おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【エール】朝ドラネタバレあらすじ12週『アナザーストーリー』|環の恋!キューピットは久志?

エール朝ドラネタバレあらすじ12週
「アナザーストーリー」

【エール】朝ドラネタバレ12週は不思議な世界への誘い…?

『エール』朝ドラネタバレあらすじ12予告|6月15日~6月19日

スポンサーリンク


週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

エール・朝ドラネタバレあらすじ第12週の予告

あの世から、東京・古山家・・・

【エール】朝ドラネタバレ12週は、とんでもない事件から始まります。

それは突然のことでした。

音の目の前に、亡き父・安隆が白装束姿で現れたのです。

安隆は、あの世で宝くじに当選し、『1泊2日の現世への旅』を許されたと言います。

音は、驚きますが、安隆を受け入れておしゃべりを楽しみます。

安隆は、音の夫・裕一の誠実な人柄に触れて安心しました。

そして、音の歌を必ずまた聴きたいと言い残すと、豊橋へ向かうのでした。

あの世から、豊橋・関内家・・・

関内家に帰った安隆は、落ち込む三女・梅を励まします。

そして、仕事や育児を頑張り続けた妻・光子を労いました。

最後に、安隆は作業場に向かいます。

安隆は、信頼していた職人頭の岩城が、光子に思いを寄せていることを梅から聞いていました。

安隆は「再婚を許す」と書いた紙を、作業場の机に置きました。

その紙を見た岩城は、「俺は、安隆さんといるおかみさんが好きなんです」と返事を書きました。

安隆はそれを見ると、笑顔であの世へと帰っていくのでした。

喫茶『バンブー』にて・・・

店主の保と妻の恵が、出会いのなれそめを、裕一と音に明かします。

10年ほど前、保は神田で『古書店』を営んでいました。

偶然にも店を訪れた恵は、保と意気投合します。

その後、恵は毎週のように保の店に通いますが、3か月が過ぎても2人に進展はありません。

しかし、常連客・木下が連れてきた、親戚の少年によって事態が変わりました。

「なぜ行動に出ないのですか?」

少年に背中を押された保は行動を起こし、恵の心をつかんだのでした。

さらに、裕一と音を驚かせる事実が発覚します。

その少年は、裕一の親友・佐藤久志だったのでした。

1913年(大正2年)、パリ・・・

時は少し遡ります。

パリの地に、歌手を目指す若き日の双浦環(ふたうらたまき)の姿がありました。

環は今村嗣人(いまむらつぐひと)に恋をして、一緒に暮らしていました。

今村は、15歳で大きな賞を取って天才画家と絶賛された人物でした。

しかし、環がスターの階段を駆け上がっていく一方、嗣人(つぐひと)の評価は「ただただ凡庸」と言われるようになります。

環の成功に嫉妬する嗣人は、つい口にしてしまいます。

「環、歌をやめてくれ」

しかし、環はスターとして輝き続けることを選ぶのでした。

◆環のモデルはあのプッチーニも絶賛の世界的なオペラ歌手だった▶

◆環役・柴咲コウさんの出身地と生誕地の違いとは?なぜ?▶

スポンサーリンク

『エール』朝ドラネタバレあらすじ12予告・まとめ

意外な展開で進む【エール】ネタバレ12週!

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

エール・第12週は、裕一くんと音ちゃんを囲む個性豊かなキャラクターたちにスポットを当てる『特別編』です。

最初に登場するのは、10年前に亡くなった、音ちゃんのお父さんの安隆さんです。

安隆役の光石研さんは、第2週以来の登場となります!

しかも、白装束に三角布というステレオタイプの幽霊! コメディホラーのような展開になるのでしょうか!?

歌手になる夢を一時休止している音ちゃんに対し、安隆さんは、どんな言葉を掛けるのか気になりますね。

見知らぬ子どもを救って事故死してしまった安隆さんですが、この機会を使って、家族に思いを伝えられるとよいですよね♪

驚愕のキューピット!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

山崎 育三郎 Ikusaburo Yamazaki(@ikusaburo_yamazaki_official)がシェアした投稿

そして、『バンブー』のオーナー夫妻のなれ初め!

まさか、久志少年がキューピットだとは驚きの展開ですね。

久志少年を演じるのは、宮崎県出身で10歳の山口太幹(やまぐちたいき・10歳)くんです。

大人をも納得させてしまう久志少年の不思議なオーラを楽しみましょ~♪

無名時代の環の恋

 

この投稿をInstagramで見る

 

柴咲コウ 𝕂𝕠 𝕊𝕙𝕚𝕓𝕒𝕤𝕒𝕜𝕚(@ko_shibasaki)がシェアした投稿

最後は、柴咲コウさんが演じる、世界的オペラ歌手・双浦環さんの若い時のお話です。

駆け出し時代の、甘酸っぱくてほろ苦い恋のエピソードといった感じでしょうか。

舞台は1913年(大正2年)のパリで、環さんは20代前半という設定です。

環さんの恋人で画家の今村嗣人役は、どんな方が演じるのか楽しみですね。

なお、双浦環さんのモデルとなった、三浦環さんは1914年(大正3年)に、夫で医師の三浦政太郎さんとドイツに留学しています(その後、第一次世界大戦の戦火によってイギリスに移動)

三浦さんの史実が盛り込まれるのか、完全フィクションなのか気になるところですね。

双浦環さんは、第10週にて、妊娠した音ちゃんに「プロの厳しさ」を説きました。

プロの原点がパリにあるのかもしれませんね♪

◆バンブーのマスターは朝ドラ出演6作目!過去の出演作はコチラ▶

◀11週13週▶

各話ネタバレはこちら