「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ9週44話|希穂子と鉄男の破局?福島行進曲で裕一がデビュー!

エール ネタバレ9週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年5月28日(木)放送
エール第9週テーマ
「東京恋物語」

【エールネタバレ9週44話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

音楽学校にて・・・ 

音は話の成り行きで、クラスメイトの和子と潔子に結婚していることを明かします。

エール キャスト 音楽学校 生徒 潔子 和子

「人妻で学生で、カフェーの女給ってこと?」

仰天する潔子の声は、最終選考のライバル・千鶴子の耳にも入りました。

レッスン室にて・・・ 

音の態度が許せない千鶴子は、音を呼び出しました。

千鶴子は、子どもの頃から音楽のために全てを犠牲にしてきたと明かします。

そして、音楽も家庭も友達も恋愛も、何でも欲しがって手を伸ばす「強欲な人に負けるわけにはいかないの!」と、音をにらみつけます。

エール キャスト 夏目千鶴子

さらに、「私のすべてをかけて、ヴィオレッタを勝ち取ってみせるから!」と、宣言するのでした。

古山家にて・・・ 

「私って強欲?」

音は、遊びに来た姉・吟に聞いてみます。

すると吟は、それも音のよいところだと褒めると、「強欲上等!」と音を励まします。

エール キャスト 吟 松井玲奈

姉の言葉を聞いて、少し気が晴れる音なのでした。

カフェー・パピヨンにて 

希穂子のことを諦めきれない鉄男が、開店前の店にやって来ました。

ちゃんと話がしたいと話す鉄男に、希穂子は冷たい態度を取ります。

エール キャスト 希穂子 きほこ

「本当のことを言いますね」と希穂子は前置きすると、福島を離れたのは鉄男が重荷になったからだと告げます。

さらに、ダメ押しするように「勘違いされて困ったの!お帰り下さい」と鉄男に言うのでした。

愕然とした鉄男は、黙って店を出るしかありませんでした。

エール キャスト 希穂子 きほこ

音は、寂し気にうなだれる希穂子に何も話し掛けられません。

不条理な恋愛の一つの片鱗を、目の当たりにした音なのでした。

 古山家にて・・・ 

裕一は鉄男を励ますため、一献傾けようと久志を呼びました。

故郷の昔話で盛り上がった後に、裕一は、気軽に鉄男を東京へ誘ったことを謝りました。

すると鉄男は、歌詞を書くことを忘れていたから、嬉しかったと話します。

そして、「書いてみたんだ・・・」と言うと、『福島行進曲』という歌詞を取り出すのでした。

それは、福島のことを綴った恋の歌でした。

歌詞を読んだ裕一と久志は、歌詞に共感し絶賛します。

「こういうのずっと待ってた!」

裕一は、真剣なまなざしで曲をつけさせてほしいと鉄男に頼みました。

エール キャスト 裕一

裕一が久志に歌を頼むと言うと、久志は「僕以外・・・いるの?」と、ポーズを決めます。

裕一は、さっそく『福島行進曲』の作曲に取り掛かるのでした。

コロンブスレコードにて 

翌日、裕一は書き上げたばかりの『福島行進曲』をディレクターの廿日市に見せました。

めずらしく、廿日市は楽譜をしっかりと確認します。

すると、秘書の杉山が「とてもいい曲だと思います」と言い、東北方面の地方小唄は少ないので話題になりやすいと冷静に分析しました。

「じゃあ、これで作ってみようか!」

廿日市は、あっさりと許可を出したのでした。

その後・・・ 

裕一の初めてのレコードが制作されました。

歌うのは無名の久志ではなく、廿日市が連れて来た女性歌手でした。

上京して二年目、ついに裕一は、プロの作曲家としてデビューを果たしました。

エール キャスト 裕一 音

やがて、完成したレコードを、裕一と音は愛おしそうに見つめるのでした・・・つづく

◆裕一の快進撃が始まる?モデル・古関裕而さんの実話をチェック!▶

◆音のモデル・金子さんの超えてる感がすごい!株は芸術って何?▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ9週44話|感想を最終話まで!

◀43話 | 45話▶

週間ネタバレはコチラ▶

苦難を超えてプロデビュー!

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

ようやく採用となりレコード化が決まりました。やっとプロの作曲家として名乗れますね!

裕一くんにとっては本当に長いトンネルでした。ここから快進撃を期待しましょう。

ここまで裕一くんの才能を信じてきた音ちゃんも嬉しそうでしたね。

ホント、良かった~♪

それと、福島の三郎お父さんにも贈ってあげてもらいたい~。きっと大はしゃぎするでしょうね。

作詞を担当したのは親友の鉄男くんにとってもプロの作詞家デビューとなりました。

これで、作詞家になるための行動につながるのではないでしょうか。

さて、【エール】のモデル古関裕而さん史実によりますと、故郷に捧げた『福島行進曲』は、1931年(昭和6年)にリリースされました。

カップリングのB面には『福島小夜曲(セレナーデ)』という楽曲を収録。

なお、リリース後の同年6月15日に、古関さんが学生時代に足しげく通ったという『日野屋楽器店』(福島市内)でイベントを行ったそうです。

そのイベントでは、ファンに20人に抽選で『直筆の楽譜』をプレゼントしたそうですよ。

現存していれば、なかりのお宝になりそうですね♪

強欲上等!

『人妻・学生・女給』という異なる3つの顔を持つ音ちゃん。

音ちゃんは知られても平気なようですが、学校ではスキャンダルになった感じでしたね。

『椿姫』のプリマドンナの座を巡ってライバル関係にある、千鶴子さんの闘争心に火が灯りました。

実力的には全く問題のない千鶴子さんですが、大本命と言われているだけにプレッシャーは相当なものでしょう。

相手の音ちゃんは『天真爛漫・ポジティブシンキング・強欲』なだけに、得体のしれない恐怖を感じているのかもしれませんね。

これは、千鶴子さんの自滅する前兆なのかも・・・。

◆千鶴子役・小南満佑子さんのお兄さんもイケメンミュージカル俳優!▶

◆存在感ハンパない!志村けんさんの放送日はいつまで?▶

◀43話 | 45話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク