「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ5週25話|志村けんさん放送日!演奏会成功の裏で何が起きた?

エール ネタバレ5週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年5月1日(金)放送
エール第5週テーマ
「愛の狂騒曲」

【エールネタバレ5週25話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

『演奏会』当日・・・

『演奏会』の初日を迎えました。

3日間の全公演が満席となり、興行師・鶴亀は追加公演を裕一に持ち掛けるほどです。

エール キャスト 音 裕一

ところが、開演時間が迫る中、音が不安な顔を浮かべていました。

音は前日の練習で歌い過ぎてしまい、のどの調子を悪くしていたのでした。

裕一は、音の震える手を握り「僕も一緒だ。大丈夫だから」と、落ち着かせます。

ステージにて・・・

プログラムは順調に進み、最後の音の歌になりました。

ステージに登場した音は、手と足が一緒に動くほど緊張しています。

音の歌は、亡き父・安隆に捧げる『晩秋の頃』で、妹・梅が作詞をしました。

「家族のために最高の歌を!」

エール キャスト 音 二階堂ふみ

そう誓った音でしたが、歌の途中でやめてしまいました。

のどの調子が悪く、高い音が出なくなってしまったのでした。

音の歌・・・ 

「音楽は心だ。心から思いを乗せて歌えばきっと伝わる」

音を励ました裕一は、満員の客席にも、音の事情を説明します。

裕一の堂々とした振る舞いのおかげで、音は落ち着きを取り戻しました。

エール キャスト 裕一

再び演奏が始まり、音は、無事に最後まで歌うことができました。

その歌声に観客は胸を打ち、御手洗などは人目もはばからず大号泣するほどでした。

音の母・光子は、普段の頼りない裕一と、堂々とした音楽家・裕一の違いに驚き、改めて見直すのでした。

 関内家にて・・・ 

演奏会から数日後の事。

「大変!大変!」

大慌てで帰宅した音が、家中に響き渡るほどの悲鳴を上げました。

「鶴亀が・・・金、持ち逃げした~!」

エール キャスト 音 二階堂ふみ

なんと、演奏会の収益金を、興行師・鶴亀が持ち逃げしてしまったのです。

音は、その金を上京への資金にあてこんでいたため、悔しさを爆発させます。

母・光子は、最初から上京の資金は出すつもりだったと意に介しません。

裕一も、音と舞台に立てて「楽しかったら、いいんじゃない?」と、のんきに言うのでした。

海辺にて・・・ 

亡き父・安隆に近況報告をしようと、みんなで父の遺灰をまいた海に出掛けました。

海に向かって、姉・吟は、東京で結婚相手を見つけると誓い、妹・梅は必ず作家になると宣言します。

そして、音は思いを込めて『晩秋の頃』を歌い、歌手を目指し励んでいる姿を報告するのでした。

エール キャスト 音

「お父さんもきっと喜んどるわ…」

母・光子は、3人の娘の成長に目を細めました。

そして翌日、音と吟は東京に旅立ち、裕一は福島へと帰って行くのでした。

とある邸宅にて・・・

「先生、こちらの記事、お読みになりましたか?」

秘書らしき男が、裕一の演奏会の成功を伝える新聞を差し出しました。

先生と呼ばれる男は、日本作曲界の重鎮・小山田耕三(おやまだこうぞう)でした。

記事は、『小山田の後継者がようやく現れた』と、大絶賛しています。

秘書は「よかったですね、いつも若い人たちが出てこないと嘆いていらっしゃたので」と、喜びます。

しかし、小山田は「本物かまがい物か・・・楽しみだね」と、苦々しそうに言うと新聞を卓上に放るのでした・・・

エール キャスト 志村けん 小山田

つづく

◆志村けんさん|いつまで登場?代役は?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ5週25話|感想を最終話まで!

◀24話 | 26話▶

週間ネタバレはコチラ▶

志村けんさんに号泣・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿


主人公・裕一の人生を左右する重要なキーマン役で志村けんさんが登場しました。

2020年3月29日に永眠された志村さんにとって、【エール】は俳優としての遺作となります。

出演をとても楽しみにしていたのですが、オープニングの「謹んで哀悼の意を表します」の追悼テロップを見た途端に胸が詰まりました。

ドラマの最後に志村さんが出てきた途端に、グッときて・・・。

本当にバカ殿様やっていた人だとは思えないぐらい、渋くて貫禄の演技でしたよね。

映画の主演も決まっていただけに、本当に残念で仕方ありません。

出演回数が多いわけはないですが、重要キャラとして今後も出演が予定されています。

俳優・志村けんさんの姿をしっかりと焼き付けたいと思います。

演奏会収益の持ち逃げは実話!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

3会場で開催された『演奏会』は大成功で幕を下ろしました。

チケットは完売でスポンサー収入も集まり、さぞかし収益が上がったはずでしたが、まさかのオチでした!

おめでたい名前の興行師・鶴亀は用意周到な詐欺師でしたね。

高い勉強代になりましたが、裕一くんにとっては、お金には代えられない貴重な体験となりましたね。

ところで、この『演奏会』のエピソードは、ドラマ用のフィクションかと思いきや、実話だそうです。

裕一くんのモデル・古関裕而さんが、音ちゃんのモデル・内山金子さんに会うために、初めて豊橋を訪ねた際に、演奏会を開催しました。

主催は地元の新聞社だったそうですが、お金を管理していた担当者が、持ち逃げしてしまったそうですよ。

実話だったとはビックリですよね。

古関ご夫妻にとって、忘れられない思い出になったことでしょうね。

豊橋ウィークが終了

豊橋を舞台に繰り広げられた『愛の狂騒曲』は無事にまとまりました。

天国の安隆父さんにも、音ちゃんと裕一くんの思いが届いたことでしょうね。

次週の第6週は、福島と東京を舞台に、やきもきする展開となりそうです~♪

◆音の父・安隆役・光石研さんはオシャレすぎ~▶

◀24話 | 26話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク