「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】キャスト久志役は山崎育三郎さん!気になる役どころとプロフは?

【エール】朝ドラ主人公・裕一を支える重要キャストとして、ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)さんが出演します。

いずれ歌手となる久志の役どころと、山崎育三郎さんのプロフィールをご紹介します。

スポンサーリンク

【エール】キャスト佐藤久志の役どころとは!?

裕一の幼なじみ・久志

佐藤久志の役どころ
佐藤久志(さとうひさし)は、裕一の幼なじみ。

父親は、福島県議会議員で裕福な家庭の息子です。

歌手を目指して、東京の音楽学校に進みます。

学校ではプリンスと呼ばれ、女子学生の人気の的。

裕一と音のよき相談相手です。

裕一・鉄男と一緒に流行歌界の『福島三羽ガラス』と呼ばれるようになります。

久志は、裕一の周りには見かけないタイプの子どもでした。

小学時代、喧嘩に強い男に憧れる裕一に「喧嘩なんて不合理」だと言い、「デモクラシーの時代ですよ、子供だな」とサラっと言ってしまうような大人びた子どもでした。

久志は、作曲の宿題を出されて困惑する裕一に「できるよ、きっと」と、背中を押すなど子どもの時から裕一にエールを送り続けます。

大人びた子ども・久志

『東京帝国音楽学校』に進学すると、その歌唱力と表現力で校内のスターとなり『プリンス』と呼ばれるようになります。

やがて裕一の作った曲を歌って人気を博していきます。

鉄男と共に、裕一の生涯の友となるキャラクターです。

◆久志のモデル|歌手・伊藤久男さんの実話はコチラ▶

 

スポンサーリンク

【エール】キャスト久志役|山崎育三郎さんプロフィール

【エール】キャスト久志役の山崎育三郎さんは、1986年(昭和61年)1月18日生まれです。2020年に34歳になります。

東京都出身で、大手芸能プロダクション『研音』所属です。

所属先の『研音』には、竹野内豊さん、反町隆史さん、榮倉奈々さん、朝ドラ103作【おちょやん】でヒロインを務める杉咲花さんなど、実力派の俳優が多数在籍しています。

【エール】に出演する、父・三郎役の唐沢寿明さん、音の歌の先生・御手洗清太郎役・古川雄大さんも同じ事務所です。

舞台を中心に活躍する山崎さんは、実際に『ミュージカル界のプリンス』と呼ばれています。

また、映画やドラマ、バラエティでも大活躍中で、歌手としても活躍しています。

人気ドラマ『下町ロケット』(2015年・TBS・真野賢作役)に出演して以来、人気に火が付き、ドラマや映画でも活躍するようになりました。

以前から憧れていた『朝ドラ』に初出演する今回は、歌手という役柄に初めて挑戦します。

▼音声が流れます。


ミュージカル界のプリンス

山崎さんは、小3の時に人見知りを治すために母親に勧められて歌を習い始めました。

ミュージカルデビューは12歳です。

初挑戦ながら、3,000人の中から主役に抜擢されました。この頃から、才能に恵まれていたのですね。

21歳の時に『レ・ミゼラブル』の主要キャスト・マリウスを演じます。これを機に、勢いに乗り、数々の舞台に出演します。

端正な顔立ちと確かな実力は、プリンスと呼ぶにふさわしいですね♪

ミュージカル界のプリンス

生まれも育ちもプリンス!?

山崎さんが実生活でもプリンスと呼ばれる背景には、ご実家が資産家だということも挙げられます。

まさにドラマと同じですね。

ご実家は、港区高輪周辺。高輪といえば白金などと並ぶ高級住宅地です。

また、母親のご実家は『ハイジ』の家を再現したようなお宅なんだそうですよ。

森の中の広い敷地で、建物は吹き抜けのオシャレな造り。庭にはブランコやピザ釜があります。

山崎さんは料理好きで、そのハイジの家でピザを焼くこともあるそうです。

絵にかいたようなお金持ち!プリンスが育つ理由がわかりますね。

男だらけの兄弟

山崎さんは、男4人兄弟の3番目です。

幼少の頃、山崎さんと、すぐ上のお兄さんは、現在でも顔に傷が残るほどの大きな喧嘩をしたそうです。

プリンスも、やんちゃだったんですね。親近感がわきます!

リッチ家族のエピソードとして、兄弟4人全員が海外留学経験ありということも挙げられます。

友人も認める王子様キャラ

個性派俳優の山田孝之さんとは、中学の頃にドラマで共演してからの仲良しです。

山田さんは、山崎さんの実家に何度も泊まっているそうです。

親友は語る・山田孝之さん

山田さんは、「中学時代から、プリンスの雰囲気がありました。自分でちょっと楽しんでいたり、ギャグにしていたりといった感じです」と、明かしています。

親友は語る・尾上松也さん

また、親友のひとり歌舞伎俳優の尾上松也さんも「王子のように、先が尖っている靴をはいてる」、「写真撮影ではプリンススマイルをする」と話しています。

親友は語る・城田優さん

イケメン俳優の城田優さんは「私服では必ず細身のパンツで白馬の王子様みたい」と、私生活の山崎さんについて語っています。

友人からもお墨付きの、根っからの王子様です~♡

スポンサーリンク

王子様にも苦労があった・・・

才能に恵まれ、生まれながらに裕福な家庭に育ち、海外留学の経験もあり、ミュージカル界でも実力を発揮している・・・

そう聞くと、順風満帆な人生を歩んでいるように思われます。

しかし、高校2年の7月から、約1年、アメリカ合衆国ミズーリ州にあるノースカントリー・ハイスクールへ語学留学をした時の苦労話があります。

留学先が田舎だったこともあり、2,000人の生徒の中でアジア人が山崎さんだけでした。

2~3ヵ月も友人ができず、いじめにもあったそうです。

「このままではいけない!」と思った山崎さんは、ダンスパーティーで主役が踊る場所でダンスを披露。

その度胸が認められて、一夜にしてヒーローになったのだそうです。

また帰国後は、それぞれ離れて暮らす家族に代わり、要介護の祖父母と3人で暮らし、一人で介護を務めたそうですよ。

優しさや、芯の強さがわかるエピソードですね。

王女様と交際の噂!?

そんな太鼓判付きのプリンスの恋の噂は・・・?

『アナと雪の女王』のアナの声優を務めた、神田沙也加さんと交際を噂されたことがありました。

神田さんと共演したのは、舞台「レ・ミゼラブル」です。

王女役の神田さん王子様の山崎さんが、噂になるのも分かる気がしますよね。

噂のあった神田沙也加さん

妻は「モー娘。」のなっち!

2011年7月に公開された舞台『嵐が丘』にて、山崎さんは、『元モーニング娘。』の安倍なつみさんと出会いました。

その舞台で、2人は夫婦役を演じます。

安倍さんの方が5歳年上ですが、ミュージカル経験が長い山崎さんが、安倍さんに優しく指導したことが交際に発展した理由のひとつと言われています。

4年の交際期間を経て、2015年に結婚。二人の男子に恵まれています。

山崎さんは、安倍さんのことを今も『なっち』と、呼んでいるそうですよ。

舞台共演がきっかけで、なっちと結婚!

山崎育三郎さんの最近の出演経歴

NHK朝ドラは、初出演です!

NHK大河ドラマは『西郷どん』 (2018年)西郷どん紀行「西郷どん紀行〜道しるべ〜」作詞・歌唱。

NHKドラマは、『昭和元禄落語心中』(2018年)有楽亭助六(初太郎)役で出演。

最近の出演作は、ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(2019年・テレビ朝日)獅子丸怜二役、劇場版アニメ『名探偵コナン 紺青の拳』(2019年)レオン・ロー役』、映画『カイジ ファイナルゲーム』(2020年)西野佳志役等で出演しています。

また、バラエティ番組やCM等でも活躍中ですよ。

▼山崎さん出演のTVCM


スポンサーリンク

【エール】キャスト久志役は山崎育三郎さん!気になる役どころとプロフは?|まとめ

エール】に佐藤久志役で出演する山崎育三郎さんは、実生活でもミュージカル界でも『本物のプリンス』でした。

もともとプリンスだった山崎さんのところに、プリンス役のオファー来たというお話しですね。

久志は、主人公・裕一を生涯に渡って支える重要なキャラクターです。

山崎さんの華麗な歌声にも、期待です~♬

◆【エール】キャスト詳細情報はコチラ▶

 

スポンサーリンク