「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】ネタバレあらすじ9週45話|希穂子の涙のワケ!音のプリマンドナ試験の結果は?

エール ネタバレ9週

朝ドラ「エール」
ネタバレあらすじ感想
2020年5月29日(金)放送
エール第9週テーマ
「東京恋物語」

【エールネタバレ9週45話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

音楽学校にて・・・ 

『椿姫』の最終選考を翌週に控えたある日。

登校した音は、朝早くから選考試験へ向けて歌の練習をする千鶴子を見つめます。

音の横で、クラスメイトの潔子と和子が、千鶴子はイタリア人から特別レッスンを受けているらしいと噂するのでした。

喫茶・バンブーにて・・・

鉄男の書いた『福島行進曲』で、プロの作曲家デビューを果たした裕一。

店主の保と恵は、レコード発売の『お祝いパーティー』を音へ提案するのでした。

開店前のパピヨンにて 

お祝いパーティーに誘おうと、音は希穂子をたずねました。

音は、希穂子の本当の気持ちを知りたいと思っていました。

希穂子と二人になった音は、以前なら何でも言葉どおりに受け取っていたが、人の心はあべこべだとしみじみ語ります。

そして、鉄男のことを祝ってほしいとお願いします。

しかし、希穂子は、鉄男とは二度と会わない約束だと口にするのでした。

その約束の相手とは、鉄男の会社の社長・堂林でした。

鉄男を婿養子に迎えたい堂林は、希穂子に別れて欲しいと金を差し出し、拒むなら鉄男を解雇すると迫ったのでした。

希穂子は、苦労を重ねた鉄男が、やっとつかんだチャンスを邪魔したくなかったと言います。

そして、自らの思いを断ち切るためにも、そのお金を受け取ったと明かすのでした。

「もう、後戻りはできないの」と、希穂子は自分に言い聞かせるように話すのでした。

希穂子の思いを知った音は、悲しくて涙が込み上げてきました。

「それでも・・・来て欲しいです」

涙ながらに音は訴えますが、希穂子も涙をこらえる事しかできませんでした。

バンブーにて・・・ 

『福島行進曲』のお祝いパーティーが開かれました。

裕一と鉄男と久志の三人は、『福島三羽ガラス』で必ずレコードを出すと盛り上がります。

そんな中、突然、希穂子が現れたのでした。

希穂子は、裕一にお祝いを渡すと鉄男に向き合いました。

そして、「今後のご活躍をお祈りしています…」と、他人行儀な挨拶をし立ち去ろうとします。

すると久志が、せっかくだから一緒に曲を聞こうと、希穂子を誘うのでした。

レコードが流れる中・・・

皆でレコードを聴いていると、感極まった鉄男が、この詩を書けたのは希穂子のおかげだと語りだします。

そして、「やっぱし希穂子じゃなきゃダメだ!もう一人で頑張らなくていい」と、希穂子に言うのでした。

鉄男の言葉を聞いて、希穂子は必死に涙をこらえています。

「俺と一緒に生きてくれねえか?」鉄男は、希穂子に思いのたけを告げました。

しかし、希穂子は、いい人と結婚が決まったと嘘を口にするのでした。

そして、うっすら涙を浮かべ「ありがとう・・・楽しかった」と、精一杯に微笑むと店を出て行くのでした。

最終選考会にて・・・

音は、愛する人のために偽りを口にするヴィオレッタと希穂子が重なり、自然と涙があふれます。

情感のこもった音の歌声に、オペラ歌手の双浦環や審査員たちも胸を打たれました。

一方で千鶴子は、自信を失ってうつむいてしまうのでした。

古山家にて・・・ 

音の結果が気になる裕一は、急ぎ足で帰宅しました。

すると、家の前で裕一の帰りを待っていた音は、頭の上に合格の大きな『丸』を作りました。

一方、鉄男と希穂子は、それぞれの道を歩き始めたのでした・・・つづく

◆希穂子役・入山法子さんの『GLAY愛』がハンパない!?▶

◆環役の柴咲コウさん18歳のCMが大人すぎる!▶

スポンサーリンク

【エール】ネタバレあらすじ9週45話|感想を最終話まで!

◀44話 | 46話▶

週間ネタバレはコチラ▶

悲しい恋の結末に・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

鉄男くんと希穂子さんの『東京恋物語』の行方は残念な結果に終わってしまいました・・・。

希穂子さんの言っていることは、明らかに嘘だけに切なすぎました。

復縁して欲しかったです~。

それにしても、この一週間で鉄男くんが大人になった感じでした。

子どもの頃から鉄男くんは複雑な感情をいっぱい抱え込んで生きてきたと思います。

本当の気持ちを簡単にさらけ出すことのできない人生だったのではないでしょうか。

そして、希穂子さんも同じような人生を歩んできたようです。

外面は器用なんだけど、本当は不器用で筋を通す者同士の二人でした。

最後に希穂子さんの旅立つ場面は切なかったですね。

悲しさの中に、凛とした強さと美しさがありました。

鉄夫くんがもっと成長して立派な作詞家となって、希穂子さんを迎えに行くことを期待したいと思います。

その時は、希穂子さんも本当の自分をさらけ出して欲しいです。

プリマドンナを射止める!

音ちゃんが大本命の千鶴子さんを抑えて、『椿姫』のプリマドンナの座を射止めました。

しかも、歌手を目指すきっかけとなった環さんが見つめる中でです。

この数日の間に、鉄男くんと希穂子さんの不条理な大人の恋の結末を目の当たりにしたことで、ヴィオレッタが乗り移りましたよね。

音楽には、才能だけでなく共感も求められることをあらためて実感させられました。

一方で、全てを投げ打って音楽だけに生きてきた千鶴子さんですが、大事な本番で自滅してしまったということでしょうね。

千鶴子さんの再起に期待ですね!

さて、ヴィオレッタを射止めた音ちゃんですが、試練が待ち受けているようです。

来週も【エール】から目が離せそうにありません~♪

◆音楽学校の生徒や先生が気になる~▶

◆話題騒然!?仲里依紗さんの『バンブー恵劇場』が面白い!▶

 

◀44話 | 46話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク