「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ22週130話|武志に異変?いよいよあの予兆が現れたのか!

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年3月5
日(木)放送
スカーレット第22週テーマ
「いとおしい時間」

【スカーレットネタバレ22週130話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

川原家にて・・・ 

喜美子が、大きな買い物袋を抱えて帰宅すると、八郎が来ていました。

今日は、恒例となった『食事会』の日です。

喜美子は、陶芸教室や武志の作品完成のことなど、近況を八郎に報告をします。

そして、武志が体調を崩していたことも伝えます。

二人は、武志に「いっぱい食べさしたろ」と、意気込むのでした・・・

百合子の葛藤・・・ 

食事会に誘われた百合子が、次女の桃を連れてやって来ました。

長女の桜は、ピアノの塾をさぼったことを叱ったら、すねてしまったと言います。

途中で放り出すのは良くないと言う百合子は、ピアノだけでなく、そろばん、習字、さらに学習塾にも桜を通わせようとしていました。

黙って聞いていた喜美子が「自分からやりたい言うたん?」と質問しました。

言葉に窮した百合子は、習い事は大事だと言うと、「うちかて習いたかった」と本音を漏らします。

そして、「短大受験もしたかった。うちができひんかったこと、全部させてあげたい!」と、いうのでした。

妹の抑えてきた思いを知った喜美子は、「お母ちゃんに聞いてもえらいい」と言い、仏壇の前に百合子を連れて行きました。

母の笑顔の写真を見た百合子は「分かってるよ・・・何が大事か・・・」と、素直になります。

その時、「お母さん、お姉ちゃん来たよ!」と、桃の声が響きました。

信作に連れられた桜は、百合子の前で謝るとピアノを続けると言います。

すると百合子は、いつもの朗らかな笑顔で、嫌ならやめてもいい「桜の気持ちが大事」だと言い、叱ったことを謝るのでした・・・

食事会にて・・・ 

喜美子は、予定時間になっても現れない武志に電話しました。

武志は、恩師・掛井先生と友達が来ているので、食事会には行けないと伝えて電話を切ります。

事情を聞いた八郎は「まあ元気いうこっちゃ」と安心します。

しかし、そのあと武志は、一人ベッドで辛そうに横たわるのでした・・・

工房にて・・・ 

『陶芸教室』の初日を迎えました。

張り切る喜美子は、『サニー』の陽子ら3人の生徒に「ええ時間を過ごしましょう。宝物のなるような」と、思いを伝えます。

喜美子の新たな挑戦が始まったのでした・・・

母屋にて・・・ 

「いや~おもろかった」

陶芸教室が終わり、喜美子が独り言を言いながら母屋に戻ると、武志が来ていました。

武志は病院に行ってきたと言うので、喜美子は、また風邪をひいたのかと心配します。

「話あんねん…」

武志が神妙な顔つきで話を始めました。

前に風邪だと思って病院に行ったが、長引くために血液検査を勧められたと言います。

そして、検査の結果「白血球が、何や、あれや言うてた・・・」と、詳しく分からない様子です。

さらに、専門の医師を紹介すると言われたと明かし、一通の紹介状を喜美子の前に出しました。

紹介状のあて名は、滋賀県立中央病院の「第二内科 大崎茂義先生」と書いてありました。

喜美子は不安なまなざしで、その文字を見つめるのでした・・・つづく

◆喜美子はどうなる?モデル・神山清子さんの現在はコチラ▶

 

スポンサーリンク

【スカーレット】ネタバレ22週130話|感想を最終話まで!

◀129話 |131話▶

娘からの指摘は破壊力抜群!

かつてはモテ男だった信様ですが、娘ちゃんには・・・

◆大野家の娘
姉の桜役/東未結(あずまみう)ちゃん 10歳(劇団ひまわり所属)
妹の桃役/岡本望来(おかもとみく)ちゃん 8歳(ジョビィキッズ所属)

信様のニオイの原因は、加齢臭なのでしょうかね♪

信様のダメージは相当なものでしょうね。百合子ちゃんの「ええ匂いやで」のフォローが無ければ、人格崩壊したかもしれませんね、

それにしても、40代中盤を迎えた信様とハチさんは、すっかりとイイ感じの「おじさん」になっています。

ハチさんが、桃ちゃんと遊びに出る時の「ドッコイショ感」は、中年男性そのもの。

喜美ちゃんも老眼のような目つきをするようになりました。

なんの説明もがなくも、月日の流れをひしひしと感じさせてくれますね♪

今やから言うけど大会

百合子ちゃんのカミングアウトは、グサッと刺さりましたね。

いつも朗らかで癒しキャラの百合子ちゃんですが、我慢してきた思いを、娘に託していたのですね。

出来るものならやらせたいという考えは、自分ファーストの常治父さんではなく、マツ母さん譲りです。

仏壇の前で素直な気持ちに戻れるって素敵でした。

昨日の129話で、義母の陽子さんが「陶芸やりたい!本当はコーラスもやりたかった」に対して、百合子ちゃんが応援していましたが、自分と重ね合わせていたのでしょうね。

こんな展開になるとは、脚本の秀逸さにあらためて感動でした

幸せの絶頂から残酷な扉が開く・・・

「白血球の・・・」ついに武志くんの病気が発覚直前。

せっかく家族3人が再びつながり、充実した日々を過ごしていたのに、残酷すぎる展開です。

喜美ちゃんの『陶芸教室』、武志くんの『亜鉛結晶釉』は「熱くなる瞬間」はどうなるのでしょうか・・・。

本日は第130話、最終回まで残り20話。ますます目が離せません。

そして明日は、派手な衣装に身を包んだ直子ちゃんは久々に登場ですよ♪

ではでは

◆八郎のモデル・神山易久さんの現在とは?▶

◀129話 |131話▶

スポンサーリンク