「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】朝ドラのモデル|藤堂清晴「森山直太朗」のモデルは誰?

 今回の朝ドラ「エール」の主人公、古山裕一(こやまゆういち)のモデルは作曲家「古関裕而(こせきゆうじ)」さんとされています。

登場人物の一人である「藤堂清晴(とうどうきよはる)」は、この古山裕一の小学校時代の音楽の先生です。

ドラマ上、裕一の才能をいち早く見抜いた人物として描かれています。

実は、古関裕而さんにも、まさにそんな「恩師」がいらっしゃいます。

小学校時代の音楽教師で、祐而さんの才能を伸ばしてくれた先生。

それが、「遠藤喜美治(えんどうきみじ)」さんです。

【エール】藤堂清晴(森山直太朗)のモデル遠藤喜美治さんのプロフィール

古関裕而さんの音楽の恩師、遠藤喜美治さんとはどんなひとなのでしょうか、早速ご紹介しますね。~♬

勉強熱心な子どもが教師になる

遠藤喜美治さんは、音楽とは無縁の農家に、1891年(明治24年)に生まれました。

実家が貧しかったこともあり、実家近くの要田小学校』(かなめたしょうがっこう、現在の田村市要田小学校)を卒業した後は、その学校の用務員として働いていたそうです。

しかし、ただそれだけで終わりませんでした。

当時、学校の先生になるためには『師範学校』を出なければなりませんでした。

ですがその余裕がなかった喜美治さんは、いったん『代用教員』となります。

代用教員』とは、『師範学校』を出ていなくても教員になれる制度のことです。

ただし、給与は正規の教員よりも安かったそうです。

そして、『代用教員』で生活費を稼ぎながら、国の『小学校教員検定』に合格します。

当時、先生になりたくとも学資がない人たちが、このルートで先生になっていました。

古関さんとの出会い型破りな音楽教師

晴れて正規の小学校教員となった喜美治さんは、『福島市師範付属小学校』に教師として就任します。

 喜美治さんは音楽教育に非常に熱心な方でした。

たとえば、生徒に自分で童謡を作詞作曲させていたといいます。

童謡の作り方と味ひ方』(山海堂出版部、1923)なんて本も出版しているんですよ。

古関裕而さんの小学校3年生から6年生の担任をしたのが、この喜美治さんでした。

作文の時間に生徒たちに童謡を作詞させ、音楽の時間にその優秀作品に曲を付けさせるなど、型破りな指導をしていたそうです。

生徒が作詞・作曲した曲を、生徒たちで歌ったというわけですね。

古関裕而さんとの校歌

裕而さんはのちに、様々な学校の校歌や応援歌の作曲をしています。

その他にも、戦争被害に遭ったこどものためのラジオドラマ『鐘の鳴る丘で音楽を担当しています。

こうしたことには、喜美治さんの影響があったのかもしれませんね。

ちなみに、1929年(昭和4年)には『森尋常小学校』(現在の福島市立大森小学校)の校歌を、作詞・喜美治さん、作曲・裕而さんの二人で作っています

これは裕而さんがまだ福島に居て『川俣銀行』に勤めていた時代のことでした。

スポンサーリンク

【エール】藤堂清晴のモデル遠藤喜美治さん|教育者としての人物像

喜美治さんは『福島市師範付属小学校』をあとにして他の地に赴任し、その小学校で教員をしながら、国語の教員免許も取得します。

 研究熱心な先生

喜美治さんは単に教員として働くだけではなく、研究熱心な先生だったようです。

例えば1942年(昭和17年)、当時の音楽教育雑誌『音楽教育』の4巻4号には「青年学校に於ける音楽的陶冶(とうや)」という論文を書いています。

音楽だけではなく、国語についても『現代に最も適した手紙の範例』(西沢福島支店 、1923年)という本も出版しています。

そのほかにも、漢文に関する論文なども書いていたようです。

とても勉強熱心な先生だったんですね。

上京し高等女学校の先生に

その後上京し、『忍岡高等女学校』(現在の東京都立忍岡高等学校)で教員をしながら、自ら塾を開いていました。

『忍岡高等女学校』での国語の教員としての経験から、遠藤喜美治編『女学生一年の作文』(西東出版部、1937年)も出版しています。

生徒達の作文を載せたこの本、現在では戦時中の女学生の様子をうかがえる貴重な資料の一つとなっています。

上京し、作曲家となった裕而さんとも交流があったようです。

自分がかつて卒業し勤務していた『要田小学校』から校歌の依頼を受けたとき、作曲を裕而さんに依頼しています。

この校歌、曲はそのままなのですが、残念なことに現在では歌詞は変わってしまっているそうです。

喜美治さんは1971年(昭和46年)3月、80歳で亡くなっています。

スポンサーリンク

【エール】藤堂清晴(森山直太朗)のモデル遠藤喜美治さん|まとめ

藤堂清晴のモデルであろう、遠藤喜美治さんの生涯についてまとめてみました。

とても研究心の熱い、努力家の先生だったようですね。

音楽の授業は生徒に作詞作曲させるなど、型破りではありましたが、まさにその型破りな授業が古関裕而さんを育てたといっても過言ではありません。

さて、ご本人が歌手である森山直太朗さん、どんな音楽の先生を演じてくれるのでしょうか、楽しみです~♬

◆モデルから知るドラマの背景はコチラ▶

 

スポンサーリンク