さんとの距離がどんどん近づき、視聴者の誰もが胸をザワつかせていましたよね。

そして寄り添って寝る姿とキス未遂で、その不安はMAXに・・・

でも、八郎さんの対応はとても紳士でしたね。

一方で二人を責めることはなかった喜美ちゃんですが、遺恨を残さないか心配になるところです。

ところで、三津ちゃんが漏らした「男だったら良かった・・・」はドキリとしました。

恋愛だけでなく修行のことも含めて深い意味を感じます。

どこかに三津ちゃんに合った修行先があるはずなので、ぜひ陶芸を続けてもらいたいですよね。

百合子ちゃんとの友情を続け、いつか再登場してもらいたいですね♪

鮫島っ~!

大阪の人通りの激しい場所でプロポーズするとは・・・

百合子ちゃんなら喜びそうですが、直子ちゃんの性格を考えたら逆鱗に触れるでしょう。

それにしても『缶ぽっくり』という条件が微笑ましい♪

ところで、直子ちゃんが喜美ちゃんの八郎さん夫婦を理想に思っていたとは嬉しい驚きでしたね。

正式に川原ファミリーの一員になった鮫ちゃんですが、直子ちゃんの尻にしかれながら、八郎さんのような良い夫になることを目指してもらいましょう。

さて、第17週は『涙のち晴れ』という意味深なテーマです。

涙はあまり見たくないので、カラっと晴れることを期待したいです~♪

ではでは

◆川原家の一員になった鮫島・Jr.正門良規さんのプロフはこちら▶

◆次は信作か?いつ挨拶するの?林遣都さんのプロフはこちら▶

◀96話 |98話▶

スポンサーリンク