「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ1週|福島と豊橋でそれぞれの花が芽吹きます!

エールネタバレあらすじ1週
「初めてのエール」

『エール』ネタバレあらすじ1予告|3月30日~4月3日

 

スポンサーリンク

週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

エール・ネタバレあらすじ第1週の予告

昭和39年(1964年)10月10日

国立競技場では、まもなく『東京オリンピック』の開会式が始まろうとしています。

しかし、開会式の音楽を担当した古山裕一は、緊張のあまり姿を消してしまいました。

妻の音は必死に捜しまり、ようやく裕一を見つけると、大丈夫と励ますのでした。

明治42年(1909年)福島

遡ること55年。

福島の老舗呉服店『喜多一(きたいち)』に、待望の跡取り息子・裕一(ゆういち)が誕生しました。

父は四代目店主の古山三郎(こやまさぶろう)、母はまさです。

内気で心優しい少年に育った裕一は、ある日、蓄音機から流れる音楽に心を奪われるのでした・・・

恩師との出会い・・・

10歳になった裕一は、弱気な性格が災いし、いつも同級生にいじめられていました。

ある日、藤堂清晴(とうどうきよはる)という教師が、裕一のクラス担任になりました。

藤堂先生は、同級生にからかわれる裕一に言葉を掛けます。

「人と比べて変わっていても、気にしなくていいんだよ」

藤堂先生の励ましは、裕一の心に強く響くのでした・・・

はじめてのエール・・・

運動が苦手な裕一は、『運動会』の徒競走で転倒してしまいました。

立ち上がろうとする気力を失いかけたその時、どこからともなくハーモニカの音色が聴こえてきます。

その音色は、裕一に勇気を与え再び走り出すのでした・・・

運命の出会い!?・・・

ある日の事。

藤堂先生はクラス全員に、北原白秋の詩に曲をつけるよう宿題を出します。

裕一はまったく見当もつかず、父・三郎に聞きますが三郎も同じです。

翌日、母・まさの実家のある川俣町に出掛けた裕一は、道すがら『聖歌の歌声』に導かれて教会に寄りました。

そこで裕一は、『聖歌隊』の一人の少女に見とれてしまうのでした。

その少女は、8歳の関内音(せきうちおと)でした・・・

裕一の才能・・・

裕一は『曲を作る』という宿題に苦労していました。

その時、藤堂先生の言葉を思い出します。

とにかく音を出して奏でてみろというのでした。

裕一は、翌日、学校の音楽室でオルガンを鳴らしてみました。

すると、裕一の頭の中にメロディーが浮かびます。

裕一は、憑りつかれたようにそれを黒板に書き出すのでした。

それを見た藤堂先生は驚くと、その足で裕一の家へと向かいます。

「裕一くんの音楽の才能は本物です!」

藤堂先生は、そのことを裕一の両親に伝えました。

すると、父・三郎は心の底から喜び、裕一自身も『音楽家』を夢見るようになるのでした・・・

『喜多一』の危機・・・

その頃、店主・三郎と妻・まさは、店の経営に行き詰まり苦境に陥っていました。

そんな時、まさの実兄で実業家の権藤茂兵衛(ごんどうもへい)が、三郎を訪ねて来ました。

子どものいない茂兵衛は、古山家の二人の息子のどちらかを養子にしたいと言い出すのでした・・・

 

スポンサーリンク

『エール』ネタバレあらすじ1予告・まとめ

天才青年とポジティブ女子!

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

朝ドラ第102作【エール】は、音楽が縁で結ばれた心優しい夫と、たくましい妻のデコボコ夫婦が織りなす波乱万丈の物語りです。

主人公は、福島出身の天才肌の作曲家の裕一で、人気俳優の窪田正孝さんが演じます。

裕一のモデルとなったのは、戦前~昭和の終わりにかけて、音楽の力で人々に勇気づけた唯一無二の作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)さんです。

そしてヒロインは、愛知県豊橋に生まれの「超」が付くほどポジティブな音で、演技派女優の二階堂ふみさんが演じます。

音のモデルとなったのは、古関裕而さんの妻で声楽家の金子(きんこ)さんです。

なお、実在の人物や団体をモデルとしていますが、大胆に再構成したオリジナルストーリーとのことですよ。

夫婦の史実に寄り添いながら、笑いと涙と珠玉のメロディーで綴られていくことでしょうね。

第1週は、1964年の東京オリンピックから始まり、裕一の少年時代が描かれていくようです。

天才作曲家に下地が作られる過程が描かれることでしょうから、見逃せませんね。

さらに、後の夫婦となる裕一と音の出会いのエピソードがありますが、これはオリジナルでしょうね。

史実をベースにしながら、オリジナルのエピソードが盛り込まれることで、より魅力的なドラマになることは間違いなさそうです!

震災10年目を前に、福島を応援!

【エール】は東日本大震災から節目の10年を前にして、福島を応援という趣旨で企画されたそうです。

タイトルの由来は、声援や応援の意味で『心に届け、君への応援歌!(エール)』と掲げられています。

ちなみに、主人公のモデルの古関裕而さんは、数多くの応援歌を残されているお方です。

働き方改革により、放送は週5回!

今まで朝ドラといえば、月曜~土曜までの週6話構成でした。

それが【エール】より、月曜~金曜までの週5話に変わりました。

これは、NHK制作現場の「働き方改革」による試みなのだそうです。

放送回数が減るのはとても寂しいことですが、時代の変化ですから受け入れたいと思います。

休みが増えることで、より質の高いドラマを期待できるはずですね

2020年9月25日の最終回まで、どうぞよろしくお願いいたします~♪

ではでは

◆【エール】登場人物のモデルと実話はコチラから▶

◀エールとは2週▶

各話ネタバレはこちら

スポンサーリンク