「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】朝ドラのモデル母・まさ「菊池桃子」演|古関ヒサさんとは?

エール キャスト まさ 菊池桃子

朝ドラ『エール」。

主人公の古山裕一(こやまゆういち)は、数々の名曲を作った作曲家『古関裕而(こせきゆうじ)』さんがモデルとされています。

さて、裕一のモデルが古関裕而さんだとすれば、裕一の母『古山まさ』さんは、古関裕而さんの母『古関ヒサ』さんという事になります。

そのヒサさんとは、いったいどんな人だったのでしょうか。

スポンサーリンク

【エール】のモデル母・まさ「菊池桃子」演|古関ヒサさんのプロフィール

あの著名な作曲家、古関裕而さんを産み育てた古関ヒサさん。

一体どんな女性だったのでしょうか?

富裕な家に生まれたお嬢さま

古関ヒサさん、旧姓『武藤ヒサ』さんといいます。

福島の武藤家、武藤茂平(むとうもへい)さんの三女として生まれました。

武藤家は福島の大地主、資産家として知られていました。

自宅から見える土地は、全て自分の所有地だったというくらい裕福な家系でした。

裕福な呉服問屋に嫁ぐ

ヒサさんが嫁いだ先は、福島市の屈指の老舗呉服問屋である『喜多三(きたさん)』でした。

お相手は『喜多三』の跡継ぎ、古関三郎次(こせきさぶろうじ)さん。

つまり、古関裕而さんのお父さんですね。

二人の夫婦仲は良かったのですが、長い間なかなか子どもに恵まれなかったそうです。

老舗ですから、跡継ぎは必要です。

喜多三の店頭画像

あまりに長く子どもができないので、養子をもらおうか、という話もあった程でした。

そこへ、しかも待望の男子が生まれました。

この子どもが、裕而さんでした。

1909年(明治42年)8月11日のことでした。

待望の男児

やっと授かった子ども、しかも待望の男子とあって、両親は裕而さんをとても大切に育てたようです。

裕而さんも、特に母には強い想いがあったようで、自伝の最初に母の思い出を書いています。

「すべすべした母の背が、じかに胸や腹のあたりぬくもりを伝えてくる。(中略)やがて母は背からおろして、半てんをかけてくれる・・・」

優しい母との触れ合いが、ご自身70歳になっても、ふと昨日のことのようによみがえっていたようです。

 

スポンサーリンク

【エール】のモデル母・まさ「菊池桃子」演|息子の才能を信じて

裕而さんは、子供のころから、父・三郎次さんが蓄音機でかける様々な音楽を熱心に聴きます。

そして、叔母・三郎治の妹『古関マス』さんのところに行っては、マスさんがつま弾く三味線に聞きいっていたそうです。

 息子の音楽の才能を伸ばす

そんな、音楽に夢中な裕而さんを見て、ヒサさんはおもちゃのピアノを買ってあげたのだそうです。

おもちゃとはいえ、3オクターブもある、なかなか本格的なものだったようです。

当時のピアノ・イメージ

このピアノに、裕而さんは夢中になったと、後日ご本人が語っていています。

楽譜の読み方などは、このピアノで熱心に勉強したのだとか。

ヒサさんは、息子・裕而さんの好きなことを応援し、才能を伸ばしたのです。

裕而さんが小学校を卒業し『福島商業学校』に進学する頃、『喜多三』の縮小と倒産など、ヒサさんにとっては苦労が相次ぎました。

しかし、それでも高価な楽譜を買うなどして、音楽にはげむ息子を、黙って見守っていたようです。

息子の『親孝行』に喜ぶ

裕而さんが長年のスランプを脱し、1937年(昭和12年)に『露営の歌』をヒットさせたことは、母・ヒサさんの元にも届きました。

ヒサさんが送ってくれた手紙の内容を、息子の裕而さんが自伝に書きとめています。

「婦人会で出征兵士の見送りに行くと、お前の作った歌ばかり歌います。近所の人々も『息子さんの作った歌ですってねえ』と声をかけてくれたりして、何となく晴れがましい気持ちです」

この、言葉からもにじみ出す母の喜びに、裕而さんはやっと親孝行ができたと感じたのだそうです。

ひっそりとした晩年

このヒットからまもなくして、夫である三郎次さんが亡くなりました。

それ以後、ヒサさんは福島で女中と二人きり、ひっそりと暮らしていたそうです。

やがて、夫・三郎次さんが亡くなって6年後、1943年(昭和18年)中風で寝たきりになってしまっていました。

夫・三郎治の葬儀-前列左3人目・妻ヒサ/右・金子

そして、翌年の1944年(昭和19年)8月5日、ヒサさんは永眠します。

享年70歳のことでした。

その時、従軍慰問でベトナムのサイゴンにいた裕而さんは、どうすることもできませんでした。

ようやくヒサさんの葬儀が行われたのは、裕而さんが帰国した後のこと。

亡くなって1か月後のことでした。

スポンサーリンク

【エール】朝ドラのモデル母・まさ「菊池桃子」演|古関ヒサさんまとめ

古関裕而さんの母・古関ヒサさんの人生をたどってみました。

当時は音楽家や作曲家の地位も認知度も、まだまだ低かったようです。

そうした職業を目指すといえば、家族から猛反対を受けたり、親族から陰口をたたかれたりする時代だったようです。

そんな中、息子が音楽好きであることを知ったヒサさんは、無理に勉強をさせたり止めさせたりすることはなく、ピアノを与えるなどしてその『好き』をのばしたのです。

そんな、息子の才能を伸ばし最後まで信じていた母を、菊池桃子さんはどのように演じてくれるのでしょうか。

桃子さんファンとしても、とってもたのしみです~♬

◆モデルから知るドラマの背景はコチラ▶

 

スポンサーリンク