「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ6週29話|僕は権藤裕一になるんだ!破格の条件も眼中無し?

エール ネタバレ6週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年5月7日(木)放送
エール第6週テーマ
「ふたりの決意」

【エールネタバレ6週29話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

コロンブスレコードにて

母・光子に勇気をもらった音は、再び『コロンブスレコード』を訪ねました。

音の再訪を聞いたディレクターの廿日市(はつかいち)が、慌てて駆けつけてきました。

重鎮・小山田耕三から推薦された古山裕一の名に、前回とは一変し、廿日市は低姿勢です。

そして、1年で3,500円(現価値で約1,000万円)の報酬を提示すると、「いかがでございましょう?」と音の顔色を伺うのでした。

内心仰天する音ですが、冷静を装って固い握手を交わしました。

意外にも、交渉はあっさりと成立したのでした。

音の住まいにて・・・

帰宅した音が結果を報告すると、姉の吟は仰天します。

音もいまだに信じられないのでした。

しかも、小山田耕三が裕一の採用を薦めたなど、知るよしもありません。

「裕一さん、喜ぶかな?」

音は、自分のしたことは間違っていないかと急に不安になりました。

すると、吟は「当たり前じゃん!」と言うと、「善は急げよ!」と背中を押します。

音は、契約書を持って福島へと急ぐのでした。

古山家にて・・・ 

翌朝、古山家を訪ねた音は、裕一の母・まさと初めて向き合いました。

音は、契約書を見せ、裕一に音楽を続けさせてほしいとお願いします。

しかし、まさは、音楽がそばにある限り裕一の心は傷つき続けると言い、母として、これ以上傷つく姿をみたくないと訴えます。

そして、「どうかお引き取り下さい!」と、まさは涙ながらに深々と頭を下げました。

母の思いを知った音は、それ以上何も言えなくなるのでした。

病院にて・・・ 

その頃、裕一は、伯父・茂兵衛に連れられて病院を訪れていました。

十年間も眠り続けている、茂兵衛の妻・絹子を見舞ったのです。

病院を出る頃、雨が降っていたため、裕一は、茂兵衛の傘を借りて帰るのでした。

銀行にて・・・ 

裕一の帰りを待っていた父・三郎が、音が来たことを伝えます。

しかし、裕一は、「ほっといて!僕は権藤裕一になる」と言い放つのでした。

そして裕一は、淡々と銀行の仕事をこなす日々を送るのでした。

教会にて・・・ 

ある日のこと。

裕一が教会で考え事をしていると、そこに再び音が現れました。

裕一は驚くわけでも怒るわけでもなく、ひたすら沈み込んでいました。

音は静かに近づくと、コロンブスレコードとの契約書を見せ「認められたんだよ!音楽作れるんだよ!裕一さんなら・・・きっとやれる!」と、裕一に改めて報告します。

しかし裕一は、力なく礼を言うとその場を立ち去ろうとします。

「本当に終わっちゃうんだよ!いいの?」と、音が叫びます。

しかし、裕一は、音には自分の人生を歩んで欲しいと、つぶやくように言うのでした。

その時です。

裕一の幼なじみの鉄男が、教会に飛び込んできました。

そして、東京に行けと言います。

さらに、「俺も行く!作詞する!お前は曲作るんだ!」と訴えました。

しかし裕一は、「何でみんな・・・ほっといてくれないんだ」と、涙声になります。

その時、音が言います。

「あなたに救われたからよ!励まされたからよ!」

だから皆もあなたに幸せになってもらいたい、自分の人生を歩んで欲しいと願っていると伝えるのでした。

しかし、裕一は二人を残し静かに立ち去るのでした。

裕一の部屋にて・・・

部屋に戻った裕一は、『自分の人生』と『家族の幸せ』について自問自答を繰り返すのでした・・・

つづく

◆志村けんさんの放送日や出演回の情報はコチラ▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ6週29話|感想を最終話まで!

◀28話 | 30話▶

週間ネタバレはコチラ▶

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

婚約者と親友の訴えは響かない?

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

自分を見失いかけている裕一くん。

必死に思いを伝え続ける、音ちゃんと鉄男くんの顔をまともにみられない状態です。

権藤家の養子になれば、母親となる絹子さんに会ったことで、気持ちに大きな変化が起きました。

愛する絹子さんの前で見せた茂兵衛おじさんの姿は、いつもの威厳のある姿とは別人でした。

心優しい性格の裕一くんにとって、権藤家を放っておけなくなり始めています。

裕一くんの揺れ動く心情を見守りたいと思います。

無名の青年に1,000万円!

『コロンブスレコード』の廿日市(はつかいち)ディレクターが、態度を一変させました。

田舎の無名の作曲家に、全く興味を示さなかった廿日市氏に何があったのでしょうか。

廿日市氏を動かしたキーマンは、裕一くんの子どもの頃から憧れる作曲家・小山田耕三先生です。

そして、小山田先生を演じるのは、コメディアンの故・志村けんさんです。

レコード会社に影響を与える、大物作曲家の小山田先生に注目です。

◆作曲家・小山田耕三役・志村けんさんのプロフはコチラ▶

◆茂兵衛役・風間杜夫さんのプロフが破天荒!元人気子役で落語家で雀士!?▶

◀28話 | 30話▶

週間ネタバレはコチラ▶