おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ23週138話|八郎が信楽に戻る?武志の退院許可は出たが…

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年3月14
日(土)放送
スカーレット第23週テーマ
「揺るぎない強さ」

【スカーレットネタバレ23週138話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

川原家にて・・・ 

病院から帰宅した喜美子。

武志から渡された『ジョージ富士川の本』を開きました。

そこには、息子・武志の思いが書き綴られています。

喜美子は、武志が「みんなに会いたい、力もらいたい」と言った、その意味を知るのでした。

夜遅く・・・ 

突然、八郎がたずねて来ました。

八郎は「電話でもよかってんけど・・・」と前置きすると、会社を辞め信楽か病院の近くでアパートを借りて、武志を支えたいと言い出すのでした。

思いもよらない話に、喜美子は驚きます。

そこに、信作が駆け込んで来ました。

信作は、百合子から武志の病気のことを聞き出し、心配してやって来たのでした。

居間にて・・・ 

八郎は、よく考えた上での決断だとし「今まで通りで、おれるはずないやろ!」と、動転した口調で語ります。

喜美子は、自分も毎日葛藤していると打ち明けると、武志が父・八郎にも病気を明かしてもよいと言ったことを伝えました。

そして、喜美子は、武志が思いを書き込んだ『ジョージ富士川の本』を八郎の前に置きました。

八郎が本を開きます。

「今日が私の1日なら、私はいつもと変わらない1日を過ごすだろう」

さらにページを進めると、君と・・・のページ、友達と・・・のページ、母と・・・のページ、そして、

「今日が父の1日なら、父といつもと変わらない1日を過ごすだろう」と、綴られていました。

その情景を思い浮かべた八郎は、目がしらが熱くなります。

喜美子は、「武志はいつもと変わらん1日を望んでる」と言うと、八郎は武志の気持ちをしっかりと受け止めるのでした。

病室にて・・・ 

「ほんまか、あ~よかった」

武志から、来週には『通院治療』になると聞いた喜美子は喜びます。

やがて、退院を心待ちにする武志のもとに、照子の家族や、信作の家族など、多くの見舞客がやってきます。

そして、皆が一様に、武志に笑いと元気を届けてくれるのでした。

八郎が来た夜・・・ 

武志は、八郎を見送るためにベッドから立ち上がった途端、倒れてしまいました。

知らせを聞いた喜美子が病院に駆けつけると、八郎と真奈も居ました。

大崎医師は、微熱があり感染症の疑いあると告げます。

全員がマスクをした姿を見て、武志は「こんなんしてたら病人みたいや」と、おどけて見せますがみんなの心配は消えません。

やがて八郎は、武志と真奈を気遣い、喜美子を連れ病室を出るのでした。

真奈と二人・・・ 

真奈は、武志のことを気遣って筆談を始めました。

「逢いたかった」

あらためて真奈の思いを知った武志は、心が和らぐのでした。

そして、武志は『白血病』で治すのは難しい病気だと、真奈に打ち明けました。

武志の病状を知った真奈は、勇気づけようと武志の手を握ります。

二人は照れ笑いしながら見つめ合うのでした・・・

退院の日・・・ 

武志の病状はやがて落ち着き、退院することになりました。

これからは2週間に1度の通院治療です。

アパートは引き払い、川原家で生活を始めることになりました。

「ただいま!」

八郎に付き添われて、笑顔の武志が帰って来ました。

喜美子は武志が望んだように、いつも通りの母の顔で、息子・武志を迎えるのでした・・・つづく

◆【スカーレット】キャスト一覧・相関図はコチラ▶

◆次回作【エール】を覗いてみる▶

 

スポンサーリンク

【スカーレット】ネタバレ23週138話|感想を最終話まで!

◀137話 |139話▶

いつもと変わらない1日を過ごす・・・

武志くんが悩み苦しんだ末のたどり着いた答えは、川原家3人の『揺るぎない強さ』の源になりそうですね。

『新型コロナウイルス感染症』によって非日常が続いている状況だけに、いつもと変わらない1日のありがたさが身にみますよね。

さて、ジョージ富士川さんの絵本『TODAY IS』のイラストを描いたのは、イラストレーターの小澄源太(こすみげんた)さんです。

1974年生まれ・大阪出身の小澄さんは、広告や雑誌、音楽CDジャケットなどを手掛けるクリエイターです。

この絵本も、信楽太郎の『さいなら』と同じく発売を期待です♪

武志くんの病室は琵琶湖ビュー!

県立病院は、琵琶湖の湖畔に立っているということがわかりました。

信楽から琵琶湖までの距離は、最短でも約30kmはあるようです。

毎日通う喜美ちゃんも、きっと大変だったことでしょう。退院できて良かったですね。

初々しい二人のひととき・・・

武志くんと真奈ちゃんのシーンは、キュンキュンしてしまいましたね~♪

真奈ちゃんが筆談を始めたのは、「逢いたかった」と言葉に出すのが恥ずかしかったこともありそうですよね。

ところで、二人だけのシチュエーションを作ったのは、ハチさんでした。

鈍感な喜美ちゃんを連れ出してから、カーテンの影で声だけの夫婦漫才は面白かったですね♪

気になる来週予告の内容は・・・

何かひらめいたらしき武志くん!

ハチさんが鬼役になって豆の攻撃を受け、ちや子姉さんが喜美ちゃんを勇気づけるお言葉。

学くんと芽ぐみちゃんが結婚!? 喜美ちゃんが作品を全部売り払う? 大崎先生が謎のポーズ?

そして、素敵な紳士になった圭介さんと、グレイヘアのさださん

川原家での宴会中に直子ちゃんが吠えて、真奈ちゃんが賛同する?

穴窯を休んだはずの喜美ちゃんが、火が燃え盛る穴窯の前で「まだ諦めへんで」と誓う・・・

気になる映像が盛りだくさんの第24週は、『小さな希望を集めて』がテーマです。

小さな希望がたくさん集まって、大きな希望になり、奇跡を起きることを祈りたいです♪

ではでは

◆ドラマの結末は?24週25週【史実編】最終回はコチラ▶

◀137話 |139話▶