「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【エール】ネタバレあらすじ1週2話|裕一は心優しい内気少年!鋭い視線の乃木大将とは?

エール ネタバレあらすじ

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年3月31
日(火)放送
エール第1週テーマ
「初めてのエール」

【エールネタバレ1週2話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

明治42年(1909年)福島

日本の生糸輸出量が世界一となり、日本中で近代化が進む時代。

福島県内でも有数の老舗呉服屋『喜多一(きたいち)』に、待望の跡取り息子が誕生しました。

のちに、数多くの名曲を生み出すことになる天才作曲家・古山裕一(こやまゆういち)です。

裕一の父で、四代目店主の古山三郎と、母・まさをはじめ、店は歓喜に包まれました。

三郎は喜びのあまり、当時、もの珍しかった『レジスター』を奮発して導入してしまうほどなのでした・・・

それから10年・・・

両親をはじめ、多くの人たちから愛情を注がれて育った裕一。

ちょっと不器用で内気ですが、優しい心をもった少年でした。

しかし、その性格のため、しばしば同級生たちにからかわれていました。

一方、裕一は抵抗することなく、作り笑いを浮かべてやり過ごすのでした・・・

乃木大将・・・

裕一のことを、鋭い目つきでにらむ少年がいました。

『乃木大将』と呼ばれる札付きのガキ大将で、村野鉄男(むらのてつお)という少年なのでした・・・

 

スポンサーリンク

【エール】ネタバレ1週2話|感想を最終話まで!

◀1話3話▶

週間ネタバレ公開中!

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

古山一家は魅力が満載!

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

ドラマのキックオフ的な展開の第1話を経て、第2話は【エール】の本格スタートになるようです。

老舗呉服店の五代目を期待されて、愛情いっぱいに育てられた裕一くん。

事前情報によれば、絵にかいたようなダメ店主の父・三郎役は、日本を代表する名優の唐沢寿明(からさわとしあき)さん

そして、優しく包み込む母・まさ役は、元アイドルで知性的な雰囲気の菊地桃子(きくちももこ)さんです。

両親の性格は、子どもの人間形成に大きな影響を与えますので、お父さんとお母さんにも注目ですよね♪

さて、何不自由の無いお坊ちゃま育ちで『不器用で内気』の裕一くん。

いじめられっ子とのことで、一抹の不安が広がります・・・

そして、弱々しい裕一くんを、鋭い視線でにらみつける乃木大将!

なんだか、凄そうな相手です。

ライオンに睨まれた子猫のような光景でしょうか・・・。

乃木大将とは?

『乃木大将』とは、日露戦争において英雄となった乃木希典(のぎまれすけ)氏という軍人が由来とのことです。

乃木氏は、晩年は昭和天皇の教育係を務めた教育者でした。

仕えていた明治天皇の大喪の礼(葬儀)を見届けたその夜に、妻と一緒に自害したそうです。

その死によって、日本中が悲しみくれました。

さらに、日露戦争において、降伏した相手兵に対する寛大な処置が世界中から賞賛されていたそうで、欧米でも広く乃木氏の『訃報』が伝えられたそうです。

葬儀は、日本国民だけでなく、世界中から葬儀に掛けつけたため『世界葬』とまで表現されました。

なお、日本各地にある『乃木神社』や『乃木坂』は、乃木氏が由来とのことです。

つまり、当時の日本の子どもたちの間では、尊敬の念を込めて『乃木大将』や『乃木将軍』と呼んでいました。

ということは、鉄男くんは傍若無人なガキ大将ではなく、強くて人格者なのかもしれませんね。

鉄男くんとの出会いは、裕一くんの人生に大きな影響を及ぼすのかもしれません~♫

◆【エール】モデル一覧はコチラ▶

◀1話3話▶

週間ネタバレ公開中!

スポンサーリンク