「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ1週3話|西洋音楽との出会い!叱られる裕一を救う人物とは?

エール ネタバレあらすじ

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年4月1日(水)放送
エール第1週テーマ
「初めてのエール」

【エールネタバレ1週3話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 朝食にて・・・ 

西洋音楽に魅せられた裕一は、朝から蓄音機にかじりついていました。

その一方で、運動の苦手な裕一は、『運動会』が近づき憂鬱になっていました。

世の中の人間は、主役とそれ以外に分かれると思い知らされるからでした。

通学中・・・ 

『乃木大将』と呼ばれる鉄男が、喧嘩をしていました。

鉄男はあっと言う間に3人を投げ飛ばしました。

木に隠れそれを見ていた裕一に、一人の少年が「何が面白いのかね?」と声をかけてきました。

少年は、転校してきたばかりの同級生・佐藤久志(さとうひさし)。

県会議員の息子でした。

エール キャスト 久志 子役

久志は、喧嘩なんて不合理だと大人の口調で言います。

しかし、裕一は「やっぱし男は強い方が・・・」と、めずらしく自分の思いを話しました。

「デモクラシーの時代ですよ、子供だな」

久志はそう言い残すと、すました顔で学校に向かいました。

この一風変わった子が、終生の友になるとは、この時裕一は夢にも思いませんでした・・・

体育授業にて・・・ 

『騎馬戦』の練習中、裕一は騎馬を崩してしまいました。

体育教師・新田が、「古山立て!」と、竹刀を叩きつけます。

さらに新田は裕一を校舎の影に引っ張っていくと、平手打ちにしました。

気合が足りないからだと説教する新田に、裕一が意見を言おうとします。

新田の手が、再び上がったその時です。

「よしましょうよ、先生」

一人の教師が、新田をなだめました。

その教師は、東京から赴任してきたばかりの藤堂清晴(とうどうきよはる)でした。

藤堂先生と裕一・・・

藤堂先生は、深呼吸をさせて裕一を落ち着けました。

そして、他人との違いを気にするなと裕一を諭します。

さらに得意なことはないかと聞く藤堂先生。

裕一は何もないとうなだれます。

すると藤堂先生は、「まぁ、そのうちみつかるさ」と言い去って行くのでした。

エール キャスト 藤堂先生 森山直太朗

裕一は、自分の周りに新しい風が吹いた気がするのでした・・・

『喜多一』にて・・・

店の前では三郎が、魚屋『魚治・うおはる』の善治(ぜんじ)から、早く走るアドバイスを受けていました。

そこに、裕一が帰って来ました。

善治は、「ぼっちゃん、明日頑張ってね」と、裕一を励まし帰って行きました。

「魚治さん、いいひとだね」と裕一。

すると、善治の息子は『乃木大将』こと鉄男だと父・三郎から聞かされました。

裕一は意外な事実に戸惑うのでした。

運動会にて・・・ 

町中の人が押し寄せた運動会。

父・三郎と母・まさ、さらに、怖い伯父・茂兵衛まで応援に駆けつけました。

裕一は、『騎馬戦』は、なんとか持ちこたえたのでしたが、問題の『徒競走』が残っていました。

裕一は、不安な顔で出走を待ちます。

いよいよ裕一の番がやってきました。

スタートと同時に一番最後を走っていた裕一は、コーナーで転倒してしまいました。

エール キャスト 裕一 子役

両親の声援が聞こえてきますが、多くの観客は笑っています。

裕一は恥ずかしくなり、走ることをあきらめようとしました。

その時です。

裕一の耳に、藤堂先生の指揮する『ハーモニカ部』の合奏曲が聞こえてきました。

その音色は、裕一に勇気を与えました。

そして、ゴールを目指して裕一は再び走り始めるのでした。

やがて会場中が声援に変わり、裕一はゴールすることができました。

裕一は、生まれて初めて『自分へのエール』を聞くのでした・・・

エール キャスト 裕一 子役

つづく

◆森山直太朗さん演じる藤堂先生のモデルとは?▶

 

スポンサーリンク

【エール】ネタバレ1週3話|感想を最終話まで!

◀2話 | 4話▶

週間ネタバレはコチラ▶

森山直太朗さんが俳優デビュー!

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

いずれ、天才作曲家になる裕一少年に、大きな影響を与える2人の出会いが描かれました。

一人目は久志少年です。

蝶ネクタイをしてたおぼっちゃま風な久志くんは、ドキリとするようなことをサラっと言ってしまうキャラですね。

なぜか憎めない、注目キャラになりそうですね。

そして、生涯の恩師となる藤堂先生との出会いは、裕一くんの心に光を差したのではないでしょうか。

裕一くんの音楽の才能を見出す藤堂先生を演じるのは、歌手の森山直太朗さんです!

森山さんが演技をするのは初めてとの情報ですが、全然違和感がありませんでしたね。

今後、ドラマ中で森山さんの美声が聴けることを期待したい思います♪

裕一少年を目覚めさせた『威風堂々』

裕一くんに電流を走らせたレコードは、世界中で愛されるクラシックの定番『威風堂々』です。

イギリスの作曲家のエドワード・エルガーが管弦楽のために作った行進曲です。

『威風堂々』は全部で1番から6番までありますが、日本では一般的に第1番を『威風堂々』と呼んでいますが、それは誤用とのことです。

なお、第1番のタイトルは『希望と栄光の国』(Land of Hope and Glory)は、イギリスでとでも愛されていることで有名です。

第2の国歌、愛国歌として浸透している楽曲なんだそうです。なんだかすごいです。

さて、裕一くんは、輸入レコードをたくさん聞き込んで、音楽へのめりこんでいきます。

そして、そのレコードを再生するのが『蓄音機(レコードプレーヤー)』です。

当然ですが、蓄音機もレコードも高価なものでした。

一説によれば、蓄音機は大正時代の平均年収の2倍以上の1000円程度はしたそうです。

また、家1軒が買えるような、ハイスペックなものもあったとも。

古山家が購入した蓄音機のグレードは不明ですが、簡単に買えるようなものではなさそうですね。

家庭環境が、子どもに与える影響の大きさを痛感させられますね・・・。

ではでは

◆【エール】モデル一覧はコチラ▶

◀2話 | 4話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク