「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【エール】ネタバレあらすじ1週4話|初作曲に悩む裕一!運命?裕一の目を奪う人物とは?

エール ネタバレあらすじ

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年4月2
日(木)放送
エール第1週テーマ
「初めてのエール」

【エールネタバレ1週4話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

新担任・・・

裕一は、5年生になりました。

新しい担任の先生を見て、裕一は密かに心を躍らせます。

裕一のことを励ましてくれた、藤堂清晴先生が担任になったからでした・・・

宿題は作曲・・・

「この詩に曲を付けてみよう!」

音楽の授業に情熱を注ぐ藤堂先生は、北原白秋の詩に曲を付けるという宿題を出しました。

クラス中が戸惑いの声が上がります。

「裕一ならできる!」

そう言ったのは、一風変わったクラスメートの佐藤久志(さとうひさし)です。

久志は、普段から西洋音楽を聴いている裕一なら出来ると断言します。

困った裕一は、父・三郎に相談するのでした・・・

母の実家・・・

裕一は、母・まさに連れられて、川俣の権藤家を訪れました。

権藤家はまさの実家で、幅広く事業を展開する県内有数の資産家でした。

祖父・源蔵(げんぞう)、祖母・八重(やえ)、伯父・茂兵衛(もへい)が出迎えてくれます。

しかし、権藤家が苦手な裕一は、緊張するのでした・・・

川俣の教会にて・・・

「なんだろう・・・」

裕一は、歌声に誘われて教会に足を踏み入れました。

そこで聖歌を歌う一人の少女に、裕一は目を奪われるのでした・・・

スポンサーリンク

【エール】ネタバレ1週4話|感想を最終話まで!

◀3話 | 5話▶

週間ネタバレ公開中!

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

早くも運命の糸!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

気弱だけど音楽大好きな裕一くん。

新しく担任になった藤堂先生によって、才能が開花していきそうです!

北原白秋の詩に歌詞を付ける宿題は、素人考えですが無茶苦茶です~。

宿題を与えられた生徒は、たまったもんじゃないですよね。

とはいえ、周囲から期待されてしまう裕一くん・・・。

性格的に考えて、深く悩みそうです。

そんな、裕一くんに『音楽の神様』が舞い降りてくるようです。

そう、音ちゃんです!

いずれ夫婦となる裕一くんと音ちゃんですが、モデルの史実を探ると、少年少女期に出会った事実はありません。

つまり、ドラマの根幹をなすような、重要シーンでオリジナルストーリーが早くも展開されています。

史実だけでなく、より魅力的なオリジナルのエピソードが加わることで、ドラマがより魅力的になりそうですね♪

音ちゃんとの出会いも注目ですが、権藤家に注目ですよ!

裕一くんの将来に、立ち塞がる伯父役は風間杜夫(かざまもりお)さんです。

そして、祖父を演じる森山修一郎(もりやましゅういちろう)さん、祖母役の三田和代(みたかずよ)さんに、なにやらラスボス感が漂います・・・。

癖のある大御所たちが勢揃いする権藤家の、ピリッとした空気は裕一少年の行く末に大きく影響しそうです~♫

◆【エール】モデル一覧はコチラ▶

◀3話 | 5話▶

週間ネタバレ公開中!

スポンサーリンク