「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ22週127話|喜美子助けて~!泣きついた信作の頼みとは?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年3月2
日(月)放送
スカーレット第22週テーマ
「いとおしい時間」

【スカーレットネタバレ22週127話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 川原家にて・・・ 

昭和58年(1983年)8月。

喜美子が、新しい家族の関係を築こうと言ってから数か月。

時折、親子3人で食卓を囲んで交流を続けていました。

喜美子は、お金や時間にさほど追われることなく、穏やかな幸せの中にいたのでした・・・

工房にて・・・

役場の観光課長・信作が、喜美子に頼み事があると言いやって来ました。

部下の鳥居も一緒です。

しかし、工房には誰もいませんでした。

鳥居は、喜美子の作品を見て「地味やなあ・・・こんなん、どこがええんやろう」と、思ったことを口にします。

そこに、喜美子がお茶を運んできましたが、二人は喜美子に気づきません。

鳥居は、賞を取った陶芸家・黒川の息子がよかったと言い、会議の決定に納得がいかない様子です。

立ち聞きしてしまった喜美子ですが、何事もないように工房へと入ります。

大作戦・・・ 

信作の頼み事とは、『信楽ピーアール大作戦』でした。

焼き物の町・信楽を盛り上げるために、観光客向けの『一日陶芸体験教室』を開催して欲しいというものでした。

5軒の窯元に教室開催を頼んでいましたが、その中の1軒にトラブルが起きてしまい、代役として喜美子に依頼に来たのでした。

しかも、開催日は明日だといいます。

「どうか引き受けてくれんやろか」

信作と鳥居は深々と頭を下げました。

さすがの喜美子も明日と聞いて驚きますが、『信作の頼み』と受け止め、二つ返事で引き受けるのでした。

信作と二人・・・ 

鳥居が報告に帰った後、喜美子は信作から説明を受けました。

喜美子が代役を務める窯元は、かわいいティーカップを案内チラシに出して、女性客から人気だったと信作は話します。

ひとしきり考えた喜美子は、ティーカップの代わりに、女性受けする『絵付け小皿』をやろうと言い出します。

すると信作は、女性陶芸家・川原喜美子を紹介したいから、無理して合わせなくてもいいと言うのでした。

信作は、親友の喜美子に、客の機嫌をとるようなことをさせたくなかったのでした。

そして、信作は思い直したように「やっぱり理断ろう」とまで言い出します。

しかし喜美子は、「信作からの頼みごとを断るわけないやろ」と言い、引き受けるのでした・・・

窯業研究所にて・・・ 

武志は、この夏ずっと『亜鉛結晶釉』に取り組んでいます。

亜鉛結晶が、武志の『熱い瞬間』になっていました。

「器に雪を降らせたい、挑戦してみます!」

武志は、掛井先生に夢を明かすと、その完成に向けて試行錯誤を繰り返すのでした・・・

そんなある日・・・ 

制作に熱中する武志に、「うまいこと行ってるん?」と、事務員の石井真奈が飲み物を差し入れてくれました。

武志は礼を言いながら、思い出したように真奈に質問します。

「石井さんも、うまいこといってるん?」

武志は親友の大輔から、真奈と付き合っていると聞いていたのでした。

すると、真奈は武志をにらみつけると「川原君には絶対に言いません!」と言い放ち、逃げるように部屋を出て行くのでした。

武志は、真奈が不機嫌になった理由がさっぱりわかりませんでした。

やがて武志は気分転換にと立ち上がります。

すると、疲れからなのか、軽いめまいによろめいてしまうのでした・・・

夜の工房にて・・・ 

「明日はどんな人が来るんやろ」

喜美子は、陶芸教室を楽しみにしながら見本作品を作るのでした・・・つづく

◆武志の恋の行方?相手役を演じる松田るかさんとは▶

 

スポンサーリンク

【スカーレット】ネタバレ22週127話|感想を最終話まで!

◀126話 |128話▶

撮影クランクアップ!

上記は、戸田さんのインスタで公開されたクランクアップ時の様子です。

2019年4月から続いていた、ドラマの撮影が2月29日に終了しました。

ヒロインを務めた戸田恵梨香さん、「しあわせのかたち」は人それぞれで「喜美子が出すその答えを、楽しみに見てもらえたらいいなと思います」というコメントを発表しています。

戸田恵梨香さん、長い間、たいへんお疲れさまでした!

川原家に明るい笑い声!

前週の特別編を挟んで、本編が再開しました。

第20週で描かれた、喜美ちゃんとハチさんと武志くんの『新しい形の家族』は、着実に実現しているようで安心しました。

よそよそしさや、ぎこちなさは消え、すっかり幸せな家族。

武志くんが、子ども時に戻ったかのようにはしゃぐ姿に、ホッコリさせてもらいました。

形にこだわらず、心でつながる川原ファミリーは、たまに集まってたわいもない会話をして、再びそれぞれの生活に戻っていくスタイル。

今後も、この家族の交流を頻繁に描いてほしいと願うばかりです♪

武志くんの「熱い瞬間」スタート!

研究熱心なところは、『丸熊陶業』で熱心に取り組んでいた若き八郎さんを思い出しました。

両親のDNAを受け継いだ武志くんが、クリエイターとしての才能を開花し始めていきそうですね。

一方で、恋に鈍感な様子は、喜美ちゃんゆずりでしょうね♪

ところで、武志くんが不意によろめく姿に、思わずビクっとしてしまいました。単なる疲れだとよいのですが・・・

親友の絆は強い!

腐れ縁の親友であり、義姉弟の喜美ちゃんと信様。

信様が、アーティストの喜美子を尊重しようとする姿勢に感激です。あの絶妙な気遣い、優しさはどこで養われたのでしょうか。

対する喜美ちゃんも、信様の頼みを断るわけないとサラッと一言。

いつもは、軽口を叩きあうばかりですが、互いを大切に思う関係だと実感させられますよね。

◆本日登場の新キャスト
・信作の部下の鳥居役/山口勝成(やまぐちかつなり)さん28歳

そして、第22週のテーマは『いとおしい時間』です。

喜美ちゃんや武志くんが、どんな風に『いとおしい時間』を感じ過ごしていくのか楽しみです。

ただ・・・週の後半には、暗雲が立ち込めてきそうな情報が・・・

新生川原ファミリーを見守っていきたいと思います~♪

ではでは

◆暗雲とは?22週の週間予告はコチラ▶▶

◀126話 |128話▶

スポンサーリンク