「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ23週134話|武志が自分の病気を探る!喜美子の宣言とは?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年3月10
日(火)放送
スカーレット第23週テーマ
「揺るぎない強さ」

【スカーレットネタバレ23週134話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

工房にて・・・ 

喜美子は、年始の挨拶にやって来た後援会長の住田に、今年は『穴窯』での作品作りをやらないと伝えました。

驚く住田に、喜美子は、陶芸教室を始めたことと、穴窯は2週間も付きっ切りになるためだと言います。

そして、「稼がなあかん!展示会もしっかりやらせて頂きます」と言って住田を安心させました。

そこにやって来た照子は、喜美子と住田の話を黙って聞いています。

普段なら事情を探ってくる照子ですが、喜美子の計画変更のことには一切触れません。

照子は野菜を渡すと、「これでおいしいもんいっぱい作ったれ」と言うのでした。

武志のアパートにて・・・ 

日曜日。

武志が部屋を片付けています。

たこ焼きを焼かせたら信楽一だと自慢する『窯業研究所』の真奈が、部屋に来ることになっていたのでした。

そんななか、武志は急に激しいめまいに襲われます。

やがて真奈が食材を手にやってきますが、武志は体調不良を隠すため急用ができたと言い帰ってもらうのでした。

武志の不安・・・ 

武志は県立病院の大崎医師を訪ねました。

待合室に入ると、ちょうど大崎医師が急患の対応にやって来たところでした。

武志は、日曜だが話を聞いてもらえるかと大崎医師に聞きます。

大崎医師は、急患のあとで話を聞くと言い、武志に少し待つよう伝えるのでした。

夕方の工房にて・・・ 

喜美子が一人で作業していると、大崎医師が顔を出しました。

大崎医師は、武志が「聞きたいことがある」と言って病院へたずねてきたが、いつの間にかいなくなってしまったと言います。

そして、武志のアパートに電話しても出ないため、ここに来たと話すのでした。

「この仕事を長くやっていると、ほっとけない時があるんですよね…」

大崎医師は、長年の経験から、武志を心配して訪ねてくれたのでした。

喜美子はさっそく武志のアパートへ電話します。

すると、武志はアパートに戻っていました。

喜美子は、武志の元気な声を確認すると、大崎医師のことは伝えずに電話を切りました。

「何を聞きたかったんでしょうね・・・」と言う大崎医師の言葉に、喜美子は胸騒ぎを覚えるのでした。

武志のアパートにて・・・ 

真奈がたこ焼きを焼くのを、武志が見守っています。

武志は真奈に連絡し、『たこ焼きパーティー』を再開していたのでした。

そこに、武志のことを心配した喜美子がやって来ました。

初めての武志の部屋に、「おう!上がるで」と平静を装った喜美子ですが、部屋にいる真奈を見て驚きます。

武志が、真奈を「研究所で事務をやってはる・・・」と紹介すると、喜美子は挨拶もそこそこにあたふたと帰ろうとします。

そんな母・喜美子を武志は引き止めると、「一緒にたこ焼き食べようや」と誘うのでした。

たこ焼きを食べ終えると、真奈は、門限があると言って帰って行きます。

武志は喜美子に促されて、見送りに行くのでした。

喜美子がひとり・・・ 

喜美子は、初めて来た武志の部屋をあらためて見まわすと、机の上を見て普段の生活を思います。

そして、机に置かれた本の中から『家庭医学書』を見つけるのでした。

驚きながらもしおりを挟んだページを開いてみると『血液のがん』のページでした。

さらに、『慢性骨髄性白血病』の見出しに鉛筆でマークしてあるのを見つけるのでした。

武志は病名に気付いているのか・・・

喜美子の心はざわつくのでした。・・・つづく

◆もう恋人?真奈役・松田るかさんのプロフはこちら▶

◆次回作【エール】とは?ちょっと覗いてみる~▶

 

スポンサーリンク

【スカーレット】ネタバレ23週134話|感想を最終話まで!

◀133話 |135話▶

たこ焼き名人は喜美ちゃんだった・・・

自称「信楽一のたこ焼き娘」の真奈ちゃんでしたが、武志くんに近づくためのかささやかな嘘だったのかもしれませんね♪

お世辞にも、上手だとは言えない手つき。たこ焼きではなく、お好み焼きのような出来栄えでした。

真奈ちゃんは、喜美ちゃんに作り直されてもパクパク食べていたところから、メンタルは強いのかもしれません♪

一方で、喜美ちゃんは、武志くんと真奈ちゃんを前にアワアワ状態でした。

居場所に困り、挙句には「そういう時代?・・・時期?・・・世界?」と大混乱。

元々、恋愛にうとい喜美ちゃんですが、20年前からアップデートしていないようです♪

それでも、「お母ちゃんという生き物」ということはよく分かりますよね。

また、武志くんを支えるために、自分の仕事の予定を変更して備えるあたりは、まさに母親そのものでした。


武志くんは病名に気付いている?

史実によれば、武志くんのモデルとされる神山賢一さんも、告知される前に調べ尽くしていて、病気のことを把握していたそうです。

そのため、お母さんの清子さんから診断結果を知らされた時に、「やっぱりそうか」とつぶやいたそうそうです。

武志くんも、感づいていますね。

そして、明日135話では、いよいよ喜美ちゃんが武志くんに病名を告げます!

ところで喜美ちゃんは、照ちゃんにだけには、武志くんの病気を明かしているのかもしれませんね。

今後に影響しそうな安田親子が登場!

◆本日登場の新キャスト
・安田理香子役(母)/早織(さおり/旧名:小出早織)さん 31歳
・安田智也役(息子)/久保田直樹くん 年齢不明

安田親子は、武志くんが県立病院で出会った親子です。

登場シーンは一瞬で、武志くんと会話することもありませんでした。

ただし、この親子は来週の24週でも登場する予定です。

もしかすると、智也くんは、武志くんと同じ『白血病』を患っているかもしれません。

体調不良に苦しむ智也くんの表情を見つめた、武志くんの表情が印象的でした。

とにかく、この安田親子は覚えておくとよいかもしれませんよ♪

ではでは

◆武志のモデル・神山賢一さんの史実とは?

◀133話 |135話▶