「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ5週22話|恋の炎が燃え上がる!言葉巧みに近づく興行師は誰?

エール ネタバレ5週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年4月28日(火)放送
エール第5週テーマ
「愛の狂騒曲」

【エールネタバレ5週22話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

裕一の下宿にて・・・ 

裕一が文通相手の所に行ったと直感した父・三郎。

銀行を訪ね、裕一の部屋中を探すと、音からの手紙を見つけ出しました。

エール キャスト 三郎 唐沢寿明

「豊橋か!」

不安と怒りを交錯させながら、三郎は大事な商談を放って豊橋へと向かうのでした。

御手洗の教室にて・・・

音は、ティーチャー・御手洗のもとに裕一を案内しました。

御手洗は、裕一を見るなり「輝きが違う!」と、よろめきます。

エール キャスト ミュージックティーチャー 御手洗

裕一は、御手洗からドイツ留学の経験を聞かせてもらい、大満足するのでした。

関内家にて・・・ 

裕一と音が戻ると、鶴亀寅吉という興行師が裕一を待っていました。

ティーチャー・御手洗と懇意の楽器店から、裕一のことを聞いたと話す鶴亀は、『演奏会』の開催を持ちかけました。

エール キャスト 鶴亀 古館

母・光子は怪しみますが、音は、縁起の良い名前だと言って乗り気です。

その後、話はとんとん拍子に進みました。

手回しの良い鶴亀は、豊橋・岡崎・豊川の3会場を押さえたと言い、案内チラシまで用意しています。

そして、裕一と音の共演で、収益の取り分は折半でどうかと畳みかけるように提案しました。

「ど・・・どうする?」と、裕一は音の顔をのぞきます。

すると、「やりましょう!」と、音が決断し契約書を交わしたのでした。

音の着付けにて・・・ 

母・光子は、音の心が揺れ動いていることを心配します。

「分かっとるわよね?傷つくのはあなたなのよ」

光子は、祭りに出掛ける音の浴衣を着付けながら語気を強めます。

エール キャスト 音 母・光子

その言葉に苛立ちを見せる音は、「分かっとるってば!」と強い口調で答えたものの、「演奏会が終わるまでいいでしょ?」と、先延ばしにします。

しかし、光子は「身を引くことは、今日ちゃんと言いなさい。彼のためよ」と、念を押すのでした。

馬具作業場にて・・・

「音のことが心配なの・・・」

光子は、夫・安隆を失って以来、夫の信頼していた職人頭・岩城に、何かと相談をしていました。

すると、岩城は、裕一はいい目をしていると印象を語ると、「極める目です。私には分かります」と、ものづくりの職人らしい言い方で裕一を評価するのでした。

エール キャスト 岩城

するとそこへ、祭りに行く音と裕一が顔を出しました。

光子は、「さっき言ったこと忘れんでね」と、音に再び念を押すのでした。

祭り会場にて・・・

裕一と祭りを楽しむ音ですが、母・光子の言葉が頭を離れません。

そんな中、祭りのクライマックスとなる、豊橋発祥の『手筒花火』が始まりました。

花火も最高潮に達し、会場内も歓声に包まれています。

裕一も、初めて見る『手筒花火』に興奮し、思わず音の手を握りしめました。

楽しんでいる裕一を見て、音は別れを切り出すことはできないのでした。

関内家にて・・・ 

祭りの余韻に包まれながら笑顔で帰宅した二人。

裕一は思わず、目を疑いました。

父・三郎が待ち構えていたのです。

「裕一…お・か・え・り」

三郎の不自然な作り笑いに、裕一は身構えるのでした・・・

つづく

◆御手洗ティーチャー役・古川雄大さんは貴公子??▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ5週22話|感想を最終話まで!

◀21話 | 23話▶

週間ネタバレはコチラ▶

縁起が良いけど、あやしい鶴亀!


言葉の魔術師・古舘伊知郎さん演じる興行師の鶴亀寅吉(つるかめとらきち)が、あやしかったですね。

裕一くんの存在を知るやいなや、手回し良くセッティングする鶴亀氏は、敏腕ビジネスマンでした。

見事なプレゼンテーションでした。

さすが、言葉の魔術師の古舘伊知郎(ふるたちいちろう)さんですよね。

東京都出身で現在65歳の古館さんの、朝ドラ出演は2作目です。

前作は、1991年放送の『君の名は』で本間定彦役を演じました。実に、29年ぶりの朝ドラ出演です。

ところで、鶴亀氏が『契約書』を出した時に、裕一くんと音ちゃんの違いが見事に出ていましたよね。

ろくに読まずにサインをしようとする裕一くんは、やっぱり三郎さんの息子さんです。

人を信用して簡単に騙されてしまいますよね。

一方で、音ちゃんは、契約書をじっくり隅々まで読んでいましたね。

父・安隆さんが亡くなったばかりの頃、契約書を見つけたおかげで、陸軍との取引が続けられた過去がありました(2週10話)

契約書の怖さを知るだけに、ぬかりはありませんでした。

裕一くんと音ちゃんは、お互いを補う良いパートナーになれそうす♪

また切られました!


「未来のインターナショナルコンポォザァ~」の裕一くんと初対面した、御手洗ティーチャー。

今日もまた「ミュージックティ」で、編集を切られていましたね。

この切り方は、定番化するのかもしれません。

なお、一時「ミュージックティ」が、ツイッターのトレンド入りしました。

御手洗ティーチャーが出てくるたびに、注目してしまいそうです~♪

2人の胸の高鳴りは止まらない!?

音ちゃんにのめりこむ裕一くんは、居候生活を満喫しはじめてますね。

音ちゃんも、光子さんの忠告を守り切れない様子です。

はるばるやって来た三郎さんのぎごちない洗い方は、唐沢寿明さんが声役を担当する『トイ・ストーリーのウッディ』にしか見えませんでしたね。

果たして、どんな展開になるのか注目です。

人生の酸いも甘いも見てきた薬師丸ひろ子さんが演じる、光子さんがキーマンになりそうな予感です♪

◆音の母・光子役の薬師丸ひろ子さんの波乱万丈プロフはコチラ▶

◆【志村けんさん登場!いつまで登場?役名は?代役は?▶

ではでは

◀21話 | 23話▶

週間ネタバレはコチラ▶