「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】朝ドラネタバレあらすじ13週『スター発掘オーディション!』|久志と御手洗が火花を散らす!

エール朝ドラネタバレあらすじ13週
「スター発掘オーディション!」

【エール】朝ドラネタバレ12週は、プリンスとミュージックティーチャーのガチ対決??

『エール』朝ドラネタバレあらすじ13予告|6月22日~6月26日

スポンサーリンク


週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

エール・朝ドラネタバレあらすじ第13週の予告

昭和11年(1936年)

裕一が『コロンブスレコード』と契約して、5年が経ちました。

今や数多くの楽曲を手掛ける作曲家となった裕一。

古山家は、妻の音と4歳になる娘・華、そして、裕一の三人で幸せな日々を送っています。

一方、鉄男は相変わらずおでんの屋台を続けながら、作詞家になる夢を追っています。

しかし、なかなかデビューのきっかけが掴めません。

また、音楽学校を卒業して4年が経つ久志は、オペラ歌手への道が開けず、もがき苦しんでいたのでした。

久志が歌手を目指す理由・・・

裕一は、久志に『コロンブスレコード』のオーディションを受けること勧めました。

合格すれば、歌手としてレコードデビューできるのです。

久志は、オーディションを受ける決意を固めました。

そして、歌手を目指した理由を、裕一と鉄男に明かし始めるのでした。

それは、久志が10歳の頃のことです。

両親が離婚し、離れて暮らす実の母に会いに行くと、母には新しい家族がいました。

その場から逃げ去った久志が、小学校に行くと、藤堂先生がやって来て突然歌いだしたそうです。

久志も一緒に歌うはめになりました。

「やっぱり君、いい声してるよ!」

この藤堂先生のひと言が、久志を歌手の道に導いたというのでした。

バンブーにて・・・

音が娘の華とくつろいでいると、かつて音の歌の先生だった御手洗清太郎(みたらいきよたろう)が突然やって来ました。

『コロンブスレコード』のオーディションを受けるために、豊橋から上京してきたと言うのです。

そこに、久志と裕一も来ました。

「どうも。スター御手洗です」

「プリンス佐藤久志です」

オーディションで戦う二人の間には、早くも火花が散るのでした。

オーディションにて・・・

多くの実力者が揃う中、久志と御手洗は、見事な歌唱力を披露しました。

しかし、選ばれたのは『帝都ラジオ』の会長の息子・寅田熊次郎でした。

選考結果に納得できない久志と御手洗が抗議します。

すると、廿日市が、久志には研究生として契約すると告げました。

しかし、かばん持ちからスタートすると知った久志は、断ろうとします。

「あなたは選ばれた。選ばれた以上、輝かなきゃ!」

まったく声のかからなかった御手洗の言葉が、久志に響きます。

必ずデビューすると約束した久志は、御手洗と固い握手を交わすのでした。

弟子?・・・

「弟子にしてくれねぇでしょうか!」

突然、裕一のもとにやって来た青年は、田ノ上五郎(たのうえごろう)と名乗るのでした。

◆久志役・山崎育三郎さんのプロフ・実生活がまじプリンス!▶

◆ミュージックティーチャー役・古川雄大は王子様!?▶

スポンサーリンク

『エール』朝ドラネタバレあらすじ13予告・まとめ

イケメン二人の友情

 

この投稿をInstagramで見る

 

古川雄大(@yuta_furukawa_official)がシェアした投稿

前週に続いて第13週も、スペシャルウィークです。

【エール】に登場する魅力的なキャラクターにスポットが当たります。

今週の主役は『プリンス久志』と『ミュージックティーチャー御手洗』のイケメンコンビです。

多くの人が待ち望んでいた組み合わせではないでしょうか。

ロマンチストでナルシスの二人が、ライバルとなって火花を散らした後に、熱い友情が芽生える・・・。

少女コミックに登場しそうな王子様二人が、少年コミックのキーワード『友情・努力・勝利』で活躍する感じでしょうか♪

【エール】が始まって以来、この個性的な二人の共演はありませんでした。

キラキラ光り輝く二人のイケメン中心の週なので、いつも以上に楽しみです。

なお、ミュージックティーチャーは、呼び名が『スター御手洗』に変更になると考えてよさそうですね。

プリンス少年!

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

そして、プリンスの少年時代のエピソードも楽しみの一つです。

前週で、プリンス少年が『バンブー夫妻』のキューピット役だったという衝撃の展開でしたが、今週も驚きのエピソードが披露されるかもしれません。

プリンスのお母さんや継母は、どんな方が演じるのかも気になりますね。

13週の舞台は昭和11年(1936年)

時代が少しスキップして、4歳になった華ちゃんの登場です。

華ちゃん演じる子役も注目ですね。

さて、【エール】モデルの古関裕而さんの史実によれば、この年に『大阪タイガースの歌(六甲おろし)』を作曲しています。

大阪タイガースとは、現在の『阪神タイガース』です。

野球はあんまり詳しくないですが、この歌は、たびたびテレビで流れるので知っています♪

なんと、現在あるプロ野球の球団歌としては最も古い楽曲なんだそうです。

歴史の重みを感じますよね。

13週は、プリンスとミュージックティーチャー中心の週ですが、幸せな古山家もたくさん描かれることを期待したいですね♪

◆久志のモデル・歌手・伊藤久男さんが美形すぎる!▶

 

◀12週14週▶

各話ネタバレはこちら

スポンサーリンク