「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ20週|アンリと同居?喜美子が八郎に伝えた思いとは?

スカーレット第20週テーマ
「もういちど家族に」

『スカーレット』ネタバレ20あらすじ予告|2月17日~2月22日


週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

スカーレット・ネタバレ第20週のあらすじ予告

アンリと急接近・・・

喜美子と元女優のアンリは、喜美子の作品を縁に、不思議な友情を育んでいきます。

 

二人は、生きてきた環境も考え方も違いましたが、共に孤独感を抱えシンパシーを感じていました。

そんなある日の事、

お互い独り身の気軽さからか、どちらからともなく一緒に暮らそうという話になります。

アルコールの勢いもあって、意気投合した二人は、川原家で同居生活を始めるのでした・・・

アンリの提案・・・

「えっ?パリ?・・・」

喜美子は驚きの声を上げました。

アンリがフランスのパリに行こうと突然誘ってきたのでした。

喜美子が真意をたずねると・・・

『あかまつ』にて・・・

「おう、老けたな!」

4年ぶりに会った信作と八郎の話は弾みます。

常に川原家のことを気にかける信作が、八郎を呼び出した理由は他にありました。

同じ頃・・・

喜美子は『丸熊陶業』の照子と敏春夫妻から、高級な肉をもらいました。

「嬉しいわあ、みんなで食べへん?」

喜美子は、さっそく信作に連絡するのでした・・・

食事会にて・・・

「来たで~!」

信作が喜び勇んでやって来ました。

笑顔で出迎えた喜美子ですが、思わず目を見張ります。

信作の後ろから、八郎が遠慮気味に顔を出したからでした。

喜美子、アンリ、照子、信作、そして八郎の夕食会が始まりました。

微妙な雰囲気の中で・・・

『窯業研究所』にて・・・

陶芸修行中の武志は、尊敬する恩師・掛井から新人作家の登竜門『次世代展』への応募を勧められました。

かつて、喜美子も応募したことのあるコンテストです。

武志は興味を示すのでした・・・

夫婦の時間・・・

高級肉の食事会から数日後、八郎が再び川原家にやって来ました。

武志に会う約束をしたためですが、武志はまだ帰って来てません。

武志を待つ間、元夫婦はぎこちない時間を過ごすのでした・・・

父と子・・・

帰ってきた武志は、陶芸のことをはじめ様々な話を八郎にします。

八郎と武志は、父と子の楽しいひとときを過ごしました。

「じゃあ、そろそろ・・・」

帰り支度をしようとする八郎を武志は強引に引き止めます。

そしてこのまま、もとの家族のように暮らして行こうと八郎にすがるのでした。

突然の来訪者・・・

その時、思わぬ2人組がやって来ました。

それは、10数年前に八郎の弟子を辞めさせられた畑山と稲葉でした。

そして、二人が口にすることとは・・・

家族の食卓・・・

八郎との関係を考えていた喜美子。

「ハチさん、普通にせえへん?」

喜美子は八郎に、お互い過去のわだかまりは捨て、昔のように戻ろうと言いました。

ぎこちない素振りの喜美子と八郎でしたが、武志は嬉しそうにそれを見つめます。

そして、八郎も久しぶりに夕食の席に着くことにしました。

「おいしいな・・・」

誰からともなく、家族団欒のうれしい言葉が漏れるのでした・・・

◇各話・詳細ネタバレはコチラ▶

◆武志の恋人?松田るかさんとは?▶

 

スポンサーリンク

スカーレットネタバレ20あらすじ予告・まとめ

えっ!川原ファミリー再生!?

20週のテーマは『もういちど家族に』という幸福感に包まれるものです。

信様に呼び出された八郎さんですが、理由が気になるところですね。

そして、照ちゃんからの高級肉のギフト・・・。

喜美ちゃんを心配した信様と照ちゃんが仕組んだ、浅そうでいて深そうなシナリオがあるのかも。

もちろんシナリオライター・プロデューサーは照ちゃんです♪

このまま家族再生・夫婦再生の物語りになって欲しい!という願望は高まりますがどうなるのでしょうか。

八郎役の松下洸平さんは1月末のインタビューで、今後のドラマの展開について「ひと筋縄ではいかないストーリー。夫婦には色々な形がある」と、答えていました。

◆今後の家族のパターン
①再婚して、再び一緒に暮らす
②再婚はしないが、一緒に暮らす
③再婚も同居もしないが、時々交流
④実はハチさん、離婚届を出していなかった

『スカーレットファン』としては、どんでん返しの④を希望したいところですが、やっぱり③が有望なところでしょうね。

喜美ちゃんと八郎さんは共にクリエイターです。

喜美ちゃんは過去の作品に執着せずに次々と新しい作品を作っていく『ヒラメキ型の天才肌』。

そんな喜美ちゃんの「横にいるのはしんどい」と言った八郎さんは、誰かが喜ぶための作品をじっくりコツコツと作るタイプです。

穴窯の一件で決裂した当時の二人は30歳そこそこでした。

10数年がすぎて40歳を過ぎ、様々な経験や出会いなどを経て、気持ちの変化が起きていることは間違いないでしょうね。

そして10数年間も連絡は取っていませんでしたが、親として武志くんに愛情を注いできた同志という立場もありますよね。

家族で囲む食卓は、武志くんだけでなく、観ている私たちもニヤニヤしてしまいそうですね♪

そして、アンリさんです!

喜美ちゃんが『穴窯』で最初に焼いた作品が縁で、不思議な友情を深めていった喜美ちゃんとアンリさん。

アンリさんは、大久保さんやフカ先生の様に、喜美ちゃんに影響を与える存在と発表されています。

それにしても「同居?」「パリ?」と、予想をはるかに飛び越えた二人の接近度にビックリですよね。

家族再生の行方と同様、にアンリさんとの友情の行方も気になります。

陶芸修行中の武志くんの青春模様も楽しみですよね。

今週で8割を終えた『スカーレット』ですが、喜美ちゃんは『古い信楽焼の再現』という夢を叶えました。

そして『女性陶芸家の草分け』になりましたが、そこがゴールではありませんでしたね。

最終回までどうなるのか目が離せませんね♪

ではでは

◆照子の息子・竜也とは?▶

◆武志の主治医・吾郎ちゃんとは?▶

◀19週21週▶

各話ネタバレはこちら