「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ20週117話|アンリとパリ?喜美子の過去を知った武志は?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年2月19
日(水)放送
スカーレット第20週テーマ
「もういちど家族に」

【スカーレットネタバレ20週117話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

川原家にて・・・ 

自分の行く末を考える喜美子。

同居するアンリに、今までずっと家族を背負ってきたから、一人は寂しいのだろうかと相談します。

アンリは、家族は離れても家族、別れた八郎も含めて「みんな家族や」と微笑みます。

そして、離れて暮らす娘と孫から届いた誕生日プレゼント『還暦の衣装』を着ておどけるのでした・・・

工房にて・・・ 

喜美子はアンリに頼まれた花瓶のデザインを考えています。

一緒に居たアンリは、人生は一回だけだからもっと大事にしたいと言いました。

アンリは、自分の人生を豊かにするのは芸術だと口にし、「川原ちゃんの作品はな、うちの人生を豊かにしてくれるんやで」と思いを伝えます。

喜美子はそんな風に考えたことはなかったと明かすと、穴窯でうまく焼き上がるように「頑張りぃ」、うまく焼けたら「ありがとう」と、夢中でやってきた10数年だったとしみじみ振り返ります。

やがてデザインが出来上がると、それを見たアンリは「楽しみやなあ」と嬉しそうに微笑みます。

そして「それが完成したら終わりやな」と、言い出すのでした。

さらに、アンリはフランスのパリに行くと言い出し、喜美子をびっくりさせます。

その旅行は、美術館巡りをする「人生を豊かにする旅」だと言うと、「一緒に行くか?」と喜美子を誘います。

思いもよらない誘いに、喜美子は答えに詰まるのでした・・・

『窯業研究所』にて・・・ 

武志は、掛井先生から、腕試しにと新人作家の登竜門『次世代展』への応募を勧められました。

武志は試すような腕はないと躊躇すると、掛井は信楽に来てから手が止まっていると指摘します。

そして、作品が作れない理由は、著名な陶芸家の親を意識しての事かと気遣います。

武志は、そんなことはないと言うのでしたが・・・

ゲームセンターにて 

武志のアルバイト先に、親友の永山大輔と宝田学がやってきました。

今から、学が恋人を呼び出すことになっているといいます。

するとそこに現れたのは、窯業研究所の事務員・石井真奈でした。

武志は、真奈が学の恋人なのかと驚きます。

するとそこに、学が恋人を案内して連れてきました。

なんと、相手は大熊陶業の照子の次女で同級生だった、熊谷芽ぐみだったのでした。

中学時代の芽ぐみの先輩・真奈が、二人の縁を取り持っていたのでした・・・

川原家にて・・・ 

武志は照子の夫・敏春からの高級牛肉を食べに帰っていました。

早速、『次世代展』のことを母・喜美子に相談します。

喜美子は、昔応募したが「箸にも棒にも引っ掛からんかった」と、明かすと武志は「うそやん」と驚きます。

なぜなら、以前、父・八郎から『喜美子は最初から才能があった』と聞いていたからでした。

喜美子は金賞を狙おうと思ったこともあったが、穴窯に気持ちを持っていかれたと打ち明けます。

やがて、喜美子は先日八郎が川原家に来たことを武志に明かしました。

すると武志は、なぜ早く言わないのかと文句を言います。

「平気で会えるんやったら、言うてくれれば俺だって・・・」と、どれだけ気を遣ってきたことかと嘆くのでした。

喜美子は、武志がずっと父親に会いたかった事を、あらためて知ります。

そして、気付いてやれずにごめんと正直に謝るのでした・・・つづく

◆照子の息子・竜也役の福崎那由他さんとは?▶

 

スポンサーリンク

【スカーレット】ネタバレ20週117話|感想を最終話まで!

◀116話 |118話▶

大人になった芽ぐみちゃんが登場!

 

この投稿をInstagramで見る

 

村崎真彩(@maaya_murasaki)がシェアした投稿

◆本日登場の新キャスト
・熊谷家の二女・芽ぐみ役/村崎真彩(むらさきまあや)さん25歳

芽ぐみちゃんは、幼い頃に武志くんに「たけしいじめてええ?」と震えあがらせたり、小学生時代には女心を勉強するようにと少女マンガを渡すなど、照ちゃんのDNAを色濃く感じさせる存在でした。

まさか、米屋の宝田くんの彼女だったとはビックリ!

しかも、真奈ちゃんがテニス部の先輩で、キューピットだという意外な展開でしたね♪

これをきっかけに、グループ交際しながら、武志くんと真奈ちゃんの接近することを期待です。

ただし、交際を期待する一方で気になる点があります。

◆武志の交際が心配な理由
・父譲りの運動神経でテニスは危険
・彼女居ない歴=生きてきた年数
・真奈さんが中学の先輩だと知らなかった(女性に興味がない疑惑?)

イケメンなのに、恋愛偏差値は低そうな心配が・・・。大学生時代は、陶芸とバイトに明け暮れていたということが真面目さが明らかですね♪

1981年発売・マッチ4枚目シングル

ギンギラギンにさりげなく♪

武志くんのバイト先のゲームセンターのBGMは、ジャニーズの大御所『マッチさん』こと、近藤真彦さんの『ギンギラギンにさりげなく』でしたね。

このBGMがマッチするように、ゲームセンターには、ビリヤードやコインゲーム、ペプシ風の自動販売機など、当時の雰囲気なんでしょうね。

バンダナやケミカルウォッシュジーンズなど、’80sファッションもある意味で新鮮!

近所に住む、朝ドラ好きの親戚のおじちゃんが、泣いて喜びそうな小道具の数々です。

ところで、ゲームセンターの奥で寝ている店主らしき、おばちゃんのサングラスも気になります♪

武志くんの『気遣い』に気付いた喜美ちゃん!

この流れで、喜美ちゃんが八郎さんを呼ぶのか、それとも武志くんがせがむのでしょうか?

いずれにしても、『もういちど家族に』の20週後半がますます楽しみになりそうです♪

そもそも、こんな状況になったのは、アンリさんとの出会いが大きな要因と言えますよね。

喜美ちゃんはアンリさんから、今まで考えもしなかったことを学ぶ上、悩まずに今を正直に受入れろと言われて、自分の気持ちを整理していくのでしょうね。

アンリさんは、トンでも発言をする一方で、喜美ちゃんをふんわりと優しく包み込んでくれています。

喜美ちゃんにとっては、ちや子さんのように、姉のように感じる存在なのかもしれませんね。

さて、裕福なアンリさんは、お腹は満たされてきたけど、心は満たされていない様子です。

アンリさんが心を豊かにするためにパリに行ってしまうことで、フェードアウトになるの心配になります。

ここは、喜美ちゃんとアンリさんの『ドタバタ・パリの旅路』を見てみたいです~♪

ではでは

◆武志の恋人候補?石井真奈役・松田るかさんとは?▶

◀116話 |118話▶