おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【エール】朝ドラのモデルは古関裕而さん|窪田正孝が古山裕一として体現!

【エール】朝ドラの主人公のモデルは、昭和を代表する作曲家の古関裕而(こせきゆうじ)さんです。

時代のエールとなる曲をたくさん制作された名作曲家を、人気俳優の窪田正孝(くぼたまさたか)さんが体現します。

ここでは、【エール】朝ドラのモデル・古関裕而さんについてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

【エール】朝ドラのモデルは古関裕而さん|プロフィールを探る!

【エール】朝ドラのモデル・古関裕而(こせきゆうじ)さんに関して、その歴史をひも解いてみますね。

 裕福な呉服問屋に生まれた待望の男子

裕而さんが生まれたのは1909年(明治42年)8月11日。

本名は古関勇二(ゆうじ)さんです。

福島県の老舗呉服店『喜多三(きたさん)』の長男として生を受けました。

「喜多三」の店頭・使用人も大勢いました

父は三郎次(こせきさぶろうじ)さん、母はヒサさん。

両親にとってはようやく授かった子どもであるだけに、とても可愛がったのだとか。

音楽好きは父・三郎次さん譲り。

家には蓄音機があり、民謡などのほか『お伽歌劇(おとぎかげき)』と呼ばれる、おとぎ話を歌にしたものをよく聞いていたそうです。

母もおもちゃのピアノを買ってくれるなど、両親ともに裕而さんの音楽好きを育んでくれたのでした。

遠藤喜美治先生との出会い

裕而さんの才能を磨くきっかけとなったのは、小学校の担任の遠藤喜美治(えんどうきみじ)先生との出会いだったそうです。

「私の作曲の芽ばえには、この先生の影響が大きかった…」と、裕而さんは自伝で書いています。

さらに裕而さんは、当時、自分で好みの楽譜を買い集めるようになっていたそうです。

それをおもちゃのピアノで熱心に弾いたのだとか。

小学校を卒業するまでに、独学でほぼ楽譜が読めるようになっていたといいますから驚きです。

音楽が好きすぎて留年に

1922年(大正11年)、裕而さんが13歳の時、『福島商業学校(5年制)』に入学しました。

「末は音楽家」のつもりだった裕而さん。

本名の『勇治』では勇ましすぎると、その頃から『裕而』を名乗るようになったのだそうです。

当時、裕而さんはアマチュアバンド『福島ハーモニカ・ソサエティ』に参加しています。

また、同様にクラシック音楽にも興味を持つようになったそうです。

学校の機関誌に、裕而さんがこう投稿しています。

「音楽は理屈やお玉杓子(おたまじゃくし)で味えるものではない。静かに聴け、楽しく酔へそれが本当の音楽聴衆だ」

まだ10代半ばですよ、大人ですね~。

スポンサーリンク

【エール】朝ドラのモデルは古関裕而さん|作曲家としてスタート

卒業後、伯父・武藤茂平(むとうもへい)さんに誘われ『川俣銀行・かわまたぎんこう』(現在の東邦銀行川俣支店)に就職します。

川俣銀行入行当時の裕而さん

 川俣銀行での勤務と人生の転機

大きな転機となったのは銀行在籍中に、イギリスの音楽出版社のコンクールに応募したことでした。

応募した舞踊組曲『竹取物語』が入賞したのです。

そして、この入賞がもう一つ人生の大きな転機を呼び寄せます。

金子さんとの文通そして結婚

裕而さんの入賞は全国の新聞に載りました。

それに目にとめたのが、愛知県豊橋市に住んでいた内山金子(うちやまきんこ)さんでした。

金子さんが「入賞作品の楽譜が欲しい」という手紙を裕而さんに送ったことから、二人の文通が始まったのだそうです。

女学校時代の金子さん

二人の手紙が今でも残っています。

「昼、シャツの中に貴女の御写真を入れて、あせでよごれたのではないかと心配しつつそっと出して見ました。やさしい貴女のお姿、すこしもよごれては居ません。貴女は、いつまでもいつまでも美しいですね。御心(みこころ)まで美しい。そっと接吻(せっぷん)しました・・・」

きゃ~!裕而さんからの、この甘々な手紙といったら!

今時でもこんなラブレターには、ちょっとお目にかかれませんね。~♬

この文通をとおして、1930年(昭和5年)6月1日に結婚という形を迎えました。

裕而さん20歳、金子さん18歳のことでした。

結婚後、裕而さんはレコード会社『コロムビア』の専属作曲家となりました。

しかし、売れない時期が長く続き、危うくクビになりそうなときもあったそうです。

 

スポンサーリンク

【エール】朝ドラのモデルは古関裕而さん|第二次世界大戦と軍歌

第二次世界大戦中、裕而さんは軍歌で大ヒットを飛ばし、一躍有名人になりました。

軍歌の大ヒット

その一つが『露営の歌(ろえいのうた)』です。

戦争関係の番組などで、聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

「勝ってくるぞと勇ましく」という歌詞で有名な軍歌です。

▶美空ひばりさんバージョンです。

もう一つは『若鷲の歌(わかわしのうた)』です。

裕而さんは、曲作りのために茨城県の土浦にあった『霞ヶ浦(かすみがうら)航空隊』に体験入隊までし、制作にあたったといいます。

▶西郷輝彦さんバージョンです。

終戦後:平和と鎮魂の鐘

裕而さんは政府の命令で2度、戦争の最前線地域への視察と慰問に行っています。

「その時に戦争のむごたらしさ、悲惨さを、いやというほど思い知らされました・・・」と、裕而さんは後年語っていらっしゃいます。

裕而さんは戦後、原爆被害者を想う歌、『長崎の鐘』など数曲を作曲しています。

▶鮫島有美子さんバージョンです。

「あの歌を原爆で亡くなった方々や、戦時下で亡くなった大勢の人たちの霊を慰めるレクイエムのつもりで書いたんです」と、自伝の中でもおっしゃっています。

自分の作った軍歌で戦場に送り出された兵士たちを、慰問で見聞きした最前線の兵士達の凄惨な状況を、そして、戦争直後の荒れ果てた街を・・・

裕而さんの胸には、生涯、彼らへの鎮魂の鐘が鳴り響いていたのでしょう。

スポンサーリンク

【エール】朝ドラのモデルは古関裕而さん|東京オリンピック

裕而さんはスポーツの応援歌も多く作曲していますが、その中でもけして忘れてはいけない、最大の功績があります。

1964年(昭和39年)10月10日に開催された『オリンピック東京大会』での入場曲です。

1964年(昭和39年)第1回東京オリンピック・開会式

 『オリンピック・マーチ』日本的であり世界的な曲を!

大会組織委員会から依頼を受けた裕而さんは、とても喜んだそうです。

依頼内容には『日本的なもの』という指定があったのだそうです。

一方で、国際大会の行進曲にふさわしいものでなければなりません。

裕而さんは非常に苦心しつつも、怒濤のごとく作曲したのだとか。

「私にとって東京オリンピックにふさわしいマーチがどんどん浮かんでくる。私はひたすらこれを書き取った」と、裕而さんは後に自伝に記しています。

▶オリンピックマーチ


曲の最後には、国歌『君が代』のメロディの一部が入っているという仕掛け付きです。

『オリンピック・マーチ』高らかに鳴り響く

そして迎えた東京オリンピック大会開会式の当日、裕而さんも国立競技場にいました。

その日、「古関裕而・作曲」とのアナウンスと共に、『オリンピック・マーチ』が高らかに流れたのでした。

後に息子の正裕さんは、

「日本の戦後の復興の証しである、一大国家イベントに参加出来たということに、本人は誇りと満足感を抱いていた・・・」と、語っています。

その後の古関裕而さん

裕而さんの活躍の場はラジオ、舞台音楽や『モスラ』などの映画やテレビへと広がっていきました。

しかし、そんな中で1980年(昭和55年)7月23日、妻の金子さんが他界しました。

妻だけでなく、多くの音楽仲間達も続くように・・・

そして9年後、1989年8月18日、平成元年のことでした。

裕而さんも病を患い、金子さんの後を追いました。

享年80歳でした。

スポンサーリンク

【エール】朝ドラのモデルは古関裕而さん|窪田正孝が古山裕一として体現!|まとめ

【エール】朝ドラのモデル古関裕而(こせきゆうじ)さんの作曲家人生を見てまいりました。

その時代と共に、その時代の人々を勇気づける曲を作り続けた古関裕而さん。

ご紹介した以外にも、映画の主題歌や歌謡曲と多彩な名曲をたくさん作曲されています。

膨大な数に上る業績は、とてもとてもこのページだけではお伝えしきれません。

詳しくは、ご一緒にドラマで楽しみましょう~♬

◆モデルから知るドラマの背景はコチラ▶