「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ2週10話|音が演じる『かぐや姫』に大歓声!音が誓う夢とは?

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年4月10日(金)放送
エール第2週テーマ
「運命のかぐや姫」

【エールネタバレ2週10話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

関内家にて・・・

父・安隆が急死したことで、窮地に追い込まれた関内家。

店主が不在の中で、取引を続けてくれる客はなく、職人たちも店を辞めてしまいました。

娘たちを心配させまいと、母・光子は明るく振る舞いますが、先行きは暗いものでした。

「逃げた職人たちを見返してやる!」音は、姉の吟と妹の梅を前に、この危機を乗り越えるといきりたちます。

事務所にて・・・

長女・吟の発案で陸軍との『契約書』を探しはじめました。

しかし、なかなか見つかりません。

そこに母・光子が現れ、吟は事情を明かします。

光子は娘たちから引き継ぐと、夜更け過ぎに『契約書』を見つけました。

「あっ・・・これだ!」

光子の顔に希望が広がるのでした。

料亭にて・・・

光子は、陸軍との仲介人・打越金助に、『契約書』を差し出します。

破棄すれば多額の違約金が発生すると記載されているため、打越は慌てふためきます。

それでも打越は、職人がいないのに納期は守れるのかと反論します。

「守れます!」

光子はきっぱり答えると、「今後ともごひいきに」と涼しい顔で言い、「女、子ども・・・ですけど」と、やり返すのでした。

陸軍との取引は、親子4人が力を合わせたことによって守られたのでした。

『学芸会』当日・・・

かぐや姫を演じる良子が浮かない顔をしていました。

音が声をかけると、良子は、父親が亡くなったばかりなのに、どうして平気なのかと聞きます。

音は「平気じゃないよ。でも泣いてばかりいられないから」と、胸の内を明かします。

「強いね、あんたは…」

良子はそう言うと、はっきりものが言える音が羨ましかったと打ち明けるのでした。

そして、「音ちゃん、かぐや姫やってくれん?」と、言い出します。

それは、親の思惑ばかり押し付ける、母への良子の反抗でもありました。

『学芸会』本番・・・

帝(みかど)を演じることになった良子ですが、手が震えています。

そんな良子の手をそっと握りしめた音は、「大丈夫、舞台を楽しもう」と、元気づけました。

6年3組の『竹取物語』の幕が上がりました。

家族や多くの人たちが見守る中で、音は、堂々と主役の『かぐや姫』を演じます。

打ち解けた音と良子は、息の合った演技を見せました。

舞台の終盤、音が演じるかぐや姫が、最後の別れの歌『おぼろ月夜』を歌います。

音は、亡くなった父・安隆を思いながら見事に歌いあげました。

その美しい歌声に、客席は感動に包まれ、学芸会は無事幕を下ろしたのでした。

海辺にて・・・ 

その日、母と娘たちは安隆の眠る海に来ました。

「お父さん、見に来てくれたかな?」と音が聞くと、母・光子はいつでも見ていると言います。

そして、光子は海に向かい、これから4人で力を合わせて生きていくと誓うのでした。

「お父さ~ん!」

母と娘たちは、何度も何度も呼び掛けるのでした。

翌日・・・ 

『関内馬具店』に、職人頭の岩城が戻っていました。

音は、岩城に気づくと怒りの言葉を浴びせます。

しかし、すぐに「まあ、いっか」と気持ちを切り替え、笑顔を取り戻すのでした。

それから3年・・・

福島にいる裕一は、商業学校の4年生を留年するほど、音楽に夢中になっていたのでした・・・

つづく

スポンサーリンク

【エール】ネタバレ2週10話|感想を最終話まで!

◀9話 | 11話▶

週間ネタバレはコチラ▶

とにかくハッピーエンド♫

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

今回の10話で、子役時代は終わりとなりました。

魅力的で演技力のある子役キャラが多数登場した、見ごたえのある子役時代でしたね。

冷静沈着な長女・吟ちゃんのひらめきと、光子母さんの交渉力によって、関内家はピンチは無事に回避できて一安心でした。

光子母さんと仲介人・打越の交渉場面は、前話と打って変わって、形勢逆転でした。

光子さんの会心の『ドヤ顔』と嫌味が炸裂、打越は「ぎゃふん」と言っていたようですね。

スカッとしましたよね!

そして『学芸会』の音ちゃんは、安隆父さんとの悲しい別れを乗り越えて圧巻の演技でした。

第2週のテーマは『運命のかぐや姫』でしたが、『かぐや姫』は、音ちゃんと裕一くんを結びつける重要なキーワードになるとされています。

どういう風につながっていくのか、この先の展開が気になるところですね♪

おぼろ月夜

音ちゃんは劇中で歌ったのは『朧月夜 (おぼろづきよ)』(作詞:高野辰之さん、作曲:岡野貞一さん)

1914年(大正3年)に『尋常小学唱歌第六学年用』に初めて採用されました。

戦後の1948年(昭和23年)からは、小学校6年生の音楽教科書に採用され、平成の時代になっても採用されている名曲です。

ミュージシャンの矢野顕子さん、槇原敬之さん、中島美嘉さん、マライア・キャリーさんらもカバーしています。

さ~て来週の【エール】は?

青年期に突入する第3週のテーマは『いばらの道』です。

告動画から拾ってみましょう。

鼻の下を伸ばしながら美女と社交ダンスをして、「接吻しかねえわ!」と言われて唇を尖らす裕一青年!

ドタバタ要員となりそうな、濃厚な面々の銀行の仲間。

うさん臭そうな男(演:田口浩正さん)が、三郎父さんに商売を広げるご提案。

身の程を知ることを持てと言わてしまう裕一くんが苦悩する!

茂兵衛伯父さんが、『養子』を切り札に古山家と権藤家の絶縁を突きつけて、裕一青年が清く受入れる!

三郎父さんがうなされる・・・

さて、『いばらの道』とはどんな道になるのかドキドキしますよね。

時代も進み、お家事情も変化。お坊ちゃまだった裕一くんに何が起きるのでしょうか。

来週もよろしくお願いいたします~♪

ではでは

◆【エール】モデル一覧はコチラ▶

◀9話 | 11話▶

週間ネタバレはコチラ▶