「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ6週28話|10年ぶりの川俣の教会!音の考える裕一救済策とは?

エール ネタバレ6週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年5月6日(水)放送
エール第6週テーマ
「ふたりの決意」

【エールネタバレ6週28話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

音の住まいにて・・・

母・光子は、裕一の父からの手紙を東京の音に届けました。

音はその手紙を食い入るように読みます。

世界的な不況が原因で留学が取り消しになり、裕一は打ちのめされていると書かれてありました。

音はいてもたってもいられなくなり福島に行くと言い出すのでした。

福島・川俣にて・・・

福島の『川俣銀行』に駆け付けた音は、行員たちから裕一が教会にいることを聞きます。

教会にたどり着いた音。

そこは幼い頃、父・安隆と立ち寄った教会だったのでした。

そして、音はこの教会で歌った日のことを思い出します。

エール  音 二階堂ふみ

やがて裕一を見つけた音が言います。

「歌った・・・ここで」と、幼いころ合唱に飛び入り参加したことを話します。

突然現れた音に驚いた裕一。

祐一も、幼いころ歌う音に手を振ったことを思い出し、「あん時、出会っていたんだ…」と、運命的な出会いに涙ぐみました。

しかし、裕一は、そんな音を捨て留学を選んだ自分は、音に会う資格はないと自責します。

そして、「何もかも忘れたいんです、ほっといて下さい」と深々と頭を下げ立ち去るのでした。

音は、裕一の背中に「私絶対諦めんから!何とかするから!」と、叫ぶのでした…

音の住まいにて・・・

東京に戻った音に、裕一の父・三郎から近況を伝える手紙が届きました。

裕一の縁談が進んでいて、結婚が決まれば養子となって権藤家の後を継ぐと書いてありました。

エール キャスト 茂兵衛 もへい 裕一

音は裕一が音楽の道に戻る手立てを考えていましたが、思いつかず時間だけが過ぎていくのでした。

 ある日のこと・・・

音は、姉・吟の5回目の見合いに同席しました。

見合い相手の鏑木智彦(かぶらぎともひこ)は、伯父が『コロンブスレコード』で働いていると言います。

「それだ!」音は、ひらめくのでした。

エール キャスト 音 二階堂ふみ

コロンブスレコードにて

「国際作曲コンクールで二等ですよ!」

音は、鏑木の伯父・廿日市(はつかいち)を訪ね、裕一を売り込みました。

「うちじゃ要らないな」

エール キャスト 廿日市 はつかいち 古田新太

廿日市は、楽譜をほとんど見ることなく断りました。

そして、雇ったばかりの新人作曲家・木枯正人を音に紹介するのでした。

音は、引き下がるしかありませんでした。

音の住まいにて・・・

その後、音は東京中のレコード会社を訪ねますが全滅です。

受験した『音楽学校』から合格通知が届きますが、裕一のことで頭がいっぱいで喜べません。

そんな折、母・光子が再びやって来ました。

エール キャスト 母 光子 薬師丸ひろ子

音から状況を聞いた光子は、裕一の人生を救うのは音しかいないと話します。

そして、音の性格をよく知る光子は、「大事な人のためなら諦めちゃいかん!」と、気合を入れます。

すると、音の心にみるみる勇気が湧いてくるのでした。

小山田邸にて・・・

その頃『コロンブスレコード』の廿日市は、日本作曲界の重鎮・小山田耕三から呼び出されていました。

廿日市は、緊張して冷や汗が止まりません。

小山田は、裕一の記事の新聞を見せると「君のところで契約してほしいんだよ」と、告げるのでした・・・

エール キャスト 志村 小山田

つづく

◆いつも影の薄い次男・浩二はアカデミー賞俳優だった!▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ6週28話|感想を最終話まで!

◀27話 | 29話▶

週間ネタバレはコチラ▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

10年ぶりに川俣の教会に!

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

裕一くんと音ちゃんが、川俣の教会で10年ぶりに同じ時を過ごします。

第1週4話で描かれた、10年前の大正9年(1920年)の教会の場面。

ここで、二人は挨拶を交わしたわけではありませんので、再会という表現はおかしいかもしれません。

当時は、裕一くんが、一方的に一目ぼれしただけでしたものね♪

この教会は、スタジオのセットではなく実際の教会だそうですよ。

JR福島駅から徒歩15分ほどの場所にある『日本聖公会・福島聖ステパノ教会』です。

ロケ地巡りで訪れてみたいものですね。

そして、もう一つ注目は、コロンブスレコードのディレクター・廿日市(はつかいち)の登場です!

プロの作曲家になる裕一くんを振り回す強烈キャラクターです。

廿日市役の古田新太(ふるたあらた)さんは、【あまちゃん】の荒巻太一役、【とと姉ちゃん】の赤羽根憲宗でも注目された個性派俳優さんですよね。

【エール】でも、大暴れする古田さんが楽しみです♪

◆古田さんをはじめ、『音楽関係』キャストがすご~い!あの大物も!▶

◀27話 | 29話▶

週間ネタバレはコチラ▶