おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ18週|借金まみれの喜美子!孤独で挑み続けた結果とは?

スカーレット第18週テーマ
「炎を信じて」

『スカーレット』ネタバレ18あらすじ予告|2月3日~2月8日

スポンサーリンク


週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

スカーレット・ネタバレ第18週のあらすじ予告

借金生活・・・

八郎が家を飛び出したことで、喜美子と八郎は別居生活を始めています。

覚悟を決めた喜美子は、借金をして薪を仕入れます。

工夫して臨んだ4回目、5回目、さらに6回目と失敗を繰り返します。

ようやく手応えをつかんだ喜美子ですが、7回目に挑む資金が足りません・・・

噂が広がる・・・

焼き物を作って収入を作りたくても、八郎と別居が噂となって、仕事の依頼が止まっていました。

すると、喜美子の状況を心配した『窯業研究所』の橘ひろ恵が、大口注文を紹介してくれたのでした・・・

心配したマツが・・・

母・マツは、忠告を無視してまで躍起になる喜美子を心配していました。

そして、誰か喜美子を説得できる人はいないものかと思案します。

「拝啓 草間様・・・」

マツは、事情を綴った手紙に手を合わせ、願うように投函するのでした・・・

しばらくすると・・・

信楽に草間がやって来ました。

喜美子は草間に『穴窯』の経緯や今後の計画について一気に打ち明けます。

聞いてもらえるだけで、喜美子は励まされているように感じまし・・・

八郎の思いに喜美子が・・・

7回目の窯焚きは2週間続けると知った八郎が、血相を変えて喜美子のもとにやって来ました。

しかし喜美子は、「うちは陶芸家になります!」と宣言し、窯焚きを決行するのでした・・・

7回目に挑む・・・

喜美子は自分を信じて、薪を入れ続けました。

窯焚きを終え、冷まし切った窯を開けて、恐る恐ると出来栄えを確かめます。

「これや!ついにできたで~!」

喜美子はついに、追い求めていた『自然釉』による古い信楽焼の緋色の再現に成功したのでした・・・

昭和53年(1978年)1月・・・

穴窯の成功から7年の月日が流れ、喜美子は40歳。

『女性陶芸家・川原喜美子』の名は広く知れ渡り、創作活動は順調です。

高校2年生になった武志の悩みは、将来の進路でした。

武志の思い・・・

ある時、喜美子と進路の話をしていた武志。

父・八郎への思いを口にして喜美子を、絶句させるのでした・・・

武志は京都の美術大学を受験すると喜美子に明かしました。

しかし、武志の志望校が八郎の出身校のため、喜美子の胸はざわつくのでした・・・

昭和54年(1979年)年3月

無事に合格した武志。

喜美子は、八郎が武志の相談に乗っていたことに薄々気付いていました。

武志は、八郎と会ったことや、現在の状況を明かします。

武志の嬉しそうな顔を見て、喜美子は大事なものを失ったと感じるのでした・・・つづく

◇各話・詳細ネタバレはコチラ▶

◆喜美子の作品に高値を付ける客・アンリとは?▶

 

スポンサーリンク

スカーレットネタバレ18週あらすじ予告・まとめ

『陶芸の神様』が微笑みました!

熱い思いを絶やすことなく燃やし続けた、思いが結実しましたね

反対の声にひるむことなく、「女の意地」を貫き続けることができるとは、さすがとしか言いようがありませんね♪

ただ、成功と引き換えに失ったものは非常に大きい様子です。

『多額の借金』と『愛すべき八郎さん』です。

借金は成功によって無事に返せるようですが、八郎さんは・・・

陶芸に邁進する喜美ちゃんの知らないところで、父と子の絆は育まれていました。

想像するだけで、涙がでそうです。

7年の変化は登場人物に大きな変化を起こしますね。

悲しいことも嬉しいことも、どんと受け止めたいと思います!

そしてお待ちかね、大人になった武志くんが登場!大人の武志は超イケメンですよ~♪

ではでは

◆スカーレットの個性派キャストの面々はコチラから▶

◀17週19週▶

ネタバレ17週18週【史実編】はコチラ▶

各話ネタバレはこちら