「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレあらすじ24週143話|29年ぶりに現れた旧友が川原一家を励ます!

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2020年3月20
日(金)放送
スカーレット第24週テーマ
「小さな希望を集めて」

【スカーレットネタバレ24週143話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 県立病院にて・・・ 

喜美子は、完成した絵皿をプレゼントするために、『白血病』で闘病中の理香子・智也親子のもとを訪ねました。

「ええお皿ですねぇ・・・」

看護やつれの理香子の顔にも、少しだけ明るさが戻ります。

その時でした。

智也の容態が、急変してしまいます。

理香子が取り乱す中、駆け付けた大崎医師が懸命に処置をします。

しかし、智也は亡くなってしまうのでした。

目の前で一部始終を見届けた喜美子は、大きなショックを受けるのでした。

川原家にて・・・ 

帰宅した喜美子は、智也のことを八郎に報告しました。

そして、今から武志を連れて病院に行くと言います。

すると、八郎は、『荒木さだ』という人から電話があったと報告しました。

喜美子は、思いもよらぬ名前を聞いて驚きます。

その時でした。

家の外から「喜美ちゃ~ん!」と叫ぶ、懐かしい声が聞こえてきました。

やって来たのは、喜美子が中学卒業後に女中をしていた、『荒木荘』のオーナー・荒木さだと、住人の酒田圭介でした。

母屋にて・・・ 

さだと圭介は、喜美子を励ましに来てくれたのでした。

「ちゃんとしたええ子やな」

さだは、初めて会った武志に目を細めます。

武志は挨拶を済ませると、作品作りの続きをすると言い工房へと戻りました。

さだは、京都の服飾専門学校の会長を引退して、今は顧問をしていました。

そして、小児科医になった圭介は、和歌山の大病院で小児科部長をしてるといいます。

二人は、ちや子から喜美子の近況を聞き、ドナー探しに苦労していることも聞いたと明かします。

八郎は、ドナーは見つからないものかと医師の圭介にたずねます。

「難しいですね・・・」と、圭介は視線を落とします。

しかし、慰めに聞こえるかも知れないがと前置きすると、治療法も治療薬も進歩していると伝えます。

そして、きっと『白血病』が治る日が来ると言い、喜美子と八郎を勇気づけるのでした。

「圭介さんに言われると元気が出ます。ありがとうございます」

喜美子は、圭介の言葉に救われるのでした。

工房にて・・・ 

さだと圭介を見送った喜美子は、武志のいる工房へと向かいました。

喜美子は、智也が亡くなったことを武志に告げ、病院に行こうと誘います。

一瞬戸惑いを見せた武志でしたが、智也との約束を守るために、作品が出来てからだと答えるのでした。

そして、「智也のお母ちゃんに見せに行くわ!」と言い、平静を装い作品作りに取り掛かります。

父・八郎には、その感情を押さえた武志の姿が痛々しく、一人うなだれます。

そんな八郎を見た武志と喜美子は、「沈むな、上がってこい」と言い、陽気に振る舞います。

そして、智也の死を受入れ、前向きに進もうとするのでした。

これが5月のことでした。

夏・・・   

武志は今もアルバイトをしながら、作品作りを続けていました。

やがて、体力の衰えからアルバイトの出勤は週1回4時間だけでしたが、辞めずに続けるのでした。

そんなところに親友の学と同級生の芽ぐみがやってきました。

そして、二人の結婚式の案内状を武志に渡すのでした。

秋・・・   

喜美子が『窯焚き』の準備をしています。

武志は、アルバイトに行くと言い出かけます。

「楽しんでな、あんま無理せんと…」

喜美子は、アルバイトに向かう武志を、見送るのでした・・・つづく

 

スポンサーリンク

【スカーレット】ネタバレ24週143話|感想を最終話まで!

◀142話 |144話▶

週間ネタバレ最終回25週まで公開中!

歳を重ねた3人が、29年ぶりに再会♪

智也くんの死に立ち会って打ちひしがれていた喜美ちゃん。

そのタイミングで現れたのは、『荒木荘』のさださんと圭介さんでした。

なんと素晴らしいタイミング!

さださんの登場は、喜美ちゃんが『荒木荘』を卒業した第6週以来です。

相変わらずのチャーミングでマシンガントークも健在でした。

華やかで上品なワンピース姿と、美しいグレイヘア。

さすがは都会育ちのデザイナーで、素敵なシニアになっていましたよね。

『スカーレット』に登場した女性キャラクターの中で、最もスタイリッシュだったと思います!

喜美ちゃんは、さださんから元気をたくさんもらったことでしょう♪

喜美ちゃんの初恋の相手だった圭介さんは、第5週以来の登場でした。

恋人の泉田あき子さんの尻に敷かれて『荒木荘』から引越した以来です。

圭介さんとあき子さんの恋の行方は、あの後にすぐ別れたという拍子抜けするものでした。

さださんが途中で飛ばしてしまった『別れ話』を、もっと聞きたかったですね♪

あき子さんと別れた圭介さんが、もし『荒木荘』に戻ってきていれば、喜美ちゃんの人生も川原家の歴史も変わっていたことでしょう。

人の人生はいつどうなるか分からないと改めて実感しますよね。

それにしても、愛すべきポンコツ「い・が・く・せ・い」だった圭介さんが、今や大病院の小児科部長さんとはビックリです。

しかも心の温かい先生のようで安心しました。圭介さんの言葉は、現代の医学の状況と照らし合わせると、うなづくばかりのことでした。

『白血病』の治療も、骨髄バンクや特効薬によって、救われる命も増えていますものね。

きっと、喜美ちゃんとハチさんと武志くんに、小さいけれど大きな希望を残していったはずですね!

さて、今日は春のお彼岸の中日です。お彼岸といえば『おはぎ』ですね。

喜美ちゃんのほろ苦く甘酸っぱい初恋を思い出しながら、『おはぎ』を食べてみようかな~♪

ではでは

◆荒木荘住人のプロフはこちら▶

◀142話 |144話▶

週間ネタバレ最終回25週まで公開中!

スポンサーリンク