「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ17週100話|喜美子の暴走が止まらない!親友照子も激怒!

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年1月30
日(木)放送
スカーレット第17週テーマ
「涙のち晴れ」

【スカーレットネタバレ17週100話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

川原家にて・・・ 

「何してんねん!」

幼なじみの照子が喜美子のところに怒鳴りこんできました。

八郎に頼まれ、息子・武志を預かっているという照子は「うちが育てた方が幸せや!」と言い放ちます。

そして、離婚という選択肢はないと、怒り心頭の形相で喜美子に迫るのでした。

さらに、今は喜美子が下がって「ハチさんを立ててやりぃ」と、懸命の説得をします。

すると、喜美子は照子だからこそ言える本音を口にするのでした。

今までやりたことがあれば、父・常治や夫・八郎にお願いして、ずっと許可を得ながら生きて来たと話します。

でもそれが必要なくなった今、「一人もええなあ・・・」と、喜美子はしみじみ思ってしまったと言います。

そんな胸中を明かすと、八郎がいない方がやりたいことがやれると言い、薪づくりに手を動かすのでした。

「あかん!目ぇ覚ませ喜美子!」と、照子は訴えますが、喜美子は聞き入れようとしないのでした・・・

母屋にて・・・ 

三女・百合子が、母・マツに、なぜ喜美子を止めないのかと聞きます。

「止めて元に戻るんやったら、止めてるわ…」

何事も納得できるまでやらないと気が済まないという、そんな喜美子の性分をマツは分かっていました。

そして、いつか成し遂げるのではと、心のどこかで信じようとしていたのでした。

そこに、「ただいま~!」と、喜美子が武志を連れ帰りました。

武志は「ぞうさん見に行くねん」と、嬉しそうに話します。

喜美子は、次の穴窯がうまくいったら武志を動物園に連れていき、八郎を迎えに行くと、マツと百合子に告げると、「任しとき!」と笑顔を作ってみせるのでした・・・

3回目の窯焚き 

しかし・・・

3回目の窯焚きも失敗でした。

呆然とする喜美子は、宝物の『古い信楽焼のかけら』を見つめると、自分の不甲斐なさに腹を立て『かけら』を地面に叩きつけようとしました。

その時、「お母ちゃん、ただいま」と、武志が帰ってきました。

今日は、武志の3年生2学期の終業式でした。

武志は、4と5だけの通信簿を喜美子に見せると、「穴窯に失敗した、お母ちゃんの通信簿は1やなあ」と笑います。

喜美子は、そんな武志の屈託のない笑顔に救われるのでした・・・

喜美子の部屋にて 

百合子が、八郎は役場の近くに住んでいて、武志は会いに行っていると喜美子に話します。

そして、穴窯を終えたのだから八郎に会いに行くよう促します。

喜美子は失敗したから「ハチさんには会えへんよ・・・」と、力なくうつむきました。

すると、重苦しい空気を一変するように百合子は「じゃ~ん!」と声を上げます。

そして、武志が行きたがっていた『大阪の動物園』の入場券2枚と武志のお小遣いを出しました。

それは、百合子と信作からのプレゼントでした。

「信楽以外の空気吸って、これからのこと考えてこい」という信作からの伝言を聞き、喜美子も笑顔を作る元気が湧くのでした・・・

大阪にて・・・ 

年末の大阪で『動物園』を楽しんだ喜美子と武志。

宿泊先のビルの部屋を訪ねると、懐かしい人が立っていました。

「あっ、ちや子さん!」

喜美子の顔に満面の笑顔が広がるのでした・・・つづく

◆八郎のモデル・易久さんが離婚した理由が残念~!▶

 

スポンサーリンク

【スカーレット】ネタバレ17週100話|感想を最終話まで!

◀99 |101話▶

陶芸の神様は、またも微笑まず・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝ドラ「スカーレット」(@scarlet_nhk)がシェアした投稿

誰に気遣うことのない自由を手に入れた喜美ちゃん。

成功したら八郎さんを迎えに行くと意気込んだものの、窯焚きは失敗。

喜美ちゃんの落ち込みようは相当なもので、大切な『かけら』を投げつけそうになった時は自暴自棄になりかけていましたよね。

そんな喜美ちゃんを見捨てずに救うのが、武志くんであり、照ちゃん、ポパイとオリーブ(信様と百合子ちゃん)たちなんですね。

彼らがいなければ、喜美ちゃんはどうなっていたか分からないほど荒れたのではないでしょうか。

ところで、昨日、八郎さんと武志くんが出て行った時に、二人はどこに行ったのかと心配していました。

親戚付き合いの『サニー』に避難というのは安易だと思い、大阪にいる八郎さんの姉・いつ子姉さんのところに行ったのかとも想像してみました。

とはいえ、武志君は小学生だから遠方に行くわけにもいきません。

八郎さんが武志くんを照ちゃんに預けたのは、完全に喜美ちゃんと離すことはせず、いつでも喜美ちゃんのもとに帰れるようにするという八郎さんの思いやりだったと信じたいですね。

武志くんの笑顔が印象的だった親子の大阪旅行

久しぶりに穴窯から頭を離せる気分転換になっているのではないでしょうか。

「人類の進歩と調和」をテーマに開催された、日本万国博覧会『大阪万博(EXPO’70)』(1970年3月15日~9月13日まで開催)まで「あと80日」のカウントダウン表示でしたね。

つまり、旅行日は昭和44年(1969年)12月25日(木)ということになります。

武志くんに、素敵なクリスマスプレゼントになりましたね♪

ちや子姉さんに会った時の喜美ちゃんの笑顔がなんともいえない良い表情でしたね。

今日は区切りの100話でした。全150話の2/3が終わりです。喜美ちゃんの復活できることを期待ですね。

そして明日は、懐かしいあの人が登場しますよ~♪

ではでは

◀99 |101話▶