「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ2週6話|鉄男との友情と別れ!そして喜多一に迫る影とは?

エール ネタバレ

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年4月6日(月)放送
エール第2週テーマ
「運命のかぐや姫」

【エールネタバレ2週6話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

鉄男の家にて・・・

裕一は、『乃木大将』こと鉄男が落とした『古今和歌集』を届けるために、家を訪ねました。

ところが、鉄男は家の前で父・善治から殴られていたのでした。

裕一は、固唾を飲んで見守ります。

「おめえは魚屋だ。色気出すんでねえ!」

善治は鉄男にそう吐き捨てると、紙の束を投げつけました。

それは、鉄男の書いた詩の数々でした。

その中の1枚が、裕一の足元に落ちました。

「空にかかれし満月の 地上に落ちてはかなくも 光里包みて紅燈の 小袖を濡らす涙雨」

裕一は、その美しい詩に心を奪われました。

その時、裕一を見つけた鉄男が「何見てんだ!」と、すごみます。

エール キャスト 子役 鉄男

裕一は届けに来た本をカバンの中から取り出そうとしますが、鉄男は怒りに任せてそのカバンを取り上げ、地面に叩きつけました。

裕一は、恐怖のあまりその場逃げ出してしまいます。

そこには、裕一のカバンと壊れたハーモニカが残されていました・・・

翌日・・・ 

登校の道すがら、鉄男が誰かを待っていました。

そこに裕一が通りかかります。

鉄男が裕一を呼び止めると、裕一は再び恐怖に身をすくめます。

その時です。

「俺は筋を通す男だ・・・悪かった」と、鉄男は裕一に深々と頭を下げるのでした。

ハーモニカは、紐で巻いて修理してありました。

エール キャスト 子役

鉄男が直っているか吹いてみろというので、裕一はハーモニカ吹いてみます。

その調子の外れた音に、二人の心は和らぐのでした・・・

『喜多一』にて・・・

その頃、店主・三郎が肩を落として店に帰って来ました。

古くから取引のある『郡山東銀行』に融資を断られたのでした。

残るは、義兄・茂兵衛の経営する『川俣銀行』しか頼るところがありません。

しかし、茂兵衛に頼むということは、二人の息子のどちらかを養子に出さねばなりません。

エール キャスト 三郎 番頭 

そして、三郎は決断しました。

家中の骨董品やレジスターを売り払い、当面の資金を作ることにしたのでした。

お寺にて・・・ 

裕一と鉄男が、お互いのことを話しています。

鉄男は、昔の歌や詩が好きだと明かしました。

「すごっ!将来は詩人だね」裕一は目を輝かせながら言います。

そして、「しがみつけば必ず道は開く、大将、詩人になれるよ!」と、藤堂先生の言葉を使って鉄男を励まします。

エール キャスト 子役 裕一

すると鉄男は急に険しい目をして言うのでした。

「馬鹿を言うな…」明日の食べ物を心配する毎日だと言い、立ち去ろうとします。

そして、寂しそうに「俺は詩を書くのが好きだ。でも、それじゃあ飯は食えねえ」と、肩を落とすのでした。

裕一は咄嗟に、鉄男の詩に曲を付けてもっていくと約束します。

しかし鉄男は、何も言わずにその場を後にするのでした・・・

エール キャスト 子役 鉄男

日曜日のこと・・・

昼下がりの穏やかな日差しと音楽に包まれ、ごろりと横になっている父・三郎と裕一。

そこに、母・まさが駆け込んできました。

「起きて、大変!」

魚屋の善治と鉄男の家族が、借金をしまくって夜逃げしたというのでした。

夕暮れの丘にて・・・

「大将出来たよ、聴いて」

裕一は、鉄男の詩に曲を付けた『浮世小路行進曲』を口ずさみます。

それは、裕一が生涯で初めて人のために奏でる『エール』でした。

エール キャスト 子役 裕一

一方その頃。

豊橋では、裕一の運命の人が波乱万丈な人生を歩き出していました・・・つづく

◆実在のモデルから知るもう一つのドラマはこちら▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレ2週6話|感想を最終話まで!

◀5話 | 7話▶

週間ネタバレはコチラ▶

ギャップが素敵・乃木大将!

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

喧嘩が強くて、誰もがひれ伏す『乃木大将』こと鉄男くんは、筋を通す男でした!

「づくだれ(意気地なし)」が大っ嫌いで、徒党は組まず、運動会では王様状態。

さらに、『古今和歌集』を愛読する詩人だった・・・。

このギャップが何ともカッコいいですよね♪

一方で、怖い父親・善治に日常的に暴力を振るわれ、詩まで禁止。

それでも、幼い弟・典男や母のために頑張る勤労少年でした。

しかも、借金をしまくった父のせいで、学校を退学して夜逃げ・・・。

「もー、善治ムカつく~!!」とテレビに向かって唸ってしまいましたよ。

鉄男くんは将来作詞家となり、裕一くんと一緒に曲を作ることになります。

鉄男くんのモデルは、名作詞家と言われる野村俊夫(のむらとしお)さんとされています。

裕一くんのモデルとなった古関裕而さんとコンビを組んで、『福島行進曲』など数多くの名作を世に送り出すことになります。

藤堂先生から言われて感銘を受けた裕一君が、鉄男くんにそれを伝えましたが、その答えは、近い将来に明らかになるようですよ。

そして、藤堂先生が鉄男くんに渡した名刺は、鉄男くんの将来に何か影響を与えます。

今後の展開で明らかになる時に、覚えておく必要がありますね。

ところで、鉄男くんの詩に、裕一くんが曲を付けた『浮世小路行進曲』は、鉄男くんに披露することがあればよいですね♪

『喜多一』の暗雲

福島県内有数の老舗呉服店の『喜多一』に暗雲が立ち込めています。

不況の影響と、三郎父さんの『どんぶり勘定』経営が響いていますね。

裕一くんの誕生記念で購入したレジスターや、古山家に代々伝わる骨董品を処分してまいました。

ひとまず急場しのぎは出来ましたが、すべて解決とは程遠い感じです。

歯ぎしりする茂兵衛さんの逆襲があるのか・・・今後の展開が気になります~。

ではでは

◆【エール】キャスト一覧・相関図はコチラ▶

◀5話 | 7話▶

週間ネタバレはコチラ▶